**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
守りたいもの
2011.02.22   [Tuesday] 04:13

まずは、21日ソワレの分。
シアター・クリエの『深説・八犬伝』を見てきました。
ほんっとうに、行ってよかった!
行ってよかったどころか、これはどうしてももう一回見たいと思って、帰宅直後にむりくりもう一回増やしました(笑)
マチネで見た『ゾロ』ももう一回見たい~!って思ったんですが、『八犬伝』は、
これ、もう一回見なきゃだめだわ!って。(笑)

「八犬伝」=滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」ですが、しろにはなじみのあるというか、なんとなく愛着のある話です。なぜって舞台が千葉だから。(南房総が舞台なので、厳密には地元ではないのですが)
館山には伏姫が八房と一緒に籠っていたとされる「伏姫洞穴」なるものが本当にあって、そこも昔観光(?)に行ったことがあります。雨かなにかの影響でなくなってしまったとウワサに聞きましたが。
本当に、って言っても、フィクションなのでホンモノではないんですけどね。
山の中の小さな洞穴で、確か中にはちゃんと珠が転がってた記憶があります。
館山のお城には「八犬伝」の資料館もあったと思います。

そんな記憶もあって、「八犬伝」と聞くと、ぴくっと反応してしまいます。
それと、今回の「ぽちっ」の大きな要因は、玉房保坂さん!
保坂さん、八犬伝……八犬伝、保坂さん………うーん、………ぽち。
でした(笑)
でも、ぽちっとして正解!大正解!!でした。

すごーく正直に言ってしまいますと、イケメン八犬士なあまり、「ビジュアル中心なのかなー?」なんてちょっぴり思っていたのです。
が!!
もう、すーっごいおもしろかったです!
大感動。大好きすぎてどうしようかと思いました。
もともとの話の好みもあったと思いますが、冒頭の保坂さん+八犬士の魅せ方からぐぐっと入り込みました。
ひとりずつが個別のシチュエーションであちこちから登場してくるんですが、
別々なのに、そのときあの彼はこうしていて、そのときこの彼はこうしていて、みたいな見えないつながりが見えるようで。
「ひとりずつ」の背景がみえるのと、「ひとつ」の先を示唆しているようで。
見せ方が映画みたい!とも思いました。

それから、音楽も絶妙です。
びっくりしたのですが、中村中さんなのですって。
かなりこの「音」で泣かされた気がします。
音楽ってすごいなぁ。劇中のサウンドって偉大です。
気づくと、その旋律だけでじわっときていたりするんですよね。セリフの後ろでこの旋律が来ると、なんだか無性に気持ちが揺さぶられて泣けてしまう、というのがあって。
何も考えてなくても、ほとんど無条件にぽろぽろっとやられてしまうんです。
それが、「琴線に触れる」ということなのか。
今まで、しろは映画だと「ホリデイ」と「しあわせのレシピ」にそういう、なんだかよく分からないうちに泣けてくる旋律があったのですが、今回の『八犬伝』にもあって。
おかげさまで、2幕はぼろぼろでした(笑)
今日の昼見た『ゾロ』でも思いましたが、人って、かなしいとかうれしいとかだけじゃなくて、何かが心に触れて気持ちがあふれると、涙になるものなんだなぁと。

それから、八犬士のひとりひとり、浜路、玉房、大輔さんをはじめとしたキャスト全員のキャラがすごく立っていて、ひとりひとりが魅力的。
これがかなりこのお芝居のすごいところだと思います。
メインは信乃の物語と言えるのでしょうが、八犬士はそれぞれが主役級の魅力で、みんながそれぞれの個性で惹きつけてやみません。どのひともおいしい役どころ。
人に魅力があるってだけで、こんなにもわくわくして引きつけられるのだなぁと。
どの人の行動も心に響くというか、おかしかったり切なかったり胸を打たれたり。
殺陣もすごい!もう動く動く!かっこいい!
踊ってるように華麗な殺陣でした。
しかも、思うに映画とかだと、リアルに血が流れて、ううっ…いたそう…って気持ちが縮こまってしまうところも、舞台だとそういうのがないので、痛そうっていうのはあっても、剣戟がびしっびしっと決まるところにすごく爽快感があります。
「しゃきーん!」「びしぃっ!!」って効果音もかなり華々しいのですが、それもあまり気にならないくらい見た目にも華やかでした。
もう、所狭しと打ち合い走り回り飛びまわり、ステージがすごい狭く見えました。
考えて見たら、クリエの舞台にあんなにたくさんの人が載ってるの初めて観たかも(笑)
そうだ!!
クリエにまたもしてやられたんだー!
NBにつづき、39につづき。これで3回目。
NBも39も、うわー!これは好きすぎるー!!ってどきどき大興奮で帰って来たんですよね。2度あることは3度ある、なのか。
クリエ、やるね。(笑。なにその上から!)

