**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
2012.05.10   [Thursday] 02:21

祝エリザベート開幕!&20周年!!

こころからお祝い申し上げます
いよいよはじまりましたね~!

とゆことで、余談はなしに、さっくりと初日の感想いきましょう。

12749522954bfe3a67bbd31_import.jpg

以下ネタばれを多分含みます!見たくない方は注意ください。

今回、エリザでは初の2階観劇でした。
といっても以前三銃士の時に2階で観て、視界が開けててすてき~!だったので今回もやっぱりすてきでした
誰がどこにいても追えるのって、イイ!!(ご注意:誰ってひとりデショ!ってつっこみはなしで。笑)


2012エリザベート。
まず、ルキーニ高嶋さん。
今回で904回目(だそうです)にもかかわらず、細かなところで前回とちゃんと味付け変えてるところにプロ意識を見ました!
歌のなかの1フレーズの歌い方とか、間のとり方、笑い方etc. お…!(変えてる!!)て思うところ多数でした。
芸が細かい!
それから、今回のルキーニさんの舌は緑色でした。ど緑でした(笑)


そんな感じで、歌とか、耳の記憶って意外とたしかに残っているものだなぁと。
それに引き換え、目の記憶(仕草とか)はちょっと自信ないところが多数です。もともとこうなんだっけ…?っていうのと、アレンジかな…??っていうのと。


我らが石丸さんトートさま。ご登場で。
その左手は………!!!!
……アレ前もあったっけ……??(自信喪失)
いや、注目するところまちがってますね。そうですね。
気を取り直して今回の石丸さんトートさま。
「帝王」でした。
なんだかものすっごい存在感。威圧感。貫禄。力強さ。
いや、もともと帝王役なんですけど、前回とはスケールがちがう…!!
すごい大きいのですよ。まさに、君臨している感じでした。
揺るぎのない感じ。
そんな常人離れしている閣下なんですが、ある意味で人間らしいと言いますか、とても情熱的で熱くて、前の「ねっとり」感というよりも濃厚さを感じました。存在の厚み。
そして、今回の一番のおどろきは「♪最後のダンス」!
そこまでにも、おおお~と思うところは多々だったのですが、その発露がここで一番!
すごい!感激!!!もう何回も聴いているのに、度肝を抜かれました。
恐るべしです。
ここでのロック調の歌い方、とくに喉に溜める感じの歌い方(ああもうなんて言うんだろう!)
これが、今回はもう完全に会得した!!という自由自在さ。
前の時はなんとなーくどこか、わー石丸さん頑張ってるなぁ!感があったものですが、そういう「アソビ」の部分、色付けがすっごい自然で、しかも変幻自在で、ほんとうにすごかった。心底感激しました
それで、歌っていてすーごく楽しそうで、気持ちよさそうで。自由に、思うままに歌えてて、面白くて仕方ない。余裕すら感じました。
「ジキル&ハイド」のとき、トートがあって○○があって□□があって…云々…でああこのハイドがあるんだなぁと思ったものですが、
また、ハイドがあって、このトートがいるのだなぁと。
たぶん、ご自身それを肌で感じているんじゃないでしょうか
みなぎる自信というか、ああ確立したんだなぁっていう安定感。で、とにかく楽しそうでした。
気持ちよさそうに伸び伸びトートを演じていて、見ていてとっても気持ちよかったです。


そのほか。
羽ペンなめは今回封印なのでしょうか??
もうやだ!!って言ったのかな??(笑)というわけで、なめてなかったですよー。
それから子ルドルフとのシーン、ここは確実に演出が変わっていて、子ルドが本を机に書きものをしているのとか、子ルドが鉄砲を構えるとか、トートの獲物が剣から銃に代わってるとか。
ところで、子ルドが撃ったところで、旗が出てこなかったのはハプニングでしょうか?
そのあと、トートがとっても皮肉たっぷりな顔で旗を開いてもてあそんでましたが、ハプニングだったら石丸さんナイスフォロー☆
で、ルドルフを狙うのが剣から銃に代わってましたが、これは後のルドルフの銃での自殺につながって見えて面白いなぁと思いました。ほほう。
ちなみにルドルフの自殺も、前の、死のキスと同時に銃を渡されるのから変わって、銃を渡されて、それを眺めてから正面から死のキス(トート)と向き合うという仕様になっていました。与えられた死ではなくて、自分で向き合ったような。
これは平方さん仕様……?ではなく今回の仕様なのかな??


