**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
かおりたきもの
2011.05.07   [Saturday] 00:59

今回の旅で、手に入れてきたカタチあるものの、最たるものがこちらです。





ちゃーん。

香炉。
と、香りものもろもろ。
(あ、芍薬はちがいます。おまけです)

この香炉は、なかに灰を入れて使うもので、普通のお線香やコーン型のお香も使えます。
が、しろの目的はもうひとつ。

炭をおこして灰の中にうずめて、あたたまった灰の熱で間接的にお香の薫りを燻らせるというもの。

このテのもの好きでして(しろの趣味のひとつは、たぶんものすごく偏りまくったコモノ集めだと思う。笑)以前ブリヂストン美術館にいったとき、途中(東京駅の八重洲方面)にある大きな京都の物産館で、本気でにらめっこして迷ってやめたこともあるんですが。(興味はあるものの、お作法も知らないからなぁと)
能楽堂で「香道」のお話を聞いたらやっぱりむくむくといいなー!と蘇ってしまい。
はじめはそれでも、いわゆる「お香」でいい香りのものを入手の予定が、清水寺近くのお香屋さんで目に入ってしまったもので、手に入れてきちゃいました(笑)

とーってもとってもまんぞく!
また手元にお気に入りが増えました

*   *   *

とりあえず、できるかどうだかやってみよう!のノリで入門に、セットになっているものを入手してきました。
こちらが大本命。

20110506-2.jpg


手前(右)から、
お花型とかいろんな形のが、印香。
お線香の、型抜きしたものというイメージでしょうか。
これは簡単に押し固めただけの様相ですが、ほんとは表にもちゃんと模様があったり、いろんな色があったりするので見るからにかわいい!
今度かわいいのを買ってこよう~♪

真ん中の木を薄く切ったもの、香木。
石丸さんが試されたのも、この形かと。
この写真のは沈香ですが。
できるかなー?状態で伽羅には恐れ多くて手が伸びなかったですよ~(沈香の最上位のものが伽羅と言うそうです。とっても高級品)
しろが手に入れたのは、沈香と白檀。伽羅はいつか機会があったら~(笑)

最後、黒いまん丸のが練香です。
これが、しろの興味の一番!(すみません伽羅じゃなくて。笑)
こちらがほんとの「薫物」です。(そのはず)
修学旅行で京都御所をねじ込んだので想像ついてる方もいるかもですが、ちょっと平安かぶれだったころがありまして
十二単から始まり平安文化に憧憬がありました。古典の授業とか大好きでした(笑)
それででてくるのが、「薫物」。
香料を調合して練り合わせて、そのお家の香り、その人の香りというのが独自に作られてたとか。
それを着物にたきしめて、歩くとふんわりその人だけの良い香り。なんだかすてきじゃないですか?(実態は、なかなかお風呂に入らないからだとか、そうするとイイ香りでごまかさないとちょっとねーみたいな事情もあったようですが笑)

興味はあったものの、今回買う時に初めてたきかたを知って、へぇ~!おもしろい~!の連続でした。

①炭(大人の指第一関節分くらいの小さな炭)に火をつけて、半分くらい熾します。
②熾した炭を、香炉の灰の中に半分くらいうずめます。
③炭で熱された灰の上に、お香(印香・香木・練香どれでも)を載せます。

と、温められたお香から、自然にゆらりゆらり香りが部屋の中に漂ってくるわけです。(空薫というらしい)

ちなみにこれは、略式のようで、本当はただの炭ではなくて香炭団というのをつかって、それを灰の中に完全にうずめ、灰の上に銀葉という雲母の薄ーい板、その上に香木を載せて、お作法に従って香りを聞くのが正式みたいです。(聞香。たぶん、石丸さんが体験されたのもこちらかと)

*   *   *

京都から帰って、さっそくなんどか、空薫(のつもり)を試してみました。
ほんとうは、きちんをやり方を教えていただいてたくのが一番なのはもちろんでしょうが、略式でお部屋にお香の香りをふんわり、というのなら、直接火をつけるお香より少しだけ、ひと手間かかりますがお気軽にできそうです

