**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
和のこころ
2011.03.18   [Friday] 00:24

そろそろ、積み重なるいらいらが表にあらわれてきてもおかしくないと思っていたのですが。
むしろ、そういう頃だと思ったのですが。

すごいなぁ。この地の人は。
すごいなぁ、日本人は!

許容量は人それぞれだと思いますが、ストレスのもとになるストレッサーによって、うつうつとした気持ちになったり、不安になったり、または分かりやすく、いらいらして怒り出したり、っていうのはごくごく当たり前のことです。それがふつう。
物理的な被災はあまりない首都圏でも、たびたびおこる余震、交通の困難、それでも仕事をしなくてはいけない心理的・身体的な負担、ガソリンもろもろの不足etc.から気持ちも体も緊張状態にあるはずです。
テレビをつければそういうニュースばかりで少しも頭から離せるときがない。
そろそろ、ストレスの発露が見えてくるはず……。
なのに、いつも以上にあたたかさや思いやりが目に見えるって、どういうことでしょうね。
すごすぎます。

これは、Twitterでも書いたことなのですが、
今日の夕方、超満員の電車でした。このところ、ラッシュ時に電車に乗るのを免れていたのもあるでしょうが、こんな混んでる電車は見たことがない!くらいに激混みでした。
その中で、聞えてくるのは、
降りる人には
「降りる方がいます!通してあげてください」
「順番だから、焦らなくて大丈夫ですよ」
乗る人の番になると、
「半歩ずつ詰めましょう!」
「荷物大丈夫ですか?」

感動しました。
日本てこんなに暖かいところだったんだ。
ふだんだって、こんなところ見たことないよ。

日本はたしかに「和」の国なのだなぁと。
平和の国。調和の社会。温和な人。
すべてがそれだけではないにしても、今の状況でこういう光景が見られるところでよかった。
ここに生まれなかったら、今回みたいな地震に胸を痛めることもなかったかもしれませんが、
ここに生まれて良かったと心底思いました。

もしかして、ストレスの極みみたいな状態でこういうあたたかさに触れるから、それがあたたかい気持ちをくれるから、こんな時でも、がまんとかじゃなくて爆発しないでいられてるのかな。
苦しいばっかりのぎゅうぎゅうの電車が、ちっとも居心地悪くなかったんですよ。

最近よく見るACの金子みすゞさんの詞にもあるけれど、
「ありがとう、っていえば、ありがとうっていう」
これって真実ですよね。
誰か一人が、善意の行動にでると、周りもみんな、不思議と同調するのだよなぁ。
願わくば、率先して「誰か一人」にもなって動きたいものです。
いつでも。

これが、今日のあったかかったこと。
であり、申しわけなかったことでした。

お仕事だったわけじゃなかったのに、貴重なひとり分のスペースを占めてしまって大層申しわけない気持ちになりました……。
しろが乗った時は、まだかなりすいてたのでうっかり乗ってしまったのですが、今度から、お出かけのときはもっと時間ずらそう

*   *   *

それから、今夜から民放各社が普通の番組にもどってるのですね。
切り替えの早い!ってご意見もあるかもですが、これも大切だと思います。
ほどほどに、普通のことを楽しむのも大事じゃないかな。
みんな、人にもまれて時間もかかってなんとか会社や学校に行って、帰りも同じでくたくたで、家でまたテレビを見て気が重くなって、じゃ気持ちが不安定になるだけじゃなく、具合悪くなっちゃいます。
もう少し気持ちを和ませるものが必要なのじゃないかなって、それもこのところ心配していたひとつで、今すこしほっとしてします。

笑うことって、本当に健康に効果があるんですって。
ユーモアも。
楽天的な人ほど病気がしにくいとかも本当。
しろは昔こういう分野をかじってまして、これは、実際たくさん学術論文になってる話なので、通説とかじゃなくて統計上の事実です。

今、多少不便があるにしても、無事に生活できている私たちが具合が悪くなってる場合じゃありませんものね。
楽しむべきところは楽しんで、うまく自分と付き合って、しゃっきと働いて社会貢献しなくてはふん。
なにしろ、被災地の方も、首都圏でも、この状況とは長期の構えです。
もしかしたら、いらいらはこれから見えてくるのかもしれないです。もちろん、しろ自身も含めて。うまく、ちょうどよく、気持ちを「和」ませながら向き合っていこう。

苦しい思いをしている人がいるのに楽しいのは申しわけない、そういう気持ちもあります。
不謹慎な、って言われるのもこわいです。
だって、自分でもそうじゃないかってどこかで思うから。
でも、たとえば家族が風邪をひいてかわいそうだから、自分もいっしょに風邪をひこうってわけにはいかないのですよね。
それじゃあ本末転倒。共倒れです。
健康な人は健康に力を発揮してこそ、何か力になることもできるでしょう。

ここも、上向きなお話……というか、いつもののんきなお話を、こわがらずに載せていこうと思います。
書く書くって言ってて、まだ書いてないものもたくさんあることですし



comment
comment form
name:
text:
画像認証: *プレビューなしに送信されます
2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**