*   *   *

人物。

玉房保坂さん。
声の美しいことったらないです。天上の歌声です。それが玉房の神性になってるような。
妖女なのに、どこかものすごく清らかなようで、神秘的な玉房を作ってました。
やさしいのに恐ろしい。恐ろしいのに、なにかすごく優しい気がする。そういう2面性の無理のなさもさすが。
そして、殺陣もすごい!迫力!
身軽ですね。うごきが華麗です。
なんだか「人じゃなさそうな雰囲気」がすごかったです。

高橋一生さんの信乃。
もう八犬伝はあらすじもかなりうろ覚えなのですが、信乃っていちばん育ちの良さそうな方で合ってましたっけ。
高橋一生さんて、こんな良い声してたんだー!という第一印象。深みのある低い声で好みです。
そしてとっても好青年。
大和田美帆さんの浜路とのカップルがとてもかわいいです。
浜路の大和田さん、お上手~!舞台なんだけど舞台臭くないというか、ごく自然にしゃべっているようで。それでいて平坦な演技ってわけじゃなくて、まっすぐに気持ちが伝わってくる浜路でした。

荘助の中村誠二郎さん。
にょー荘助なんていい人なの!ってそれだけで涙ものです。見てて心温まります。
大切な二人の幸せな姿を見てることが、自分が欲しいものを手に入れるよりも幸せなんだよねぇ。自己犠牲とかじゃなくて、それがほんとうに喜びなのだなぁ。こういう人には幸せになってほしいと思いますよ、ほんと。

毛野!古川雄大さん!!
この方も驚愕でしたー。美しいです。とってもきれい!
顔ちっちゃい!すらりと八頭身!
ほんとうに女の人みたいでした。中性的ってこういうことかーと。
いくら綺麗っていっても、男性はやっぱり男性に見えるものと思ってましたが、毛野はまさに「女と見まがう」っていう美しさで。男の人でこんなに女性的に見える人もなかなかいないんじゃないかと。
でも、女性的なのにきりっとしてて、凛としてて、婀娜っぽさは一切なくむしろ清らかな感じ。
キャラも良かった~。
終演後のトークではちょっとぽけぽけでした?(笑)
天然さんなのかな。そのギャップもおもしろかったです。

汐崎アイルくん。小文吾。
面白い!二枚目だけど三枚目!(笑)
荒削りな感じの自然体がいいですねー。あっけらかんと。
この方が出てくると、シリアスな深刻なとこでも急に笑いに変わったりするムードメイカー。

クールな根本正勝さんの大角もいい味出してます。
クールなのに時々ぴーすするのに大うけ(笑)
この方トークでもクールでした。ぴしっと100点満点の模範解答。できる男ですね。すごいです。

*   *   *

人物3分の1くらいおったとこですが、あとは人物は次にとっておこう。
もう1枚とったので♪

*   *   *

しろは三銃士も好きなのですが(夏もたのしみだ!)、こういう義侠もの(というのか)弱いと思います。
何かに突き動かされる感じ。
その中で、必死に生きて、必死に大切なものを守ろうとしている感じ。
守りたくて、守りたくて、大切で、そのために傷ついて、でもそんなのどうでもいいくらい、守りたいものがあって。
仲間との絆、恋する人との絆、血の絆。
大切なものを守ろうと戦ってる姿ってすごく切実で、高潔で、それになんだかすごく感動してしまうんですよね。
この話は、みんなが何かを切ないほどに守りたくて、想っていて。
ほんとに2幕はたーいへんです。涙が止まらなくてどうしようかと思いました。
とっても感動しました。

八房も、切ないのですよね。そういうのもぐぐっときます。
作中、直接八房が出てくるわけじゃないんですが。
八房はただ伏姫が好きだったんだよね、って。
「首をとってきたらくれてやろう」って言ったのは人間の方で、でもいざとなったら獣だって見くびって。悪者、魔犬みたいな八房ですが、裏切られたのは八房の方だよなぁ、って思ったりします。
きっと、欲しくてほしくて、これで手に入るって喜んで、必死な思いで敵の首をとってきたのだろうに。

