**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
音楽の絵本を
2011.05.04   [Wednesday] 23:35

20110504.jpg

今日が唯一参加のLFJいってきました。
今年も音楽でいっぱいの丸ノ内界隈です
当初は、朝からお昼過ぎまでみっちり音楽づけの予定でしたが、気の向くまま音楽の街散策になりました

朝のジャングルならぬ、朝イチの0歳からのコンサート、いつものホールaではなく、今回は展示ホールに1000席ほどの特設ホールが出現!!しかも無料コンサートになりました。
いつもの5分の1キャパなので、主役(ちびっこ)の席を奪ってはいけないよね~参加して大丈夫かしら~と恐るおそる行ったのですが、朝イチの公演だったからか、案外お席には余裕があって、ちゃっかり座らせていただいちゃいました
公演途中でも入場できたみたいだから、のちのちけっこう埋まったのかな?
といっても、例年より、小さい子は少なめだったように感じました。
今回はジャングルというよりはあちらこちらで小さな顔が覗く、朝の草原といった感じでした。ぴよぴよさえずりもあちらこちらから(笑)相変わらず微笑ましい光景に和むコンサートでした
いつもより、みんな静かーに聴いていたような。音響のせいか、場所がよかったのかな?

司会の石丸さん、今回は少し朗読風な導入もありで、思ったよりもお話がたくさんでうれしい誤算でした!これって、他の公演でもだったのかな。
会場のカジュアルさに合わせてか、石丸さん比カジュアルめのお洋服で、朗らか~な歌のお兄さん(違いますっ)

ちなみに、今日のLFJ公式ブログさんで「0歳からのコンサート」のレポをしてくださってます。石丸さんのにっこりスマイルのお写真もありますのでぜひどうぞ
→LFJ公式ブログ 「0歳からでも大丈夫!!」
去年に続いてになっちゃいますが、この公式ブログのブロガーさんの語り口が大好きです。同じ方かな?なんだかぽかぽかなんですよ~。

そうそう、遅まきながら、4月28日のオープニングセレモニーの公式レポもありますので、よかったらどうぞ。
→LFJ公式ブログ 「開幕! 丸ビルで「熱狂の日」オープニングセレモニー」

*   *   *

さて、今日の「0歳からのコンサート」は、ウラル・フィルハーモニー管弦楽団のみなさん。指揮はドミトリー・リスさん!
じつは、去年も同じく「0歳からのコンサート」で拝聴してるのですよ~!
リスさんの指揮はとっても印象に残っていたので、行けるときにちょうどリスさんで嬉しかったです
素人目ですが、独特な振り方をされますよね。
綺麗。華麗?
なんだか、糸を紡いでるみたいに見えます。
オケの皆さんからひゅるひゅる~っと音楽をひきだしてるみたい。で、絡めとって、紡いで、織って。
もしくは絵を描いてるみたいにも見えます。
ひゅっ、ぱたぱた、ってインクを気ままにまき散らしてペインティングしてる感じ。
ついつい目が追ってしまう~。

とーってもひさしぶりに聴いた生のフルオケ、ほんとうに心地いい音楽でした~
ふくよかな音楽。
雨をすいこむ大地になったような気分でした。音楽をこくこく飲み干してる感じ。
武道館のときもそう思ったけなぁ。
なんだか、ひたひた たぷたぷ 満たされる感じがします。
芯まで沁み込んできて、体中の細胞がよろこんでる~~って。
なかなか、ミュージカルに行くようには、クラシックのコンサート行くぞ~って風にならないのですが、聴くとやっぱりいいな~、また聴きたいなと思う音楽の不思議。
気軽に行けて、そう思わせてくれるLFJってほんと、すてきな催しだと思います。

*   *   *

それではコンサートの内容を。

はじめの演奏(ここの曲目が、確か大学祝典序曲 op.80かな。これちょっとあやふやです)のあと、司会の石丸さんが登場。
なんだか、例年にも増してにっこにこ~~だったように感じました
去年は朗読のお仕事もあって、少し落ちつきめのトーンにされてるのかな?という感じもあったので、それでかな。
オケさんとコンダクターさんの紹介のあと、おなじみの、いくつかきいてみましょう。「0歳のあかちゃんは、どのくらいいますか~?」のお話から。