その、子ルドルフ、今回はかの加藤清史郎くん。
お化粧でちょっとちがう雰囲気に!(笑)
でも、彼はわりとハスキーなのになんであんなに声が通るのでしょう。すごいなぁ
ゾフィーと対峙したあとの、一瞬の表情がさすが名子役です。
テレビと舞台ってきっとちがうと思うのですが、それでもやっぱり彼はすごいのかもと思います。


大きいルドルフは今回平方くん。
平方くん、ロミジュリのティボルトの時は、ティボルトなのに貴公子だなぁ!と思ったものですが、ルドルフで見るとどこか体育会系に見えます。
なんとなく、全体的に硬質な雰囲気。
一本気な純朴な感じでした。表情がどこか硬いのは、初日だからなのか、持ち味なのか。
そのためか、うまくいかない自分の人生をどこかあきらめているルドルフに見えました。
ああやっぱり、感。もがいて苦しむよりも、自分の悲劇を知っている人。
哀しみとか焦りとか、やるせなさとかよりも、何か流されて翻弄されるルドルフ。
でも、だから、ピストルを渡されて死のキスと向き合うのがとても自然に見えました。
そしてそれを撃つまでが、(動きはさらりと早いのですが)操り人形みたいで、最後まで周りに翻弄されて運命に操られてしまったひとなのだなぁと。
そうそう。
前回、3人目のルドルフ浦井さんで、なんとなく子ルド→闇広→と意味を見出したルドルフの「右手」の意図は今回は感じませんでした。子ルドの演出変わってますしね、もしかしてしろだけが勝手に意味づけしてみちゃってたのかもー。
あと、「♪闇が広がる」で死のキス(トートの唇)に無意識に(?)ひき寄せられているところもなくて。んんん?あれは浦井さんだからだったのかな??
浦井さんのところ(後半)まで来て初めて気がついた~~!!って思っていたけれど、もしかしてそこは演じる人によりけりなのかなとようやく思ったところでありました。
今回のルドルフ3人衆はどんなふうに見せてくれるのか、楽しみにしています。
今のしろの予備知識の範囲で、古川君のダンスがとても楽しみ!


春野さんシシィ。
制作発表でお歌を聴いて以来、楽しみにしておりました~。
春野さんのシシィは………体当たりシシィ!!
春野さんてなんとなく、バラードが得意な方ではないのかな?落ちついた、しっとりした雰囲気ですものね。
しかしシシィは超強気!!!なもので、とても体当たりな感じで、勢いが伝わってきました~。
純朴で、不器用なくらいなシシィ。瀬奈さんの無邪気にあっかるい感じともまた違って、ピュアな感じを受けます。
春野さんシシィで一番ぐっときたのは………体操室のシシィ!!
たいそうハンサムでいらっしゃいました~~~
瀬奈さんよりも「女」優歴のあるかたなのですよね……?でもすみません、とってもハンサムなんですが!!!
春野さん、今もなんとなく、貴婦人というよりか貴公子な気がします……。いや、本場の貴公子だった姿を拝見してないのにこういうのもどうかとは思うのですけど。
女性らしさというより、中世的な清らかな雰囲気の方ですね。