伏姫の許嫁だった大輔の立場もとっても切ないですが。
相思相愛で、当然手に入るはずだった愛しい人を、犬(ほぼ魔物?)に奪われて、喪って。
それでもいつか会えるって信じてて。
会えるって信じてれば、会いたいとも思うでしょう。会いたくて会いたくて、でもどうしても会えない人。
八犬士を導く導者の大輔ですが、これは思念が姿を持ったもの?ってふと思ったのですが、そんな話あったかな。なんだか、舞台を見てたらそんな風にも見えて。
伏姫にもう一回会いたいあまり、体が死んでも強い思念が残っちゃった、ってことなのかな、とか。

なんだか、だれを見てても、だれを考えても胸に迫るものがあります。
ひとりひとりの背景、過去、抱えるもの、そんなのが、実際には言葉にされてなくても、見えてくる気がして。
役の一人ずつの個性に、妙に説得力があるというか。
やっぱり、「八犬伝」という物語自体が名作なのか。
でも、あのえーらい長いお話を、こうしてムリなくテンポよく舞台にしてるそのことが、すごいことだなぁ。
本当におもしろくて、3時間あっという間でした。
夢中になって観てたら終わっちゃった、って感じで。

これは、今日行ってから知ったのですが、今日が、ちょうどソワレあとにトークイベントのある日で(本当に幸運でした!)
それもとーってもおもしろかったです。
八犬士わきあいあい。大爆笑でした。
舞台がおもしろかったので、これは一応……と思ってメモもとってあるので、今度時間が空いたときに起こそうかと思ってます。
なにしろ8人(司会の方入れると9人)でテンポよく話が進むので、いつも以上のへろへろメモですが(笑)

むむ。書き足りない。というか書ききれてないことたくさんですが、それも次にとっておこう。

今日は本当にうれしさでまんたんの日でした。
気持ちよく眠れそうです~!


comment
2011.02.22 [Tue] 09:25
LEO

本当に好きって思える舞台にまた出会えてよかったですね!
感想を読ませていただいて、良かったです♪
次回もまたしろさんの感想楽しみにしてますね。

>人って、かなしいとかうれしいとかだけじゃなくて、何かが心に触れて気持ちがあふれると、涙になるものなんだなぁと。

そうそう!まさに私も涙ってそういうものだと思います。
私がLIVEで涙止まらなくなるときってそうなんですよねー。
音楽聴いてるんだからストーリーやらなんやらで感情が動かされるわけじゃないのに、ただ何かに感じてただただ涙になってしまう感じ、あるんですよね~。
私、楽しすぎても涙でますから(笑)。(あ、可笑しくて泣くのとは別です)

また感動のおすそ分け、待ってまーす。
2011.02.22 [Tue] 10:52
シリウス

こんにちは!
これ・・・行きたかったんです・・・(泣)
迷っている作品があると某観劇マニア(おっと、失礼。笑)の方のブログの感想を参考にして最終的に決めるのですが、その方も”面白い”と言っていました。
そして、また行ったようです。2度目(笑)

私は予算不足で諦めました・・・。行きたかった理由は保坂さんなんですよ~!!
最初に観たミュージカルが四季時代の石丸&保坂コンビの『アスペクツ~』でした。
ええ、お二人に魅了されたのは言うまでもありませんっ!!
それが私とミュージカルとの出逢い(きっかけ)ですから。

それと、高橋一生さん!ちょっと気になる俳優さんで今後もどんな感じの俳優になっていくのかなって秘かに楽しみにしている人です。昔動画メッセージを見たのですが、ビジュアルも美しかった~!!
声と言えば、ジブリの『耳をすませば』の主役の子が心を寄せる男の子の役(声優)をやってたんですよねぇ。このアニメ、私、ジブリの中でも好きな作品です。

中村中さんは、1度ライブで歌声を聴いたことがあり、いやぁ~まぁ凄かった!魂がこもってて圧倒されました。ミュージカルやればいいのにと思ったら、その後ミュージカルに出演してましたけど(笑)
音楽担当ということで参加っていうのも”あり”ですね。

