**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
また、会いに行きます。
2010.11.06   [Saturday] 01:21

はっ!と気がつけばネット上から隠遁生活送ってました
みなさまお元気でお過ごしですか? しろは元気です(笑)

エリザベートの大千穐楽から、はや1週間なのですね!ほんとに早いものです。
ちょうど、そこからすっかりご無沙汰してしまったので、どうしたどうしたまさか黄泉についてっちゃったのか?と思われた方がいらっしゃるかもなのですが、(ついていけるなら行きたいとこですけどもっ!笑)
今になってようやくまとまった時間がとれました~!
ということでした(笑)
ひとまず、今日は、さくーっと時間を巻き戻しさせていただこうと思います

10月30日 『エリザベート』大千穐楽
おりしも台風接近の日。
文字どおり、大きな嵐(と感動)を呼んだ千穐楽でした。
3ヶ月ロングランの大舞台の、さいごのさいごの回。
ほんとにほんとに、行ってよかったなぁ~~
舞台の熱と、客席の熱と、ほんとうにすごかったです。これぞ千穐楽!という。
しろはこの回、帝劇初A席で、どんなものかしらー?と思ってたのですが、座席が段々になってるので、多少遠目でも、とーっても見やすかったです
よかった~~
この千穐楽にとれたことに感謝。(pastoraleさんいつもながらありがとうございます。)
お休みもらったことに感謝。(&陳謝)
このすてきな舞台がかかっているときに居合わせることができること自体に感謝、のとっても貴重な時間でした。
ほんとうに、いろんなみなさまに、いろんなものに、どうもありがとうございました。

この3ヶ月の集大成!な千穐楽の感想にしてはちょっとずれちゃうかもですが、
朝海さんシシィが前回観たときに続き、またぐっと変わって見えました。
感情が豊かに感じられて、かわいらしくて、ほんとうに、はじめのときからの朝海さんシシィのイメージが終盤に入ってかなり変わった気がします。
孤高の皇妃さまではなくて、孤独でさまよっているような風情でした。
以前のきっぱりと硬質な硝子を思わせるシシィ、というよりも、その悲しさとか情の部分がよく見えたような気がしました。
最後の最後のここにきて、また変わるのですね~!なシシィでした。
「♪夜のボート」はじんわりじんわりしました。
ここ、いつもだと、シシィったら、もちょっとフランツを見てあげて~~っ(涙)てついついフランツに肩入れしてしまうのが常なのですが、この回はシシィにも、ほんとに悲しい人なのだなぁ(ほろり)、と思いながら観てしまいました。
朝海さんの独特の、人の気配の薄さ(うーん、うまく言えないんですが、「生々しい」の真逆な感じで)が、ここまでは皇后の気品、このシーンではまたちがって発揮されて、
消えてしまいそうに悲しげな皇妃さまに見えました。

*   *   *

トートさまは、もう変化と言うよりやっぱり進化。深化
うわぁ~!っていうところがあっても、チャレンジングな感じよりも、安定感を増してる気がするのが不思議です。
やっぱり「♪最後のダンス」では即興してました。すばらしかった~~!
あの、帝劇じゅうに響き渡る、むしろ帝劇じゅうを包み込んでしまうような歌声はほんとうに圧巻です。
何回聞いても、じーっと聴き入って、どきどきして、やっぱり石丸さんすごい~~!!と飽きずに同じ言葉で感動してしまうナンバーでした。
石丸さんトートの最終形態、ほんとにほんとに、見守れてよかった
それを心の底から思います~
最後のこの日、こんなふうに感じました~!を、この日見るまでは書きのこす気まんまんだったのですが、うまく言葉になりません。
石丸さんの深化をコトバにするには、もう、しろのボキャブラリーが足りないのだと思います
新鮮な「こうなのー!」が、聴き覚えのあるコトバで尽くされないように、
あと、感じたものは感じたもので、ムリにコトバにしなくてもそのまま覚えてればいいのだよ、しろ。
ってことで、書き残さなくてもいいかなーって
記録至上主義(てほどでもないですが)なのに珍しい!(笑)
「そのまま」をずーっとそのまま覚えてるのは、むずかしいです。
だから、日ごろ、いろいろ感じたものを書きたくなって、書きのこしといて、ってしてるんですけど。
でも、うまく言葉にならないものをムリに書いたら、それも「そのまま」じゃないものね。
なので、がんばって、これは感覚でずっと憶えてようと思います

いくつか、コトバになったものを断片的に。
なんだかはじめの方から、大きくてあったかい雰囲気をちょっと感じる時がありました。今それを思い返してて、なんとなく、ああ千穐楽だったんだなぁって思いました。
最後のさいご。シシィを棺にしまうとき、なんとも言えない目でシシィを見てました。どんな色だったのかなぁ。静かで、ふくざつ。どういう風にも見えるし、どれもちがう気がする。
とっても印象的でした。
石丸さん、どんな想いをこめてたのかなって、聞いてみたい気がします。