過去拝見した司会のお仕事では、この後曲目やLFJの紹介とかをされるくらいだったのですが、今回はさらにお話が続きます

なんとなーくのニュアンス+しろ創作でお話の内容をお送りします~。

*   *   *

"音楽の絵本を、頭の中に描いてみましょう"

空を思い浮かべてみましょう。
その空は、何色ですか?
何がありますか?

会場のメインゲストからは、「あおー!」「しろー!」
「とり!」「ひこうきー!」「くも!」
と元気なお返事が
そのひとつひとつをひろって、「ああ、青!白、そうだね。それから?」ってとーってもにこにこな石丸さん。やっぱり歌のお兄さん?

じゃあ今度は、その空に飛んでいきましょう。

~そしてリスさんに目配せして、音楽のはじまり。

*   *

そして演奏のあと、再登場。

空を飛びましたか?
ときどき、ぴろぴろぴろ~って、鳥の鳴き声みたいなのが聴こえたね。

じゃあ今度は、

遠ーくに、お城が見えます。
それから、街が。
街の中には何がありますか?
おうち?道。それから、お店も。
看板が見えます。
あの看板は、パン屋さん。くんくん、良いにおい。クロワッサンが焼けたみたい。
こっちの黄色い看板は……くんくん、チーズ屋さん。
この青い看板は?…とんとんとん…家具屋さんだ。

あの、高いところを見てみて。教会があるね。
カーン、カーン、カーン……3時の鐘を知らせています。
3時は何の時間かな?
そう、おやつ。おやつはなんだろう?ビスケット?

広場ではみんなが踊っています。

さあ、一緒に、踊りの輪に入ってみましょう。

~たぶん、お空と街の後の演奏で、ブラームス:ハンガリー舞曲第4番・第5番・第6番

*   *

今度は、ひろーい草原。
大きな樹が、一本たっています。
どのくらい大きいかな?
おともだちが5人で手をつないでも、届かないくらい。
そういう樹、みたことある?なかなかないね。

それは、音楽の木です。
音が聴こえてきます。
ヴァイオリン、フルート、ファゴット……。
交響曲の音楽。

音楽の木の音を、聴いてみましょう。

~3曲目。ブラームス:交響曲第1番より、第3・第4楽章

*   *   *

ぼんやりとこんな雰囲気で
ほんとはもっと、情景描写も入っていて、ほんとうに朗読風だったのですが、さすがに細かいところ思いだせないので~創作しすぎてぼろが出るといけないしね。(え?もうとっくにでてる?笑)

ゆったーり、光でいっぱいの明るい景色が広がるような導入でした
これいいですね~!
おうちに帰ったら、いま思い浮かべた絵を描いてみてくださいね~ってお話もされてました。
あ、そうだ。
空のお話の前に、冒頭は明るい春の日の情景を言ってたような。
……うーん、かいたらボロがでるだろうので、想像にお任せします~
金色の春の日の情景。

*   *   *

街のとこ、お城はひょっとしたらしろのイメージかも。ほんとにお話されてたのと、聞きながらぽやぽや~とイメージしてたのとがややまぜこぜになってます
というのも、つい先日映画「塔の上のラプンツェル」をみてきたしろ。お話でぽんと浮かんだのが、あんな感じのなんともファンタジーな街並みだったのですよ。(笑。我ながらかわいらしすぎる街並みだぞ!)
なもので、オケさんが鳴った瞬間、荘厳な舞曲とイメージにギャップがありすぎて、ほんわかメルヒェン~な街びとたちが、突如豹変して真顔で激しく踊りだしたかのようでした(笑)

今回の「0歳からの~」、曲目で個人的にうれしかったのが、交響曲の第1番!
これ、今回ぜひとも聴きたかったもので、当初は公演確保してたのですよ。
プログラム変更で、別ホールでの公演が決まったものの、うーん……今回は良いにしとくか~と自ら諦めてしまったのですが、思いがけず
今回は思いがけないうれしいことつづきでした。よかった!

