**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
2011.12.16   [Friday] 22:48

『GOLD』2回目いってきましたー

1週間ちょっとぶりの『GOLD』、しろは2回目でも、舞台としてはもう回数を積んでいるわけで。
ぶつかりあうカミーユとロダンのバランスが、前にいたときよりもうんと、かみ合ってる感じがしました。
激しくぶつかり合っているんだけど、うまくバランスがとれているというか。
なもので、おふたりの絶唱のすばらしいこと~!

今日は平日マチネにもかかわらず、お客さまの反応も高くて笑い声がたくさん聴こえて、そういうのも心地良かったなぁ

そして、前回目の前にいたにもかかわらず(とゆか目の前にいたからか)、今回あれっと気づいたのですが、
この作品、オケピが下手袖にあります……?
チューニングがそっちの方から聴こえたような。
クリエのピットは舞台奥にあるイメージだったのですが、それってNBのときそうだっただけかな??
えー。
なので、前回、キャストさんが下手袖に拍手をしたのはオケさんに向けてだったかもと思いなおした次第です(白井さんごめんなさーい)

それにしても、石丸さんの「♪震える男」はほんとうに、圧巻!!
ああこの俳優さんすごい人だなぁ~~!!と、今さらなのに、改めて新鮮に、こころから感銘を受けます。
うーん、すごい。
そして、石丸さんロダンの、カミーユを見つめるなんとも言えない視線にきゅんきゅんですよー。
じっと静かに見つめている場面が何度もあるのですが、
観ていて、あたたかかったり、切なかったり、痛ましかったり、いろんな気持ちが湧きあがります。

激しい新妻さんカミーユがお相手だからなお、そう思ったのかもですが、
新妻さんは「動」で表現する人、石丸さんは「静」で表現する人なのかなーなんて、思いながら見ていました。

*   *   *

今回、クリエではリピーターキャンペーン(正式名称忘れました)みたいのをやってますが、
その特典「舞台写真」を今日頂戴してきました~
もう一枚買うと、じゃなくて、2枚持っていればいいというのは良心的でありがたいですね~
それから、今日気づいたのですが、『GOLD』のチケットを持っていて、クリエの窓口で『ジキル&ハイド』のチケットを購入すると、制作発表会見のときのお写真を購入特典でいただける、というのがあるようです。
しろもざっと見ただけなので、くわしくはクリエの情報でご確認くださいませ~


2011.12.16   [Friday] 02:19

遅ればせですが、『GOLD』初日おめでとうございました!(遅すぎ! )
8日の初日の感想の早期upがならず、すみません
明日2回目行くので、感想が混ざらないうちになんとかかんとかまとめたいな~…。
と、いうことで、今回は、初日の帰り道、ipodの瞬間日記(Twitterのオフライン版のようなアプリです)にぽちぽち書いてあったものをやや加筆修正して自分用記録に残しておこうと思います。

余談ですがこの瞬間日記が便利でですねー。
Twitterと同じく上限140字で思いつきをつらつら書きできるのですが、
あらためて140字のしばりって絶妙だなぁ。
短文でもOKで、それでひとまとまりにした、っていう感覚があるので、
脈絡なく、そういえばあれはこうだったなー、あ、あっちはこうだったなー、というのを浮かんだまま、文脈ってなんでしたっけ状態で書けるのが非常に気楽で良いです(笑)
思い付きが尽きたらその時点で即書きやめれば良くて、最後のまとめ的なものもいらず。
こういうのはTwitterもいっしょなんですけど、あえて瞬間日記なのは、
しろ(特技:感想長くなる)が、ついあれこれ書きはじめても、TL埋めてスミマセン~という心配もないからです
でもって、しろ愛用中の瞬間日記Tale→は、通常版のより女子むけデザインになってて、それもかわいくてお気に入り