そして岡田さんフランツ。
この方、ルドルフじゃないんですか!!!という登場の若々しい青年っぷりにびっくり。(こらこら)
いやこの時たぶんフランツはせいぜい20代だからこれでいいのよね……!!と思いつつ、ルドルフでもいけたんじゃ…?と思うことしばしでござりましたよ。ハイ
なんといいますか、一言で言って、線の細いフランツ。
繊細なというか。
子ルドルフの姿とすごくつながって、ああルドルフのお父さんなんだなぁと。
いろんなところで哀れを誘うフランツ陛下でした。
今さらですが、考えてみればキャラ的にそっかと思うのですが、重圧を必死で背負っているような、ゾフィーの重圧にじっと耐えているような。「薄幸」って言葉はルドルフのものなのだと思ってたのですが、フランツにも当てはまるのかもと今回初めて思いました。
「○○でなければならない」で周りからも、自分でも、自分を縛りつけて、檻に閉じ込められてて。ほんとうはこころの柔らかい優しい人なのに、非情にならなきゃいけなくて。
ああだから、シシィの奔放さに、生命力に、一目で惹きつけられたのか、ってすごーくよく分かりました。
「もう一人の母親」のところでも、書類と母親とを戸惑って何度も見比べていて、でもゾフィーの声にこらえてこらえて「却下!」って言って、でも判を押した後にふっと悔いるような哀しげな表情を見せたりして。
「皇帝に自由などない」とかも、そういうものだって認めているよりは諦めているような風情に見えて、終始さびしげな気配でした。
前回禅さんシングルだったのでなんだか普通に「こういう人」として受け入れてしまったフランツなんですが、今思えば禅さんてどうも頼もしいと言いますか、懐深そうといいますか、『皇帝の義務』を葛藤はありつつももちろんそうあるべきなんだ!って受け容れている人に見えたので、こういうフランツはとても新鮮でした。
受け容れなきゃいけなくて、でも受け入れられなくで、でも受け入れてしまうしかない人。
押しつけられたものを、飲み込むしかない、気のやさしい、気の弱いフランツ。いろんなものを諦めて生きてきたフランツ。
だからこそ、シシィへの思いも切実で切なくて、帰ってきてほしいとかもかわいそうなくらいでした。
さびしげなルドルフがそのまま皇帝になったみたい。
その分、「妻を守らなくては…!」も必死で胸を撃たれました。だって、意思を押し殺して押し殺して、たくさんのものを諦めてきたみたいなフランツが。


なお、老フランツへの化け方も、禅さんに貼るものがあります。特に声!!すごい!
ここ(青年から老年への化け具合)はしろ的フランツの魅せ場(…そんな勝手に…!!)なので、とってもうれしかったです
すごいおじいちゃんだ~~~!って(注:めいっぱい褒めています)
そうそう。それから、歌の声がなんだか艶っぽい方ですね岡田さん。
じつは前に一回拝見してるんですが、役によるのかイメージがちがいます。


さて。そのほかいろいろ。


岸さん激やせ………!!???(ポルトスと比べるのが間違い…?)
南海お姉ちゃん、前より思い切ってコミカルですてきだなぁ!
春風ママ、あの育ちの良さげなふわふわした感じがすきだなぁ。でもってやっぱり南海お姉ちゃんと雰囲気がよく似ていると思います
今井パパ、なんてすてきな包容力!ダンディという言葉がこれほど似合う方も他にいないでしょう。シシィの結婚式のさりぎわ、ぐっと怒りを押し殺すというよりは、これも娘の選んだことと、憤りつつも諦めて受け容れている感じ。
中山さん、じつは前もええ声~~と思っていたのですが、ヴェローナの市長以来さらに良いなぁと思います(このかたのヴェローナ市長は超~~絶品です!!大好きです)


あ。石丸さん、今回は、えーと。
「♪闇広」ではたぶんルドルフが立ち上がるのをトート閣下は待ってたんですよね?ってことで(笑)
終演後のご挨拶で、今回初回の方に~って言われて(ナゼか。笑)春野さんの次にふられて。
「え?私がしゃべっていいんですか?」っておっしゃってたのがとっても石丸さんらしくてすてきでした(そこで自分のミスを暴露しちゃうのもほんっとお人柄だなぁ!)


エリザベート2012、ついにはじまりましたね~!
これから9月まで、みなさま元気に、楽しんで、充実感いっぱいに千穐楽を迎えられますように!
今回も、めいいいっぱい応援してます。
今日はすてきな初日をどうもありがとうございました


はっ!
9日付けで公式HPにダイジェスト映像がupされてるのですが、それを観てたらものすっごくマテさんと、ゆゆゆ祐さまが観たくなってしまったかも!どうしよう!!(笑)
祐さまの「♪最後のダンス」が愛らしすぎる……(えー!!)