この公演のあとは、会場をぷらぷら。
広場で音楽が聞こえてきたらふらふら~と吸い寄せられてみたり、グッズショップを物色したり、隣を歩いてた2歳くらいの子がおばあちゃまと間違えて手を差し出してきたので思わずつないじゃいそうになったり(笑。連れて帰っちゃおうかと思ったよ!←犯罪です)
今年もぽっかぽかのLFJを大いに楽しみました

さすがにいつもほどの人出はなかったように感じましたが、のーんびりな空気でよかったなぁ。
LFJスタッフさん、開催してくれてほんとうにありがとう

今日は、展示ホールで小曽根さんのコンサートもあって(新プログラムで急きょ出演が決まったそうですね。小曽根さんますます尊敬!!)
聴きたい聴きたい~~と、その時間まで残ろうかさんざんさんざん迷ったのですが、京都からこっちの仕事で若干ばて気味だったので後ろ髪ひかれつつ帰路につきました
LFJからの帰りって、いつも、お祭りから帰るようなちょっとした寂しさがあります。

その小曽根さんのコンサートは、たいっそう、盛況だったようで~!!(公式ブログさんのレポ→「とどけ!音楽の力」)
そうそう。しろは3時すぎくらいまでいたのですが(←それなりにねばってました)、その時点でもう、入場待ちの列がけっこうにぎわってたのですよー。開演まで1時間以上あるのにね。小曽根さんってやっぱりすごい人なんだ!(今さら)
レポ見て、へぇー!へぇ~~!(←キニナル)だったものの、後悔はしたくない主義なので、また今度!小曽根さんの演奏が聴きたいなっとー
LFJのスローガンを個人のコンサートレポのタイトルに使わせてしまうっていうのもすごいですよね
レポの小曽根さんのさわやかなぐーサインがかっこいいぞ!
ぜひともご覧あれー♪

この丸の内の音楽の祭典も、明日までですね。明日もたくさんのお客さまが音を楽しまれますように!

**Special Thanks**
4月22日 9時台
4月24日 14時台
4月25日 9時台、9時台
4月26日 11時台
5月1日  5時台
5月2日  22時台
5月3日  9時台、17時台
ぱちぱちしてくださった方、どうもありがとうございます
更新滞り気味だった期間にもすみません。ありがとうございます~~!とってもはげましていただいてます。
しろが日常に追われてる間に5月になりました。
書きたいお話を溜めこむ一方で、放出が間に合ってない近頃です
京都の旅行記も書きたいとこ!
うーん、とすると、あんまし時期を逃したのはこの際切り捨てるべきか……
先日の京都のイベント(遅)レポもですが、やっぱり、ネタはアツいうちに打たないとだめねぇ、と思う次第でした。
しろの勝手次第で、とろーい更新になりがちな我が家にもかかわらず、愛想を尽かさずに遊びに来てくださってるみなさまには感謝でいっぱいです。ほんとうに、どうもありがとうございます


comment
2011.05.09 [Mon] 23:23
とも

私もブラ1聴けて「やったー♪」と喜んだ口です。
4楽章のメロディーが好きなんです。
「0歳からの~」は聴く予定ではなく、偶然通りがかってオケを後ろから覗いていたところだったので、ラッキーでした。
2011.05.14 [Sat] 13:34
しろ

○ともさん○
コメントありがとうございます!
お返事が遅くなってしまってすみませんd9ab
心なしかともさんとツボの傾向が似ているような(*´艸`)
ブラ1うれしかったですよね~♪明るい音色の楽章だから、ちびっこたちにもぜひ!だったのでしょうか。
思いがけないところで好きな音に出会えるのまLFJの良さですね。
comment form
name:
text:
画像認証: *プレビューなしに送信されます
2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**