**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
2011.05.30   [Monday] 20:27

レミゼレポの前にお知らせです。

BBSにLEOさんより情報いただきました~
LEOさんいつもながら、ありがとうございます!
お知らせいただいた歌舞伎モバイルのリンクはコチラです。
携帯からの方はそのままどうぞ♪
PCからご覧になってる方は、↑のリンク先にあるQRコードを携帯で読みとってご覧くださいませ。

「歌舞伎俳優情報」の、
●かぶき交遊録
のとこに『GGR』情報があります。坂東さんと石丸さんの対談&お写真付き
あ、ひょっとして携帯からの方は、ここから直接飛べるかな?
坂東玉津五郎×石丸幹二『G.G.R』(前編)

pastraleさんでもお写真出ましたが、やっぱりオヒゲヒゲ~なのですね
しかも今まで見たどのヒゲ役よりワイルド??(ヒゲ役て!)

GGR公式Twitterさんによると、みなさんのスーツ姿カッコよすぎじゃないですか?らしいですし(そりゃもー、もちろん石丸さんもカッコよすぎでしょうとも)。
カッコよすぎてダメだしの出る衣装合わせ!ステキすぎです(笑)
たのしみですね~!

改めまして、LEOさんお知らせありがとうございました~!


2011.05.30   [Monday] 18:23

5月のカレンダー←がおそろしく白い!!
ということに今さら気がつきました。
スタート時から、ひと月にupする記事数=ヒトケタというゆるゆるブログのため、どうもいまだに日記の機能は果たしてない気がします
……まあいっか、カレンダーうめるためのブログじゃないものね!(←開き直りと言います)
こんなところですが、日々遊びに来てくださるみなさま、思いだすとひょいっと覗きにきてくださるみなさま、ほんっとうにありがとうございます。

それにしても、ぜんぜん近日中じゃなくなりました
有言不実行ですみません。
先日観に行ったレミゼもなのですが、その前に観た、これぜったい書かなきゃ!!な作品があるのでそちらを先に。

ハイ。
しろよ、いったいアレはどうした。
の、アレですが。えええっと、忘れてたわけではないのですよ。ほんとに。(むしろ、来てくださってる方の方が、前過ぎてとっくにお忘れになってる話題かもしれませんが)
ひっぱろうと言うつもりもなかったのですが、おもいっきりひっぱってしまいました。その間約1か月(ヒドイ)。

かるーく1ヶ月さかのぼりまして(さかのぼりすぎ!笑)
4月24日です。
in京都です。
京都の旅、メインその2の話です。

じつはワタクシ、2年を超す片想いを、このたび京都で実らせてきました!
約600kmの距離をおしかけて……追いかけて、彼に会いに行ってきました!

ちょっと強引なひとなんですけど、忘れられなくて。
こっちに帰ってきてくれることを願ってたんですが、もう待ちくたびれたよ。
ふとしたときに、声がききたくなっちゃうし。
会いたいなぁって思っちゃうし。
きっとこの連休は、このためでもあったんだと思うことにして、会いに行くことにしました。

お出迎えの人に言われるまま彼のうちに入ると、お迎えに赤い絨毯を敷いて待っててくれて、
階段を上っていくと、正面に、彼が。

彼が。

2011.5.30


どーん。

え?
「途中ですぐ読めたよ!!」?
ですよねー

でもウソじゃないですよー
ずーっとずっと、会いたい観たいと願っていた、ちょっと(?)強引な人をはじめとする(彼女含む)に会いに行ってきました!

長い念願ようやくかなっての初オペラ座!!
これが今回の京都の旅メインその2でした。
ほんっとうにわくわくしたし、どきどきしました。感動でした。
恋焦がれたものがやっと目の前に!!
この日のことは、きっとずっと忘れないだろうなぁ~。

京都劇場、後ろの入り口から入ったので、入ると舞台全体がざっと見渡せるのですね。
このつくり、良いと思うなぁ~!
シャンデリア!豪華絢爛のアーチ!舞台は薄い幕が幾重にも、で、あそっか、オークションからなんだった、と。