2012.05.08   [Tuesday] 21:54

とってもとってもおひさしぶりです!
みなさま元気でおすごしですか?しろは元気です


もしかして、このままココ(としろ)はフェードアウトして消えていってしまうのでは…??
と思われたみなさま、ご安心ください!
しろ自身しばしそう思いました!(えー!)
といっても、しろはフェードアウトする気はまったくなかったのですけどね
なわけで、帰ってきましたー。ふー。


2月はほぼ更新なしとして、約3ヶ月の空白……。なにげに長いですね…
お休み入るときにお心遣いくださった方、お休み中に気にかけてくださった方、お休み中に拍手してくださった方。
それから、更新のないのにもかかわらず、遊びに来てくださった方、いま見てくださっている方、
すべての方に、心からお礼を申し上げます
ほんとうに、なんてありがたい。どうもありがとうございます。


休みに入るきっかけになったドタバタは、しろ自身思いがけないことだったため、突然なんの準備もなくお知らせになってしまってすみませんでした。
今は、ひとまず落ち着いています。
といっても、よしもうぜんぶOK!バンザイ!というよりかは、今すぐ万事良くならない代わり、今すぐ悪くもならないという状況になったので、ここで足踏みしてたらいつまで足踏みしてるんじゃい!という感じなので、見切り発車してみました。(え。)
明日はいよいよ、トート閣下復活ですしね
そうそう。今日ニュースを観ていたら、エリザの囲み会見の時と思われる映像が流れて(主に高嶋さんの弟さんの話題でしたが)石丸さんトートがちょこっと見られてうれしかったです~。


石丸さんジキル&ハイド!!お休み中だったのでここに書きつらつらできなくて残念無念
ドタバタ渦中のため、通いたおすはずが泣くなく回数を減らしたりもしましたが……そこそこ見に行ってたのに~~!!
自分用ノートにはちょっと書きのこしているので、エリザ中に余裕があればup……と思いますが…どうかなぁ?


5月を機に、今までどおりゆるゆると、再稼働したいと思いますので、おつきあいいただけますと幸いですどうぞよろしくおねがいいたします。


*   *   *




20120501-2.jpg


さてさて、先日の5月1日のことですが。
ふらっとお花屋さんの前をとおりかかったら、すずらんの花束が!!
珍しくてかわいらしくて、ついつい入手してきてしまいました。

この日はフランスでは「すずらんの日」だそうで、大切な人の幸福を願ってすずらんを贈る風習があるそうです。
すずらんの花言葉は、「幸福の再来」。
なんで「幸福の訪れ」じゃなくて、「再来」なんだろう?
なんとなーく考えてみると、ほっこりとする意味にあたって、ああそっかーとおもいます。
すずらんってなんだか好きだなぁ
香りもよいですよね。
「谷間の百合」っていう洋名も、すてきと思いますよー。



20120501.jpg

なぜかすずらん脇役ぎみ。(笑)

2012.02.24   [Friday] 11:59

みなさまこんにちは。

このところ長く空くのがいつものことになってるので、お知らせするまでもないのかもですがdimg0021

先日から、プライベートの方が急激にバタバタ…どころかドタバタしておりまして、今までどころじゃなく空白期間ができてしまいそうなので、この際にしばらく更新をお休みにさせていただきたいと思いますdimg0002
まだ、いつまで、という目処がたっていないのですが、落ち着き次第、戻ってまいります〜2011122419164518

今まで、更新が滞りがちな時期はあっても、一時休止に踏み切ったところはないので、自分でも残念なところなのですが…dimg0240

ちなみに、しろは元気にやってます!
その点ご心配いただくといけないので念のため2011121821591703

それでは、しばらくご無沙汰になりますが、みなさまお体ご自愛のうえ、元気にお過ごしくださいませ2012021022021217




2012021022021219そういえばIE使えるようになりました〜(笑)
2012021022021219この記事にコメントいただいても、お返事が難しいかもしれません。ごめんなさいdimg0021

