**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
2011.05.16   [Monday] 01:41

GWあと、しろが楽しみにしていたこと。

こちらです。
「香り かぐわしき名宝」展。

これ↑とはデザインちがいですが、香り展の大きなポスター(とっても好み)を通勤中しょっちゅう見かけて目をつけてまして、ほんとは4月のコンサート翌日が月曜日でなかったら行きたかった美術展でした。
そのままずるずるしてるうち、行かないで終わっちゃうかなー…って半ば諦めぎみだったのですが、先日香炉&お香を手に入れたので、これもなにかの縁かも??と思って行ってきました

会場が東京藝術大学大学美術館で、はじめておじゃましたのですが、
事前にアクセスを見てはいたんですけど、付属(併設?)美術館といってもあくまでも芸大の「近く」にある、ってイメージでいたのですが、どちらかというと、イエどちらかといわなくても、「敷地内」
上野公演を通り抜けながら歩いて行くうち、
……えっまだ行くの?行っていいの?(だってそこにあるの、校門じゃないんですかー?)
ってムダにどきどきするしろでした
いくら大学は年齢層広いって言ったって、もう一般に、大学生ですなんてごまかせないと思うもんー(←あたりまえ!)

学生時代も、学祭以外で他校に遊びに行ったことなかったもので、うわー新鮮!とちょっぴり緊張感をあじわいながら芸大(の美術学部でしょうか?)に潜入。(違)
といっても、門のすぐ隣なのですけどね(笑)。

*   *   *

その「香り」展は、人の五感とある種の第六感?を使って香りの魅力を味わいましょうという、美術展と言っても「観る」だけではない、おもしろい趣向の展示でした。
くんくんと香りを実際に試せるものもあり、昔からの香りの道具、香道の道具もあり、最後は描かれた香りということで、"香り高い"絵画の数々。
そういう意図で展示されていると、絵画にはあるはずのない香りがふわりと立ちのぼっているような気がしてきてしまうから不思議です
もちろん香りがするわけではないんですが、絵の中の世界はとてもいい香りなんだろうなぁと。絵のなかに、香りまで描きこまれて閉じ込めてあるような錯覚というか。

目で香りを聞く、おもしろいなぁ~!
あ、音楽の中に風景を視るのと同じような感覚でしょうか。

優美なお道具もかずかずあったのですが、へぇ~と思ったのが、香木そのものが美しいということ。
複雑に入り組んだ形、香木ゆえなのか樹脂が沁み込んだような深ーい色、たいて良い香りをあじわうのはもちろん、眺める楽しみもあるのだろうなぁ。
もっとも、形があるほど立派な香木というのは、高価すぎてそうそうたくのには使わないのかもしれませんが

→ 「香り かぐわしき名宝」展HP

*   *   *

お天気はあいにくのくもりの日だったのですが、予報されてた雨が降らなくてよかった!
上野公園をてくてく歩くのも気持ち良かったです。
芽吹いたばかりだと思っていた緑が、もうすっかり青々してますね。

それから、帰りにはもうひとつの目当て。
お香もうちょっとほしいなーということで、
さすがに、観光のお客さまが気軽にすいっと入れる京都のお店とはちがって、しろにはちょっぴり敷居が高いかしらーと思ったものの松栄堂さんの銀座店におじゃましてきました。

こちらが目当ていち。かわいい印香です。

nec_0468-20110516.jpg

ほんとうにかわいいでしょう~
その名も「姫の香」というセットで、お姫さまの遊び道具をモチーフにしているのだとか。
四季をイメージした4つの香りが楽しめます。


nec_0470-20110516.jpg


香炉でたくときはこんな感じ。
写真用にと思って、火をつける前の炭を埋めたのでちょっと不自然ですが
灰のあしらいがへたっぴなのは……笑ってください


それから、香り展に出展されてたからか、会場内に出張してお香のお店がでていたのでこちらも。
nec_0473-20110516.jpg

山田松香木店さんの印香。
こちらのお店は京都にしかないようなので、ひょんなところでお目にかかれて幸運でした。
12ヶ月の花々と香りだそうです。見ても楽しい
こちらは、「直接火をつけて」たくようです。灰の上に載せても薫るのかな?


すこしずつ、いろんな香りが手元に集まってきたので、日々気分で楽しんでます
ほのかな香りと、香炉のほっこりあたたかさに癒されます~。
これで、ますます長ーく楽しめそうです。


nec_0476-20110516.jpg

こちらは練香。
うっすら見える熾火もきれいなんですよ~。



comment
2011.05.16 [Mon] 09:32
シリウス

これ、ちょっと興味があったので、内容を教えていただいてありがとうございました!
ポスター、いいですね~。わかります!やっぱり日本画もいいなぁ~。
藝大の美術館へは、シャガール展で行きました。
古臭い建物と勝手にイメージして行ったらキレイでした(笑)
2011.05.18 [Wed] 11:32
しろ

○シリウスさん○
香り展、面白かったです♪
あまり美術館通いをしないもので、美術展は、街中でポスターに目をひかれて、いいな行きたいな~っていうのがきっかけになることが多い気がします。広告の力って意外とあなどれないですね(笑)

芸大美術館もその周辺も、新しいもの古いものがうまく調和している感じがしますね。統一感があるわけじゃないのに、きれいだなぁと思います。
美術館はおっしゃるとおり、思ったより新しくてその意味でもきれいでした!(笑)
comment form
name:
text:
画像認証: *プレビューなしに送信されます
2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**