この日は、
高井さんファントム&沼尾さんクリスティーヌの金曜ロードショーコンビ。
ラウルは中井さんでした。

しかし、映画版はかなり観てますが、やっぱり違うなぁ!とひしひし感じる3時間でした。
どっちがいいとかじゃなくて、すっごく新鮮でおもしろかったです。
音楽とかストーリーはもちろん同じですけど、細部のセリフとかちがうし、情景も演出もちがうし。
生の音楽の力、なんというか、役者さんの生気というか「圧」を感じる舞台。
思い入れもあり、そういうのがびしばし伝わってくるのもありで3時間涙腺緩みっぱなしでした(笑)

*   *   *

冒頭はオークションですから。
老ラウルの哀愁が……。ううう。
年をとったから、っていうだけじゃない老い方ですよね。(中井さん自身は若いけれど)
オルゴールの「♪マスカレード」で第一の感動の波が。
シャンデリアと幕が上がって行くところ、あの音楽!なんとも言えない高揚感。
映画だと、モノクロから極彩色に変わっていくこちらも劇的なシーンですけど、幾重もある幕がすっ、すっとあがっていく、すこしずつ舞台奥が見えてくる、これもいいなぁ~!

そこでわぁ~!と感動してたのですが、その直後カルロッタ登場ですからね。
まるでカルロッタ登場に感動してるみたいでちょっと微妙(?)なしろ。(笑)
カルロッタは種子島さんだったのですが、メイクがコミカル!
なんだか愛嬌満点で、「♪プリマドンナ」のところの「あのチビがいい~のね!」のあとだったかな?
ほっぺを膨らまして、ぷんっ!てやっててかーわい~!と思っちゃいました
愛らしいカルロッタですね。
ピアンジの橋元さんはピアンジのわりにスマートな方で、ファントムに「せめてやせてくれなくては」って言われるとこでは、ファントムてばどこまでやせさせたいの?(じゅうぶんじゅうぶん!)ってつい思ってしまう感じでした(笑)
そしてとても若そうなピアンジなので、ストーリーは知ってるのに(というか知っててピアンジのイメージがあるからなのか)、
数回、ピアンジじゃなくてカルロッタの若い恋人??て思ったり……(こらこら)

*   *   *

沼尾さんクリスティーヌ。
沼尾さんは『ウィキッド』で拝見したことがあるのですが、グリンダと全然雰囲気ちがくてびっくり!
『ウィキッド』は遠くでみたんですが(笑)
ちっちゃい!細い!肌きれい~!お人形さんみたいでした。
フランス人形より、お雛様とかそっちの雰囲気で。あどけない感じ。
沼尾さん、なんとなくしっかりさんのオーラがあって、夢見るように頼りない女の子、にはあまり見えなかったような?そういうぽやぽやしている感じはあまりなくて。
お人形のような空虚感で、無表情でぼんやり虚空を見て、まばたきもゆっくり。
「とりつかれてる」感じ、「青ざめて」とか、どこかはりつめているような硬質な雰囲気は感じて、後半からまさにはまっていてすごく好みでした!
「あの子、あたまが変よ…」あたりからが。
からっぽなガラスのような、精神的にぎりぎりのところ。奇妙な緊張感。
なんだろう。弱々しい人が、くらくらっと壊れそうなのとはちがって、ナイフのようなというか。
もとからの空虚感がすごくマッチして、ちょっと空恐ろしいくらい絶妙でした。