2012012719535319.gif2012012719535319.gif2012012719535319.gif
今見てみたら、しろのドタバタ期間に重なるように、たびたび拍手をいただいてるのに気がつきました。
励ましていただいてるようで、本当に感謝でいっぱいです。どうもありがとうございます2012011220072302

2012.02.04   [Saturday] 00:01

1月31日はエリザベートの制作発表でしたね。
今回は公式さんレポートにくわえて、ノーカットで動画配信まで!!
すごい!ぜひ今後もやってほしい~(≧▽≦)
といっても、SafariってUSTREAMも見れない…ようで(しろだけ?)
なので、まだ見れてないのですが……そうこうしてる間に配信終わっちゃうのかな(汗)
いやでも、お写真も文面もありますからね~。ありがたい(*^^*)
ところで、そのお写真。
ルドルフ3人のとこだけなんか加工したのですか??
という頭身のすばらしさに、ひょえ~っとなりました(笑)

じつはキャスティング発表で、ほおお!と思ったのが主にこのルドルフsだったのですが、(トートもフランツもなりましたけども!)
というのも、
ひとりめ、古川雄大さん。
去年、シアタークリエの『八犬伝』で拝見したのですねー。(当時のレポート)
八犬士の毛野役をされてたのですが、“女性と見紛う美貌”という設定まんま、物語からぬけだしてきたみたいなビューティフルな容姿と、その反面、トークでのまさかの天然ぶりが面白くて(笑)、とっても好感が持てて、わーほかの作品でも観てみたいなぁと印象に残っていた俳優さんでした。(ごっちゃごちゃですがそのトークレポ)
お歌は聴いてませんが、ダンスもとってもお上手でした~!ダンスシーンがたのしみ♪( *´艸`)
後から知ったのですが、『ファントム』でラウルのWキャストに入ってらしたんですよね。
てことはお歌も得意分野なのでしょうか。うーむ楽しみ。

それから、平方元基さん。
このかたは夏の『ロミオとジュリエット』で拝見しました(^^)
しろのティボルト像って、家に誇りもあって、次代の当主で守らなきゃという役割もあってというのはわかりますが、ゆえに、どうも若大将というかどこか横暴というか、暴君予備軍というか、でもって直情径行というか(←いろいろヒドイ…汗)……なイメージだったのですが、それを覆す貴公子系ティボルト!
でも、ジュリエットへの報われない恋という色を強く出してたこの作品のティボルトでは、その切なさが伝わってきて、よかったなぁ~と思っていたのでした。
ああこういうティボルトもありなんだなぁ~と。
もうおひとりのティボルトの上原さんも、しろのイメージまんま!というか輪をかけて豪胆そう!(笑)なティボルトでありつつ、その熱さのまんまの切なさがとっても好きだったんですけどね(^^)

こんなところでまたお会いすることになろうとは~!の予期せぬ再会(予定)にわくわくです。
舞台ってこういうのもおもしろいなぁ!
ちょうど、pastraleさんでのチケット申し込みが終わりましたが、今回もなんと、やーばーいー予定がさっぱしわからないよ~!!(泣)状態で、賭け……というよりもはやお休み取る覚悟で申し込みました(^^;)
ちょうど前回のエリザの時もそんなことを言っていたような。
そういう巡りあわせにあるのでしょうか。やれやれー。
なんにしても、5・6月もたのしみだなぁ~~♪
去年もとにかく濃い、ひたすら濃い!!役をつづけてされた石丸さんが、その濃さを経てますます濃厚なトートさまを作りだすのか、それとも濃さとは別の方向へ進まれるのか、2期目の閣下にわくわくですね。
キャストも刷新されているところもあるし、化学変化も楽しみです。
できたら、プリンシパル制覇して観たいところ。

わくわくのつのるところですが、そのまえに3月も!
気づけばもうあと1ヶ月くらいですね。
キャストさん、スタッフさんはお稽古まっただなかですね。
めいっぱい楽しみにしています!応援しています。どうぞおつかれの出ませんようにー(*^^*)