愛用している間に、だんだんTwitterとの使い分けが難しくなってきました
むしろ、感想を書くって言う点では、ブログとの使い分けも難しくなってきた気もします
瞬間日記に書くと満足しちゃって。ねぇ。(ねぇ。ってナニ)
でも、今までココに残してきた足跡があるので、つなげて、まとめといて残したいなぁというのもあって……うーん、うまーいやりかたは、おいおい考えつついこうっと。

今回、箇条書き感想みたいになってるので、今までお目にかけている感じとはぜんっぜんちがうと思います
元が、他の人に読んでいただくようではないので、ここに載せておきながらなんですが、お目汚しをしてしまったらごめんなさい
いくらか順番直してみたりもしてるのですが、話がとびまくってムチャクチャなところありありですが、そして面白みも何もないですが(汗)
12月8日『GOLD』初日の生感想です。
けっこうネタバレ含んでいると思いますので、ご注意ください

*   *   *

- 祝GOLD初日!
客電ついても、最後のオケさんの演奏中ずっと鳴り止まない拍手。初日大成功かな。

- それにしても、舞台そのものが美しい!美しいとはちょっとちがうかな。
壮麗?豪華!
家のなかを表す白い幕のドレープも調和してて本当にきれい。舞台芸術とはいうけど、あの舞台自体がほんとに芸術!
クリエのステージが広々してた。袖までも舞台みたいだったものね。

- 衣装も、主要な人以外は生成り色中心でナチュラルにまとめられてて、そこに良い発色の主要人物。
それからカミーユの鮮やかな赤が際立つ。
色合い的にもほんときれいだった!美術のひとすごい!白井さんの意向かな?

- セリフ回しが音楽的だとおもった。詩的でもあり。なんだろ。聞いててきれい。冒頭の石丸さんで思い、伊礼さんで思った。
(......追記:石丸さんは途中ほんとに詩節を読んでいるところもあるんですが、他のところも言葉のつながりがなんだか詩的だなぁ~とおもうところが多々ありました。素敵な訳だ~)

*   *   *

- 新妻さんは、やっぱり声がすごくきれい。で、通る。声がきれいな人が必ずしも歌がうまいとは限らないけど、声がきれいな人が歌がうまいと、うーんとよく聞こえると思う。
それにあのきれいな容姿だし、ほんと天職だなぁ。
(......追記:ほんっとうに、話しているだけでも声の響きに聴き惚れるという、これは天分ですよねぇ。
すばらしい!のひとことです。)

- それから、新妻さん、やっぱりちっちゃい!石丸さんと新妻さんの身長のバランスがとても好きだった。だからなお、ふたりのシーンがうっとりなんだなぁ。石丸さんの背がすらりっと高く見える~!

- カミーユはやっぱり激しいひとだった。我が強いし。哀れなひとでもあるけど。

-激しくロダンを愛して、激しく彫刻を愛したゆえに、狂わざるをえなかったひと。そんな感じ。

- それも、両方とも、自分が願うほどには報われなかったから、なおなんだろうなぁ。
最後もロダンを本当に憎んだり、そういう人間だって思ってたわけじゃなくて……いや、思ってはいるんだけど、
それも、ありあまる行き場のない感情を、錯乱して強迫観念にすり替えないではいられなかったからって感じがした。

- でも、カミーユの狂気の中に、鬼気迫るっていうのはあまり感じなかったかなぁ。空恐ろしさとか。根底に隠された恐ろしさ。
激しい狂気にプラス、何だかわからないけど、静かな中にぞっとするってようなところも見てみたい。

- そのせいか、ほんとに狂ってるのか、周りの偏見がカミーユを狂人にしたてあげたのかよくわからなかったかな?それもこのカミーユを主にしてる舞台の解釈としてありかもとは思うけど、30年間病院にいて出られなかったってことは、やっぱりそういうことなんだよね?