*   *   *

中井さんラウル、若々しい!
なんていうんでしょう。溌剌としたラウルで。
「♪かわいいロッテ」は、あははラウルってばプレイボーイっぽいですよ!(ぷぷ)て思っちゃいました(笑)
あれ?なんででしょうね?(笑)
そりゃファントム怒るわーって。
貴公子と言うよりか、スポーツマンな雰囲気でしょうか。アクティブな。
でも、ダンスはちょっとニガテそう……??(こらこら)
なんとなくぎこちなかったようなー?たいそうほほえましうございました
「♪マスカレード」は、クリスをリフトするバージョンとしないバージョンがあると聞いたのですが、ご覧になった方、この回はリフトするバージョンであってますでしょうか?(聞くなー)
中井さん、後から知ったのですが、京都でラウルデビューされた方だそうですね!
髪型のせいか、ちょっと友医師さん(NB)に似て見えたのはしろだけ?(笑)
熱くてまじめで一生けんめい。しかししろはおじいちゃんラウルが妙に印象的でした。
それから、「♪all I ask of you」でクリスをじっと見て(クリスはぼんやり虚空を見てるのに)、ふわって幸せそうに笑った顔が好きでした~
ドン・ファン前の「あ、そうなのか~」(ここ、聞くたび難しい音だなと思います)のあとでクリスにお願いするとき、とっても華麗にひざまづいてました。
観てみて、そういえばひざまづくラウルとそうでないラウルといるって聞いたような気がするな~?って思ったのですが、このシーンのことでしょうか。違うのかな?(←いろんな人の感想見すぎ。笑)
ラウルの水中飛び込み、あんな風になってるんですね~!
あの動く階段おもしろいなぁ。
そして、ラストのクリスの「私のこーこーろ~♪」で首つられてるのに、やっきに向かってこうとする姿にきゅーん。(ここの、ファントムの手が激しくぶるぶるしてて、感動がちょっとコミカルになったのはナイショってことで。笑)

*   *   *

しかししかし、ラウルファンのしろですが、今回観て最大に強烈に思ったこと。

やっぱり、これはファントムの物語なのか。

ずっとラウル派だったのですが(もともとラウル観るためにオペラ座の映画観たようなものですし。笑)
やっぱファントムかわいそう…。とファントムに同調してしまいました。

高井さんファントムの歌声魔力もあるのでしょうか。
高井さん!!噂には聴いていて、ぜったい一度は観たい聴きたいと思ってましたが、いやーすごいですね、ほんと。何ですかあの声!
「クリスティーヌ♪」「ブラーヴァー、ブラーヴァー♪」から、声にぐぐぐっと惹きこまれる、ほんっとうに不思議な声です。
クリスティーヌが歌声でくらくらっとしてしまうのがリアルによく分かります。
単純に、うまい!っていうのとは違うのだろうなぁ。声質??
深み、広がりがすごい。華やか。魅惑的。
どこから出てるんですか!?と思ってしまいます。いやはや。

あのストイックな衣装もやっぱり素敵だなぁ
写真で見てたときは、ふしぎな帽子だなーと思ってた帽子(笑。つばのあるあれです)も、あの帽子姿のファントムにクリスが手を引かれてくのとか生で見ると、ふつうにファントムかっこいい!ってどきどきしました。
あのシーンはどこまで影だったのでしょう。最後の船までずっと??今度たしかめたい~!
映画みたいにきらきら豪華絢爛映像美!とはいかないですが、やっぱり舞台の演出もすごい。
スモークもくもくが本当にきれいで感動しました。
きれいで、幻想的。あの世界観の美しさですね。演出家ってすごい!
水面みたいに揺れながら、ふわーっと降りてくる情景。そのスモーク越しに見える世界の美しいこと!
その中で高井さんの歌声がですねー。背骨をつかんではなさないというのか。
きっとクリス=音楽の中で生きてる人だったら、すごーく敏感にそういうのうけとるだろうし、ふらふら~って我を失うのも分かる気がするよねぇ。って、ほんとうに展開に説得力があります。
高井さんの声って普通の人にもある程度、そういうちょっとした魔力を感じさせるような。
ささやくように繊細なのもきれいだし、ぐわーってシャウトすると迫力。
変幻自在でなんだか余裕しゃくしゃくなのが、すごいなぁ。

高井さんファントム、あまり表情がないのですが(隠れてるのもあるけど)、なんでしょう。冷めてるというか。生あたたかい感じ?
そのどこか「超越してる」感じも、ああファントムか~と。
人と別次元の、人であって人でないような。
じっとして無言だと、色を感じない人なのだけど、歌い出すと途端にわあっと華やかに見える、強大に感じる、っていうのもそう。
ファントムのすべての力は歌にあるのだなぁ。表現のすべては歌の中に、といいますか。
感情の見えない表情なのに、歌の中の感情はすごく起伏に富んでて、そのちぐはぐさ、齟齬、ギャップも、天才。
人の中で生きられなかった天才。かなぁ。

