**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
2011.01.13   [Thursday] 00:01

さすがに、1か月前になる前に……ということで。

12月17日は何があったか覚えてらっしゃるでしょうか。
金曜ロードショー特別編『オペラ座の怪人』があったのですよねー
高井さんファントム、沼尾さんクリスティーヌ、佐野さんラウル
放映前にきゃっきゃ騒いでたわりに、その後沈黙を守ってたわけですが。(笑)
忘れていたわけではありません!
ずっと書こう書こうと思ってたのです。が、なんやかやにおされて気づけば1月も半ばになろうという……
まあいつものことですが

そんな四季吹き替え版特別編!
結論から言って。
…………。
満足ー!!
はい、満足

一番違和感なさそう?と思っていたクリスティーヌはやっぱり一番違和感なかったです。
映画オリジナルのエミー・ロッサムは、当時ほんとに10代なのに、さらりと大人びた歌声。ということで、沼尾さんの方がかわいらしい雰囲気のクリスティーヌの声でしたが。
ソプラノの声は、声あてててもけっこう違和感ないみたい。
可憐なクリスティーヌでした
違和感はなかったけれど、印象はちょっとちがって感じたかな。
より夢見がちな、頼りない女の子に見えました。

高井さんファントム。
たぶん、声質というか、歌的にはこちらが一番オリジナルのジェラルド・バトラーさんとはががーんとちがうはず!なので、身構えてました。
さぁかかってこーい!とばかりに聴きはじめ。
……ん?………あれ?
意外にも、違和感ないじゃん~~!!(えーっ!そんなのありですか!)
いやもーびっくり。
なんでしょう。ちがいすぎて違和感とかじゃないから逆にかな??
まるでジェラルドが超美声で歌っていらっしゃるかのようでございましたよ。
それにしても高井さん、たはーほんとこれぞ音楽の天使です。聴き惚れます。
クリスティーヌがファントムの歌声にくらくらっと引き寄せられることに、ものすごい説得力。
映像も相まって、まさに魔性の歌声。
魅惑のジェラルドファントム+高井さんファントムの歌声って、それはもう敵う者なしです。
しろは、ジェラルド本人のロック的な、歌うというか演じるような歌も個性的で好きですが、やっぱりオペラ座にすんでて、「音楽の天使」だったら、こういう感じかなぁと思ってしまいました。(ジェラルドごめんね)
ゴシック的な映像美に、高井さんの豪華な歌声がぴったり!
ほんとうに美しい世界でした。

それから、佐野さんラウル。
「♪あれは~クリスティーヌ♪」のロマンティックなシーンで、
ぷふふと笑ってしまったのはやっぱりしろでした。ごめんなさい~(なんというやつ!!)
いやいや、佐野さん良い声してますよね~。佐野さんビースト見てるのでかなり愛着もあるのですよ。
歌いだしで思わず笑っちゃったのはともかく、聴いてると、惚れぼれです。
でもやっぱしパトリックの歌声の印象が……強すぎるのですよ、映画版ラウルは
パトリックなのに声がちがう~~(ぷぷ)ってついつい。
各国の吹き替えもyoutubeでちょこちょこ聞いたけれど、しろはパトリックの歌声が一番好みだなぁというのもありまして。
甘い歌声&超絶お上手です。主要3名の中で、パトリックはもともとミュージカル界の方ですものねそれはそう。
そんなでパトリックラウルに思い入れがありすぎなしろは、佐野さんの声がどんなによくても、歌がどんなにステキでも、どうにも頭の中でつながらなかったのでした
……ということで、意外にも一番「ザ☆吹き替え」感があったのは、ファントムじゃなくてラウルだったという結論。
でも佐野さんの声が聴けたのはよかった~
佐野さん、今度はファントムで見たいなぁ。

*   *   *

しかし、四季オリジナルの「吹き替え用じゃない」歌詞&セリフをあてているので、口ぱくが合わないのは必至です。
それもあって、映画を見ているというよりか、「音楽・音声と一緒にイメージ画像をお送りしております」風だった、というのはいっしょに見てた母の弁です。(母ったらー)
うーむ、しかしあながち間違ってないかも
でも、CDだったらどうがんばっても音だけ。ですから、イメージ画像としてでも(違うから)、今回の特別企画には感謝かんしゃで本当にやってくださってありがとう~~です。
まさか、今になってこんなふうに吹き替えやってくださるとは思わなかったですもん。
字幕は字幕の良さがありますが、吹き替えでまっすぐ聴けるのはまたどこか違って感じるもの。
何度も見てる映画なのに、無性に感動してしまいました。
ぜったい永久保存版です
すてきなコラボをどうもありがとう


すてきなコラボその2で、先日新妻さんの『サウンド・オブ・ミュージック』がありましたが、こちらは歌はオリジナルのままだったのですね。聴いてみたら、あらら?ってなりました。
吹き替え新妻さんだったから、てっきりてっきり。
しかし新妻さんは普通に話すだけでも綺麗な声です。こちらも永久保存版♪

*   *   *

ほんとはもうひとつ、オペラ座話があったのですが、今日はそろそろタイムアップです
もうひとつは、また今度。


2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**