あ~、行きたかったです。レポ、ありがとうございました。
2011.02.23 [Wed] 00:08
しろ

◯LEOさん◯
本当に、出会えてよかったです。
共感していただけてうれしいです。
でも、矛盾して見えるかもしれないですが、泣くってことが、必ずしも良いとは思わないのですよー(^_^;)どちらかというと、禁じ手です。感情のままに涙を見せるのは恥ずかしいものという意識もあって(思春期の少年か!笑)、劇場でも、涙をぬぐうとばれてしまうので極力ふかなかったり(笑)
でも、そういう理性の堰き止めるものを押し流して、というか堰き止める間もなく、うわぁってくるときがあるんですよね。涙っていう究極な手段での表現になってしまう自分は、稚拙で褒められたものではありませんが、普段は守ってるつもりの感情の芯に、そうやって直接触れてくる、音楽、ストーリー、人のエネルギーには心底すごいなぁと感銘を受けます。
2011.02.23 [Wed] 00:33
しろ

◯シリウスさん◯
こんばんは~!
わぁシリウスさんもでしたか!やっぱり気になりますよね。
観劇マニアさん…しろも知ってるブログさんでしょうか。(^^)
保坂さん、私も出会いはアスペクツ…のCDでした(笑)歌い出し聴いて、なんて声!!っ感動しすぎてて呆然としました。忘れられません。
シリウスさんはご覧になってるんですね!さぞすばらしい舞台だったでしょうね~( ´ ▽ ` )
保坂さん、ハ犬伝でも何度か歌うシーンがあって、これも本当に良いのです~!

高橋一生さん、えっ天沢くん!?うわー気がつきませんでした!私も何度もみてるのに!これはまた見直したいです(ノ*゚▽゚)ノ

中村中さん、歌手としての姿しかみてなくて(舞台はガス人間でしたよね?(^^)見たかった~!)、この方の音楽は、いい!
なんだか心に響きます。歌う側だけじゃなくて、劇中音楽を手がける才能まであるなんて!他の音楽も聴いてみたくなりました。これからもこういう形でも舞台に携われるのかな。今後のご活躍もとっても楽しみです(^^)
2011.02.25 [Fri] 11:18
シリウス

> アスペクツ
15回キスシーンがあり、お二人は15回チューと呼んでいたそうです(笑)
1ステージでこの回数ですから、トータルだと何回なんだっ!?スポーツ感覚ですね。私は・・・生涯かかってもこんなにキスすることはないでしょう、間違いなく!!(きっぱり)

> 天沢くん
そうですよ~!声変わり前でしょうか??今のお声とは違うので気づかなくても当然かも、です。私は、声優陣をチェックする方なので名前を記憶していて、スグにわかりました!♪カントリーロード が、ただいまBGM状態です(笑)

> 中村中さん
そう、ガス人間です!よくご存知で☆

ところで、昨日この舞台の動画(ダイジェスト)がUPされていたので観ました。GACKTの『眠狂四郎無頼控』の殺陣シーンも迫力がありましたが、こちらの殺陣のシーンも迫力ありましたね~。再演してくれないかしら?と思いましたよ~。
2011.02.26 [Sat] 14:27
しろ

○シリウスさん○
コメントありがとうございます~!
お名前のところは直させていただきました(^^)

15チュー!(ノ▽≦*)(大笑)
ということは、マチソワあったら1日30回??
一カ月公演だとどうなるんでしょ(きゃー(*ノノ)笑)
ふつう恋人とだってそんなにしないでしょうね!
スポーツ感覚にも大笑いしちゃいました。
準備運動して、ストレッチして(←ほんとにやってるはずなのでなお妙。笑)、
無造作に肩をまわしつつ、さぁ今日も15チューに挑むか~!みたいな(大違)

天沢くん、ああ、声変わり前~(ぽん。)…ってえぇ!!そっかぁそんな年なのですねぇ。
声変わりって、何段階もあるみたいですものね。
天沢くんって伺ってからもう一回舞台を見ても、やっぱり声にその面影をかんじなくて不思議でした。(声の面影もヘンな言葉ですが)

八犬伝のダイジェスト、私も昨日(25日)になって観ました。
これこれ~!!ってそれだけでいろいろ蘇って感動でした。
舞台の冒頭のプロローグ的な場面はそのままほとんど入っているし、音楽も!!(感動)
これは心っ底再演してほしいです。どんな形でももう一回見たい~!
comment form
name:
text:
画像認証: *プレビューなしに送信されます
2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**