飢え。渇望。怒り。でもすべてに対しての諦めもあり。
高井さんファントムは、怒れるファントムでも、どこか紳士的。学者風というか。気難し屋?
あまり外にぶちまける感じがないので、なおさら考えてしまったり、それでさらに同調してしまったり。
きっと、このファントムは、ラウルさえ出てこなかったら、じーっとクリスを見守って、成功したら喜んで、ずーっと影の存在でも満足してたんじゃないかな。クリスを手に入れたいなんて、思ってもみなかったんじゃないかな。
もしかして、ラウルと対決してても、どこか諦めをもってたのじゃないかなとも思いました。
ラウルを小僧ってあなどって、ばかにしてても、どこかライバルって認めてて「お待ちしてたぞ」は本心だったりして?とか。
真っ向から向かってくる人間を、それはそれで求めてたのかな。だって、やろうと思えば簡単にひねりつぶせるくらいの力はあったはず。
ラウルへの憎々しさをあんまり感じなかったからそう思ったのでしょうか。
ジェリーのファントムみたいな、獰猛な凶暴な、憎しみ、怒り、そういうのじゃなくて。
クリスを手に入れたいと思いながら、ラウルが自分に向かってくる勇気があるなら、自分の手からさらっていく強さがあるなら、クリスをさらって幸せにしてくれればいい、って心の裏の奥底で思ってたりして。
そういう相反する気持ちを考えてしまうようなファントムでした。なんだか哀しい気配のファントムで。

舞台は、というのか、あれは高井さんの「間」なのか、すごーく「間」が秀逸だなぁ!!と思いました。
しーんとした「間」。これで、ファントムの気持ちがぐっと近づく(共感する)場面がいくつもありました。
ドン・ファンで前に出てきたとき、クリスティーヌと向かい合っての少しの間。
それで、今まで思ったことなかったんですが、ファントムの「♪all I ask of you」がせつなかった~
その「間」で、ファントムが必死に、その優秀な頭脳でいろいろ考えてるように感じました。
どうしたらついてきてくれるんだろう、って。
そうやってぐるぐる考えて、クリスを手に入れるためのもう手段選ばずにでてきたのがこの歌(=ラウルの歌)だなんて~(涙)
無意識にでも、勘と言うか本能というかで、ここで口をついて出てきたのがラウルの歌でも切ないなぁ……。
それから、ラスト。ラウルの首のロープを切る前。固唾をのむ間があります。
何考えてるか分からないファントムを、じっと見守る間。
こう思ってるのかな、こうかなって感じとろうとする間になるので、その後のファントムがすごく哀しくなります。
言葉も音も、動きもいらなくて、でもたくさんこもっててたくさん感じる絶妙な間。
映画ではあれはないなぁ。
映画って、そういう間で表情を追ってたり、背景があったり、なにもない「空」なところがないので。
あれが高井さんの間なら、高井さんはすごいと思います。
ファントムに感情移入する間。
ちがうかな。ファントムの気持ちが流れ込んでくる間かも。

その後の「行け、行ってくれ」は魂の絶叫。声がすばらしいのでなお痛々しいです。
船でさっそく歌ってる恋人たちよ……ちょっとヒドイ……(初めて思いました)

しろにとってはあれはこの作品のベストエンディングなのですが、それでもファントム切ないなぁと思ってしまいました。
でも、あれがベスト。
あの切なさ、神秘。謎を残したラストだから、こんなに惹きつけてやまない作品なのじゃないかなぁ

しろはオリジナルの「オペラ座の怪人」(ガストン・ルルーの)のファントムの最後…というか最期が、じつはとりわけ大好きなのですが。
ファントムファンには怒られてしまうかもですが、完全な魂の救済。
ミュージカル版とは(いろんなひとが)人格がちがうので、ああはならないでしょうけどね

それにしても、今回生で見てやっと、ファントム派の方の気持ちがちゃんと分かったような気がします。
そうなるようになってるんだなぁ。
まして、ファントムの歌がすばらしくてほんとうに入り込めるし、生の熱量はすごいですし。

観終わった後、今すぐも一回見たい~!!と思ったけれど、この日はマチネのみ。(ソワレ行ったら能楽堂行けないしね!)
3時間前にもどりたかった……(ムリです。)
ほんとうに、念願かなってのオペラ座。大大大感動で、本当に行ってよかったなぁ~。
はやく東京に戻っておいで~!!(ぜひともっ)


2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**