**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
2011.04.01   [Friday] 22:34

みなさまこんばんは。
ついに今日から4月!新年度ですね。
新入生・新入社会人のみなさま、おめでとうございます
新しい生活をはじめるには、大変なこともあるかもしれませんが、それ以上にたくさんの幸が降り積もりますように!

*   *   *

さて。
いまさらですが、(ほんとだよ!)
『日本人のへそ』東京公演千穐楽おめでとうございました!

最後に観た2回前方席に座らせていただいて、そこにきて肉眼でで表情がちゃんと見えるようになったので、終盤になってからの発見もたくさんあって、面白かったです

石丸さんでは、やっぱりヘレンをやり取りするシーン。
背中を向けて、床に着いた手ががくがく震えてるところ、これは前から見えてたのですが、
顔をあげたとき、喪失感……うーんちょっとちがうかな。
すごくせめぎ合うものが見えるのだけれど。「あんた」ってやさしく言われたときに、その葛藤がふって緩んで、「あ、捨てられたんだ」って脱力感のような。すっと引いていく感じがしました。
それから、ふっとため息をつくような小さな笑い。自嘲、諦め、安堵、寂しさ、いろんなものが見えるみたいでした。
その小さな笑いはまだ暖かさがあるのに、その後視線を床に落したときのもう一回の笑いは、ワルっぽい笑いでした。にやり、の笑み。
それからお財布に手をのばすときにはもう覚悟のかたまった表情。
その表情と雰囲気の移り変わりがつぶさに見えて、ああこんなかおをしてたのかー!と今さらながらびっくりしました。
トークイベントのお話があったのでなおさら注目してしまったのですが、この移り変わりはすごい好みでした。(←深読みできるの好き)

それから、やくざのお屋敷(?)で、荷物を右に置くか左に置くか、のシーンで、「ぷーん!」てするところ。
単に口を尖らしてるだけだと思ってたのですが、あんなヘン顔(←失礼)してるとは!
石丸さんてばいつの間にそんな顔芸まで習得されて……!!(違)て吹き出してしまいました。
いやー近くで見られてよかった!(笑)

顔芸(?)と言えば、そのやくざのシーンの明星さんのチンピラ(この方はこの表現で合ってます?)、すーごいメイクだなーとは思っていたですし、何度か拝見して、ある意味終盤には見なれていたはずなのですが。
千穐楽のときに、ちょうど正面くらいの位置で拝見しまして………いやー、近いって、すごい!(笑)
やっと、あの強烈さの真の力を知ったと思いました。
だってほんとうにすごいメイク(というか眉毛?)してるんですもん!!(笑)
なじみの顔なのに、まじまじ見て吹き出さずにはいられませんでした。
まじまじというか、もう、目がどうしても見てしまって(笑)
明星さん、すごい女優さんだなぁ。いろいろとすごい。パワフル!
しかし、楽の日に気づいたのですが、膝にテーピングをされてて大丈夫かなぁと……
うう。八百屋舞台は足腰にくるっていうお話でしたものね
全国公演、どうぞ、がんばってください。

千穐楽、本当におめでとうございました。
一時はどうなることかと思ったこともありましたが、千穐楽を迎えられてほんとうによかったなぁ、と思いました。公演を続けてくださって、キャストさん、スタッフさん、本当にありがとうございました。
いろんな意味で、ずっと忘れない作品になると思います。
今この時に、この作品がかかっていたことに、とても意味を感じました。
日本人の強さ、たくましさ、したたかさ。地をたしかに歩いている人。
このお話は、戦後強く立ちあがってきた昭和の人の姿なのですよね。
力強いエネルギーをこれでもか!とばかりに発散してくる舞台にほんとうに力づけられました。
痛烈な社会批判も入りながら、それをシニカルに笑い飛ばしちゃえる軽妙さもあって。
ああ日本人てこうだよねぇ、っていう皮肉と、それ以上の愛情、愛着を感じました。

いま、舞台の公演をすることは、それから観に行くこともですが、今までの「ふだん」以上に、物理的にも心理的にも葛藤があったりなんだか遠慮があったり、ほんとうにいろいろあると思います。
でも、その中でやってくださって、ほんとうにありがとう。
たぶん、いまだから、パフォーマンスをする・パフォーマンスを観ることに意味がある、ってこともあるのじゃないかな。

これから全国公演をご覧になるみなさま、ぜひ、めいいっぱい楽しんでくださいね。


2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**