*   *   *

そして、フランツ禅さん。
すごかったー!!
「血を分けた息子に…」のとこなんて、静かなのにすごい迫力でした。
迫力っていうと何かちがうかな。
想いが迫りくる感じがしました。
禅さん、シングルキャストの3ヶ月、ほんとにおつかれさまでした!
長くやっている演目で、今回シングルでこんなにずっと舞台に立っていて、
毎回コンディションもちがうことでしょうに、いつ見てもベストコンディション!今日は初演!かのような、ぎゅっと濃密な演技とお歌と、ほんとうにすばらしい役者さんだなぁと観るたびに思いました。
おかげさまで、観る前はややアンチ・フランツ派(いや、イメージでだけの話ですがー)だったしろも、立派にフランツ大すきになりました(笑)
途中でふと気付いたのですが、オペラ座でラウルファンのしろが、フランツ好きになるのはごくごく自然でしたー!ってことでした。(笑)
今回はなにしろトート閣下に支配されてましたが、
これ、石丸さんがトートやってない時にエリザベート見てたら、途中からしろの目線はどうだったんだろと思ったり

*   *   *

浦井さんルドルフ。
天を仰ぐ時間がすこしいつもより長めで、引き金を引くまでがさらに無造作な感じで、やっぱり印象的なルドルフでした。
ルドルフと言えば、革命の時のルドルフ勢&トート勢のダンスがほんとうに双方かっこいいですよねぇ~!
あのシーン、もっと引き延ばしてほしいくらい
ルドルフが疲労困憊しそうですが
トート閣下にも、えーっ!て言われちゃいそうですが(笑)

*   *   *

カーテンコールのご挨拶は、エリザの公式ブログで、当日中に(!!スタッフさんに拍手)upされてましたね。
キャストさんたちの、ほっとした安堵感、やりきったっていう充実感、それから寂しくなるなぁって気持ち、たくさんたくさん伝わってきました。
観ていて、角度はちょっとちがいますが、同じようにいろいろ感じました。
やっぱりですね、石丸さん、ほんとうにおつかれさまでした。
こみ上げる気持ちが声ににじんだように感じるところもあって、
聞きながら、なんだか初日観たときのことが、ぱっとよみがえったりもして、
エリザベートという作品の重み、3ヶ月の時間、もっともっとたくさんのこと、いろんなものがぎゅーっと感じられて胸がいっぱいになりました。

石丸さんの挑戦いっぱいの新たな「トート」
1公演3時間の舞台を観るほうが知ることはないですが、
演じるかたはきっと、その何十倍かそれじゃたりないくらいのたーくさんの時間をかけて、思いをかけて、試行錯誤もたくさんして、なのですよね。
知ることはなくても、そういう産みの苦しみがあるのだろうなぁってことは、分かります。
でも、同じくらい楽しさとか充実感とかもあるのだろうなぁとも思います。
しろが知ってるのは「3時間」の中ですが、舞台で石丸さんがいきいきトートを演じるところが見られて、聴けたことが、ほんとうに幸せでした。
すてきなトートに、きゃーっていうのだけじゃなくって、
石丸さんいきいきしてるなぁ~っていうのも舞台を見る楽しみでした(笑)
石丸さんありがとうございます~~!!です
ひとつひとつあげたらきりがないくらい、たくさんの、いろんな「トートの一面」に毎回どきどきわくわくしました。
まさかのトート閣下を、あんなふうに自分のものにしちゃう石丸さんに、あらためて脱帽でした。
充実した3ヶ月をありがとうございました!
ほんとうにおつかれさまでした。
今、充実感いっぱいでお休みをたのしんでますように~!
次の舞台も楽しみにしています。

最後になってしまいましたが、
エリザベートキャストのみなさま、スタッフのみなさま、
3ヶ月間、千穐楽、すばらしい舞台をどうもありがとうございました!
ほんとうに、おつかれさまでした。
また、次の作品でのご活躍を、お祈り申し上げます。

予定は出てないですが、きっとね、ということで。

また、会いに行きます!

………なにかのパクリのようですがー(笑)


ぎゃー
すみません、タイムアップのため、拍手のお礼は大変申し訳ないのですが、
また後日にさせてくださいませ。
いろいろ遅くて本当にごめんなさい(涙)

あ。
せめてもに、情報だけですが
● 演劇ニュース 『十二夜』

ではでは、おやすみなさい~。



comment
2010.11.07 [Sun] 23:28
nao

終わってしまいましたね~
素晴らしい千秋楽だったようでなによりです。
私はダメもとでチケットを買っていた前楽を観ました。
大ウソついて会社を早退したのでレポは書けませんが(笑)
本当に「まさかのトート様」をしっかり個性豊かに演じあげてしまって、あらためて凄い役者さんだと今さらながら思います。
当初は石丸さんのフランツも観たいとか思ってましたけど、今となってはいっその事ルキーニも…なんて大それた事を(出番多いし・笑)
十二夜も楽しみです♪
2010.11.09 [Tue] 14:31
しろ

○naoさん○
コメントありがとうございます。
naoさんは前楽ご覧になったのですね。いつも忙しくされてるnaoさんですから、こういうときくらい~(笑)
ダメもとがほんとにダメにならなくて、ほんとうによかったです~!(*´▽`*)

石丸さんルキーニ!思いもよらなかったですが、わぁ良いですね~(*´艸`)見てみたい~!
あの濃いキャラクターもばっちり石丸さんの色に演じてくれそう!(そして出番多いですし。笑)
これからもどんな石丸さんが拝見できるのか楽しみですね♪十二夜が待ち遠しいです(^^)
comment form
name:
text:
画像認証: *プレビューなしに送信されます
2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**