**blanc*blanche**

QLOOKアクセス解析
2012.06.09
zeitaku week
復活したんじゃないんかーい!!な感じでまた空いていてすみません

というのも、しろ比珍しいこと(のはず)に、
エリザベート開幕直後の連続観劇以来ぽっかり空いてしまって、
今月に入ってからほぼ1ヶ月ぶりにようやく、

石丸さん→(2日後)マテさん→(その翌日)石丸さん

と連続観劇してきました。

我ながら、
かためてとりすぎ!!

ひじょーに幸せな日々でした(そりゃそうだ)

進化し続ける石丸さんはもちろん、
1回は観たいなーだったマテさんも見られて、とってもまんぞく!!

なかなかゆっくり感想を載せる余裕がなくてもどかしいのですが。

しかも、さっき書いていたら、8割方書き終えたところでまたデータを飛ばしてしまいました……
ひさしぶりに書いたらやってしまったーーー!!(←学習してない)
しかも、今回は自分でも何をしたのか記憶にありません。ナゼ??

でもおかげで(?)、なんだか調子の悪かったカーソルの動きがよくなりました……。

なので今日もぽつぽつ感想に変更です。

*   *   *

マテさんトートは、野性味あふれる肉食系トートな印象。
かつやんちゃで自由奔放、気まぐれな雰囲気も。

あの甘いマスクで、表情も主にはクールなのに、
ときおり見せる獲物を見つけた肉食獣みたいな鋭さと迫力!
ドクトルのシーンでトートに戻って、シシィに詰め寄るところ、
すごい勢いでカウチ(?)に駆け上っていて、何度も見たシーンなのにぎょっとする迫力がありました。
あれは、瀬奈さんはリアルに怖かったに違いない!

平時はそんなに怖そうな空気ではないのに、
それで隙を見せると、急に気をかえて喉元を食いちぎられるかも……という
スリリングな怖さがあるトート閣下でした。
熱いのに酷薄。

「♪最後のダンス」と「♪悪夢」のシーンはとくに、そういう怖さが全開で絶品でした〜

それでいて、シシィに焦がれるところもあつくて、気性のままに体当たりな感じ。
それもよい〜〜

あとは、カーテンコールで、瀬奈さんシシィの手をとって、手の甲にちゅっ
客席からきゃぁ〜〜という歓声が沸いて拍手されてニコニコのマテさんトート。
さまになりすぎですから〜〜
その後はキッチュのシーンのルキーニよろしく、
拍手をあおってあおって〜〜の三本締め!
もー愛嬌たっぷり!
ほんとチャーミングなマテさんでした。

*   *   *

石丸さんトート、重厚感が増した気が!!
存在感、威圧感、迫力。
文句なしの「帝王」です

そんなトートが、冒頭で、低ーく冷たーく、感情なんてない空気をたっぷり見せつけて降りてきながら、
「皇后へのあーいだ〜」
って「愛」って言葉を口にした瞬間に、いっきに感情が見えるのがとてもすきです
石丸さんの歌って、言葉以前に音に想いがのって伝わってくる気がします。
音程って意味じゃなくて、
えーと、声音というのかな。

理屈じゃなくて、感覚で伝わってくるものがある。
それにとても惹きつけられます。

物語の中でシシィを見た瞬間に、
「あ、堕ちた。」
って分かるのも好きなシーンです
ヒトが(厳密には人じゃないけど)恋に落ちる瞬間がはっきり目に見える。
これは声すらないですね。
表情とか仕草もあるけど、なんだかとにかく空気。

パワーアップした「♪最後のダンス」は、もー、何回聞いてもどきどきして感動ものです
気持ち的には、その場で立ち上がってブラボー!って拍手したくなります。
ほんとブラボーだ〜!!

そういえば、ドクトルのシーン、最近はおじいちゃんらしい演技がより分かりやすく(?)なったのでしょうか。
前はあんなに声色変えてなかった気がする?

あと、手のお化粧って開幕の時からありました?
この間見て初めて気がついた〜〜

*   *   *

気がつけばあっというまに東京公演は折り返し地点をすぎていて、早いなぁと思います。
とはいえ、全国公演をまってる方々が首を長ーくしていらっしゃることでしょうから、時が早いのもまたよしということで。

まだまだ東京公演、全国公演と続く道のりですから、
キャストさん、スタッフさん、観に行かれるお客さまも、体を大切にしてたのしんでくださーい
comment(0)≫

≪前の記事 次の記事≫

....material by mariya
≪トップ
QLOOK BLOG