- 巨大な天才を持っていたのに女性だったゆえに。かたわらにいた男性が巨大な天才を認められていたゆえに。
激しい一本気な気性ゆえもあるけど、そういう意味で自分が持っていた、本来は素晴らしいもののはずだったものに振り回されて、数奇な人生を歩んだひとなんだなぁと思う。

*   *   *

- 石丸さん、久しぶりに、のびのび歌う石丸さんを、コンサート以外で見た!
震える男は流石のひとこと!
新妻さんとのデュエットも素晴らしかった~。

- 石丸さんが歌った時、なんでかジキハイが垣間見えたような気がした。ああこういう風になるなぁってビジョンが急に浮かんだ。うわぁって劇場を満たすあの感じ。
(......うまく言えないんですが、日生劇場がぐわーっと石丸さんの歌に満たされるビジョンが、イメージ(画像)とその空気感つきで、鮮明に浮かんだのですよ~。ああきっとこんなだなぁと。)

- おヒゲスタイルも、似合ってた~。紳士でした。
声はたしかにちょっと低めだったかな?「熊がうなるよう」とは思わなかったけど。それにしてもロダンって、生きてるうちに相当認められた芸術家だったんだなぁ。珍しい気がする。

- カミーユを助けようとしても、自分自身の大きすぎる名声が邪魔をするっていうのもちょっと切ない。
(......手紙を書くシーン、いたたまれないですよね…。力のあるロダンだから、そういう働きかけができるけど、力のあるロダンだからうまくいかない。)

- 前に言ってた、『愛し愛される役』、久しぶりだったんじゃないかな(笑)。ラブシーンもドキドキですてきだったなぁ。

- それにしても、ロダンは選べないひとだったってことなのかな。
でも、ローズを捨てられないのも人として分かる気がする。空気みたいな愛情というか。もう「恋人」ではないけど、連れ添って来た人。家族。
カミーユは恋人だったんだよね。それを分けるのもどうかなーとは思うけど(^^;)でも、なんとなく、あのカミーユはどうあっても、家族にはなれなかったと思う。向いてないというか。

- カミーユは哀れなひとだけど、男尊女卑の境遇もひどいなとはおもうけど、ロダンとの関係は、なるべくしてああだったのかなという気もする。
自我が強すぎて。
芸術的にも、私生活でも、認められたい願望が人一倍強いのに、決して認められなくてまた願望が強くなる。渇望になる。
思うほど満たされなさも大きくなって、決壊してしまうんだなぁ。

- カミーユの持ってるあの生命力の強さ、エネルギーの強さは、なんだか新妻さんにぴったりの役だなぁと思った。
あふれるどころか、煮えたぎるエネルギー、それを彫刻にそそいだひと。
抽象的な意味じゃなくて、まさにそのエネルギーの受け皿に、注ぎ込むように彫刻を作ったっていう気がする。でないと自分が爆発しちゃうくらいの何かを自分の中に抱えてる。
芸術家って、そういうものなのかもとも思う。

- 自分のなかに留めておけないほどの何かのエネルギーを、形を持たせて外に放出する。
そうすると、自分の外に創ったその形自体が、他のものにないエネルギーをもつ。
そういう風に、ちゃんと「依り代」として何かをつくりだせるひと、表現できる人が芸術家ってことなのかなと思った。
たぶん、ふつうのひとが安易にやろうとしたら、からっぽな形だけが出来上がるだけだけど、力のある人は何かを込められるというか。
彫刻家、画家みたいな形ある物を作る芸術家だけじゃなくて、音楽然り、かも。
そこにこめられる力を感じるから、観る人は気持ちを動かされるのかな。

*   *   *

- それにしても、アンサンブルさんもすーごい上手で粒がそろっていて、ハーモニーがほんとうにきれいだった。
アンサンブルでもったいない!と思うくらい、ソロの歌声もほんとうにきれい。贅沢な舞台だなぁ。