*   *   *

そういえばその『ジキル&ハイド』ネタで。
エッセイでの、「なんでエドワード・ハイド?」発言には、しろもウケました(笑)
言われてみればたしかにー!
「Hyde」は「hide」からきてるのかなー?とか単純な憶測ですができるので、まあともかくとしても、エドワードってどこからきたのかなっていうのもありますね。
多重人格の人って他の人格の人も、誰かが名付けなくても名前を持ってるイメージありますが、
考えてみると、その名前で名乗ったことにも意味があるのかなどうかな?
それでふと思い出したのですが、件の「Edward」、むかしからイギリスの王さまにもよくある名前ですが、
おぼろげ~な記憶で、たしか「繁栄の守護者」とかそんなような意味があったような?とおもってさっき検索してみました。
参考はこちらのHP→「人名力」さん

eadが「繁栄」「幸福」「富」で、weardが「守る」、ふむふむだいたい合ってるみたい?
ところがその続き。

訳:
繁守(しげもり)



ええっ……!!
そっか、ハイドって訳すと繁守さんなのか!!
だいぶ印象がちがうけど……ってちょっと待って、
ソコ訳すものなの??ΣΣ(□|||)

いやー……繁守さんがツボすぎてどうしようかと思いました。
なんとなく、武将にいそうですね。
いっそのこと、和名は隠田繁守さんとかいかがですか?(センスなすぎ?)

あ、お近くに繁守さんというお名前の方がいらっしゃったらすみません(汗)
しろはそのお名前自体がどうこうというつもりはなくて、その「訳:」のところを見た瞬間、
先日見たデビット・ハッセルホフさんハイドの映像の下に、「繁守」って訳名がどーんと出てるところを想像しちゃったのでした(^_^;)

えーと……それで結局、なんで「エドワード・ハイド」だったってことになったのかな(笑)

2012.02.03   [Friday] 23:25

みなさまこんばんは~!
今日は節分でしたね。みなさん恵方巻きをめしあがったでしょうか?
ちなみに、我が家は数年前から恵方巻き習慣がついたのですが、いつもふつうに輪切りにしてしまいます。(それじゃただの太巻き!)
ドコカさんの販促作戦に引っ掛かっている気がしなくもないですが、おいしいからいいかなぁ(笑)

ところで。
先月末に我が家のプロバイダが変わったのですが、今も続く大問題発生!
Internet Explorerが使えなくなっちゃった~~~Σ(□|||)
いや、IEが使えないのは、どうやらしろのPCだけなので、たぶんしろの設定のしかたが悪いのだと思いますが、なにが悪いのか一向に判明せず……。困ったものですー。
それで、今は何を使って書いてるのかというと、Safariのお世話になっています。
ipodではいつもお世話になってるSafariですが、パソコンで活用したの初めて。入っててたすかった~!
ただ、しろもあまり詳しくないのですが、Safariって、表示してくれないものがあるのですよね。フラッシュとか。
なので、自分で設定したブログなのに、設定した通りに見れていないという残念な事象が……(ΘェΘ;)
そしてブログでいつもつかってる絵文字が使えないのです。
ううっ。今まで使ってたものが使えないってやっぱり不便~。
やっぱりしろはIEかなぁ……。
そんな感じで、唯一のしろの泳げる海が、急にサファリな樹海になってしまってちょっと勝手がつかめない現状です(^_^;)。 たぶん数日中にサポートダイヤルのお世話になると思います(笑)

*   *   *

おしらせ。
先日の「戦火の馬」の記事のところに、肩こりママさんが情報をくださいました!
なんと、舞台の「war horse」、UKツアーのあと、日本(&各国)へのツアーのお話が持ち上がっているそうです!(すごい!)
これはまさかの、ほんとに日本で観れちゃうかも(≧▽≦)
→肩こりママさんが教えてくださったbroadwayworld.comのページ
同じく、石丸さんのお話で気になっちゃったわ!な方いらっしゃったらぜひどうぞ~♪
わー今後の情報要チェックですね!
肩こりママさん、どうもありがとうございました(≧▽≦)/ 

2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**