**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
待ち遠しい音楽
2011.11.12   [Saturday] 23:58

じつは、先ごろ『ロミオとジュリエット』にはまっていたころ。
そのCDと一緒に、準備するには早すぎ?? とおもいつつも『ジキル&ハイド』のCD(ブロードウェイ・オリジナル・キャスト盤)を注文してありました。
何も考えてなかったんですが(え。)、今となってはちょうどよかったかもー♪(いきあたりばったり)

ということで、
会見にそなえて『ジキル&ハイド』CDを聴いてみました
去年、BSプレミアでやっていた、ブロードウェイの舞台映像は見ていたんですが(これもすばらしかったー!)、楽曲を聴くのはそれ以来。
でも、1回聴いてると耳馴染みが全然違いますよね。
ああ~!コレコレ!そうだコレ聴いたがする!!多分聴いた!!(だからまちがいなく聴いてるんだって…)くらいに。
いや、ちょっと冗談交じりになってしまいましたが、実際のはなし、ほんっとうに耳馴染みの良い曲ばかりです。聴いた途端にぐっとくる旋律というか。
名曲ぞろいと言われている由縁?

それで改めて聴いてて思ったのですが。

いやこれ通勤中に電車の中でためしに聴いてみるとかマチガイだったでしょ!

いつもの電車の中で、すーごいどきどきしてしまいました。
ナンダコレ!(すごい!やばい!!)というどきどきでした。

***** 以下、作品のネタバレ入っちゃうかもなのでご注意です *****

エマの高音のきれいなこと!
切ない感じもして、序盤から、あのエンディングへの予感がかすかに感じられていてじんわりします。
BSで見たときから、エマのキャラクターがしろ的に好きでした。
だいぶ前に観たきりなので、イメージがずれてきちゃってるかもしれないですが、しろのエマの印象は、
“芯からしなやかな強い女性”
こういう在り方はすごい好きです
ルーシーの個性にたいするとややおとなしい感じはしてしまうんですが、
多くを語らず、でもそれが芯の強さに感じられるような。
「自分」を周りに対して強く出さなくてもいいくらい、ひとつの自分をしっかりと一本、もっているひと。
じっと信じて待つことができて、その結果もありのままぜんぶ受け容れることができるひと。

その“強さ”が印象的だったので、
もしかしてルーシーとエマの配役は逆でもいけたんじゃないかなー??なんてちょっぴり思っていたのですが、
CDでルーシーのソロを聴いて、
ああ、これは濱田さんだわ。うん。 (確信)
え?こころがわりするの早すぎ??ですよねー。

ええと、単純に言ってしまって、
BWオリジナル・ルーシーのEmily Skinnerさんの歌声が(というか声の雰囲気が?)、濱田さんに似ているというか、連想させるというか、そんな感じだったのですよ。
きれいな澄んだ高音の声と、力強くて凄味もだせる低音。
それから間違いない、圧倒の歌唱力。
これを濱田さんが歌ってるの、ありありと想像できるわー!という感じ。
というよりか、濱田さんがこの曲歌ってるの聴きたい!!!って猛烈に思う。(この曲=「♪No One Knows Who I Am」でした)
なお、しろは生濱田さんは『アイーダ』の一回しか拝見してないのですが…
そのくせこんな発言ですみません~
そのときのイメージで言っちゃってるかも。(某CDでは聴いてるんですけどね)
でも、猛烈に聴きたい!!って思ったのは、ほんとのほんとです。
勝手な予感ですが、濱田さんのルーシーは、当たり役として語り継がれる気がする!!(本気で)
お相手役の石丸さん負けちゃわないかしら…くらいにハマり役な予感する!!(←大きすぎなお世話)
いやたぶん、石丸さんなら周りがいいほどに、化学反応でびっくりさせてくれるかなーと思うので、これも期待を膨らませてくれたり

それから、さらに大興奮だったのが、石丸さんが演じることになる、ジキルさんとハイドさんですよ!
こちらはCDではRobert Cuccioliさん。
しろがBSで見たのはDavid Hasselhoffさんだったから、やっぱり配役ちがうんだ~。……って時期的にそれはそうですね
David Hasselhoffさんもすごくって、ジキルになった瞬間、もう顔立ちも雰囲気も別人で、役者さんってすごいわ!とびっくりさせられ、終盤のジキルとハイドが怒涛にせめぎ合うところとかすーっごく印象に残っているのですが、
Robert Cuccioliさん、イヤホンで聞いててトリハダたちました。
イヤホンだから余計かな??(音だけに集中してたから?)

ジキルからハイドへのはじめの変化(「♪First Transformation」の終盤)のところ。
徐々に、ハイドが表面にあらわれてくる。
ジキル(善)からハイド(邪)の明らかなちがい、
変容の気配→変容しつつある状態→ハイドがとってかわった瞬間、という経過までもがありありと、伝わってきて、ほんとうにゾッとします。
これはもう、隠された一面というよりも、悪魔がとりついたんじゃないだろうかという変化です。
こういうのはもしかして、映像なしで音声だけの方が、変化に集中して聴いて、思い描いてしまう分コワいかも……
それにしても、声だけで明らかに悪魔性が分かるハイド。
トリハダものにすごすぎです。
もう~~、ほんっとうにこれが石丸さんで観たい!聴きたい!!
ていうか観られるんだ~~~~(感動)
おなじみ「♪This is the moment」みたいな、ばーん!とくるナンバーも楽しみだし、この役!!というのもなにより楽しみだし。
来年3月に向けて期待がむくむく膨らみます。

周りの配役もすてきだしなぁ♪
個人的に畠中さんと再共演!!がとってもうれしいです。ふふふー

あああほんとうに観たすぎる~~~。
この作品、この揃いすぎの配役。
まさに、満を持してな気配ですよね。
今までの舞台を観ていないのに言うのも気が引けるのですが……でも、ぜひ言わせてください。
これ、今まで誰も見たことない『ジキル&ハイド』になる。確信。

いやー、これ、ホント仕事前に何気なーく聴いたのはマチガイでしたよ!
楽しみすぎて集中できなくなりますて(笑)

*   *   *

なんだか、近いのは『GOLD』なのにとりあえず今『J&H』でいっぱいいっぱいなワタシです
さわがしくってごめんなさい
会見&会見レポを終えたら、『GOLD』に集中しようと思います~

**Special Thanks**
11月8日 8時台
11月9日 9時台、11時台、21時台、22時台
11月11日 16時台
ぱちぱちしてくださった方、どうもありがとうございます
ここ数日で関東はまた一気に冷え込みましたね
さすがに今までが秋にしてはあたたかすぎだったのかな??
もうちょっと寒くなったら着ようかなー♪だった服が、急に、ここまで寒いと着られないかしらー…になってしまったりして、ちょっぴり戸惑っています(笑)
いっそもう少し寒くなったらコートの下に着るか~!(そしてまた時機を逃しそう?)

そんな感じの、急に寒くなったり、日によってはそうでもなかったり、
体もびっくりする時期ですが、みなさまどうぞ風邪などひかないように気をつけてくださいね


**For you...**
11月9日 21時台メッセージを下さった、nさまへ。↓massageをクリックお願いします♪

  

とっても遅くなってごめんなさい以前メールを下さった、Jさまへ。↓massageをクリックお願いします♪ 
  


comment
comment form
name:
text:
画像認証: *プレビューなしに送信されます
2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**