そして、しろが、ああこれいいなぁ、と思ったこと。

いち。煙が出ない。
火をつけてるのは小さな炭だけですからねー。
しかし煙が出ないのってけっこう大きい。なにより香りがぜんぜんちがって感じます。
しろが前お香にはまってたとき(コーン型のとか、外国のお香とか)は、家族から「お線香臭い」とブーイングを受けましたが(好きな人は良いんですが、これはたしかに、否定できないのですよねー)、そういうお線香独特の煙くささはないように感じます。
薫り自体は、現代的な香りもある「お線香」類(バラの香りとか、ラヴェンダーの香りとかあるんですよねー!)より、うんと和風な古風な感じです

に。香りがふんわり。
ゆっくりゆっくり、そぅっと薫ってくる感じです。
火をつけるお香になじんでいると、ちょっと物足りないくらいかも?
でも、たいててちょっと鼻につくなぁ、とかそういうのがなくて、ほんとうに心地いい。
残り香もとってもふんわり。
部屋に入った時は感じるけど、すぐ忘れちゃう感じです。

さん。あったかい。
あったかいってなんじゃーと思われるかもですが、香炉が
ゆらゆら薫りののぼりはじめた香炉を、どれどれ香りは~?と持ってみたら。
香炉全体がほんわかあったかいんです。
炭ってあんなにちっちゃくても、しっかりあたためるものなんですね。
手の上に載せてると、その熱がじわーっと手のひらに伝わってきて、なんだかほっこりします。
このじわーっの温かさは、ぬるくなく、熱くなくくらい。(一気に風情も何もなくなりますが、ぴったりくるのはホッカイロ)
ちょうど、手のひらサイズの、ころんとまるい香炉を手に入れたのが幸いして、あったかーい玉を手の中に持ってるみたいになります。
……これがうれしいのは今くらいで、夏はいやーんてなるかもしれないですけどね(笑)
このあたたかさは、ほっとしますよー。

こんな感じで大満足~!です。
一緒に、お手軽に使えるお線香のお香も買ったのですが、いまのとこ、ほとんど手をつけずになってしまいました
炭を使う方が、香りもいいし、なんだか気持ちもほっこりするしねぇ。

逆に、空薫挑戦してみて、これは困った、というとこはというと。

いち。お香の温め具合の調節に注意が必要。
熱い灰の上に薫るものを置くわけですが、熱源が近すぎると焦げかねないし、遠すぎると香りが弱くなるようで。
けっこう細心の注意が必要です。なれが必要かなぁ。

に。お線香とかほど簡単に手に入らないよねぇ…
必要な消耗品は、炭・灰・お香。
灰はけっこう使いまわせるのでともかく、炭とお香?
一応、都内だと銀座とか、お店によっては新宿とかにも出店があるようなので、(web販売しているところもあるようですし)それほど困りはしないのですけどね。(前に見かけた東京駅前のお店にも、なくなってなければあるはず!)

こんな感じかなぁ。
お香って、(多分お線香とかもだと思いますが)時間がたっても劣化しにくいのですって
ながーく、楽しめそうです
さっそく、印香と練香増やしたい!と画策してます。
ほんとうは、香合わせにならって練香を作ってみたいなー!というのもありますが、それこそ自己流でやってみるのはムボウ……
というかせっかくのお香に失礼ですよね
いつかいつか、の野望にします






*   *   *

薫物に興味を持ったきっかけは過去の憧れからだけど、きっと「香道」のお話に背中を押されなかったら、なかなかここまで手が伸びなかっただろうなぁ。(それでもきっといつか入手してた気もしますが)
今回の京都行きはほんとうに良い機会をいただきました。(すてきなお香屋さんも知れたし!)
おかげで平安かぶれが再燃しそうです(笑)
ありがとうございました!

**Special Thanks**
5月5日 5時台、8時台、21時台
5月6日 2時台、10時台、14時台、14時台、14時台
ぱちぱちしてくださった方、どうもありがとうございます
ゴールデンウィークも、残すところあと2日になりましたね。
しろ自身はあまりゴールデンなウィークではないのですが(……ふつう?笑)
世間のGWのあとに、ちょっと楽しみが待っているので、それをわくわくしてすごしてます
その「楽しみ」は今日のネタにも少しだけ通じるものなのですが……無事行ってこれたら、また書きます~!
いや、その前に、京都の話もこれで終わりじゃないんだった。
むしろメインその2の話が(たーっぷり!)残ってるんですねー。早く書こっと
ではでは、GW満喫中の方も、しろとおなじく普通なウィークをお過ごしの方も、週末を楽しんでお過ごしください~♪



comment
comment form
name:
text:
画像認証: *プレビューなしに送信されます
2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**