- お母さんのハスキーな声もよかったなぁ。ジャズとかシャンソン聞いてみたい。

- 伊礼さん、ひさしぶりに見たけど、なんだかぐーっとうまくなった気がする!
あれこんなにうまかったっけとおもっちゃった。子音の発音がなんとなくどうも、西洋系な気がする。声の質とかよりも、それで、向こう風だなぁって思うのかな?
(......ルドルフぶりな伊礼さんでした。ルドルフの時ももちろんお上手でしたが、何かちがう気がするというか、なんなんでしょう。おおっ!と思ったのですよ。役者さんってすごいなぁ。)

- 伊礼さん、おじさんになったときうまーく声かえてて、別人かとおもった。うまいなぁ。
(......伊礼さんがおじさんになったみたいで、しろったらほんと失礼ですねー
正確には「カミーユ弟くんが」です)

- カーテンコールで、視線が行ったけど袖からでてこなかったのは白井さんかな?
俳優さんもしてるのに、演出してると舞台でるの恥ずかしいのかなー?(笑)
今回も、白井さんの、変化する舞台になるのかな。それもたのしみ!
(......キャストさんが一斉に下手袖を向いて拍手をしたけれど、特に誰も現れなかった、というのがあったんですね(笑)兵士のときだったか、みんなに引っ張られるようにして出てきたイメージがあったので、白井さんかなー?と思ったんですが、ちがったらごめんなさいー
ちなみに、客席にいらしたワイルドホーンさんはその後舞台に呼ばれて上がってました。
はじめ新妻さんが通訳をされた時、「(ワイルドホーンさんに聞いてみて、)ご挨拶はとくにないそうです(笑)」って言ってておもしろかったです(笑)
その後、本業でついていたと思われる通訳さんを介して、改めてお話されてました)

- 見て満足、聞いて満足の貴重な舞台。
あの主要メンバーは、これクリエで聞いちゃってよかったの??てくらい。もったいないような気もする。あの密な空間で。ほんとう贅沢だ。
(......これクリエで~のくだりは、よくあのキャパでやってくれたなぁ、ってことですほんっと贅沢!
クリエやるね!!←だからなんで上から!
ほんといつもクリエでは良いもの見せてもらってますー良いイメージしかないなぁ。大好き!)

*   *   *

こんな感じでしたー。

書き忘れてるのが、
・冒頭、客電がついてるうちに石丸さんが出てきてびっくりした!
っていうのと、
・カミーユさんがこれでもか!というくらいにソロで歌ってくれる!
・カミーユさんが本当に破壊しててびっくりした!(やーほんとに。あれって毎回用に作ってあるのかな??)
ということなのですが。

冒頭は面白い演出だなぁと思いました
もともと、アーチのない舞台の作りもあって、なんとなく舞台と客席が一体化してる空気があり、
さらに、客電がついている、客席=現実・日常のままの空気のところに、ロダンがすぅっと段差なく入りこんできたところがら始まるのもあり、
現実と物語のはじまりが混沌としているというか、不思議なくらいすっと溶けていくというか、そういうのがほんとうに感覚としておもしろかったです。

もうですね、舞台そのものが美しいし出てる方も美しいしお歌も美しいし、いろんな意味で美しいものに満たされて大満足でした。
舞台そのものが一幅の絵、彫刻。ほうっとゆっくり観賞したくなる作りですからね~
じっさい、ついつい、中央通路から全体&まじまじと近くまでも見に行ってしまったのですが、近くに行くと、手が(注:彫刻)ごとっと転がってたりしてなかなかシュールだったりもするんですけどね(笑)

うーん、それにしても、我ながらほんとナマ感想だなぁ!(笑)
飾り気も何もなく、話も飛び飛び……
でもこれはらくちんだー(こらこら)
夏の『ロミオ&ジュリエット』とかも瞬間日記にたくさん書き連ねて入ってるのですが、そういうのもこの形で残すのもありかも…?
ひとまず、これで心おきなく明日カミーユさんとロダンさんに再会できます!
いってきまーす


2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**