**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
憂う人
2010.10.17   [Sunday] 02:38

……あれ。
ブログのカレンダーが白っぽい
ということに、今気がつきました。
書いてない日が多いのだなぁ……
プライベートのカレンダー(手帳)はかなり黒っぽいのですよ?(イイワケ)

そんな感じでちょっとさぼり気味でございますが、こんばんは。

今日は10月2回目の石丸さんトートにお会いしてきました!
もはやエリザマスター(トートマスター?)LEOさんにひきあわせていただきました!(笑)
ありがとうございました~

《石丸さんトートの変遷》
ねっとり誘惑閣下

切なめ恋愛モード

超俺サマ炸裂系

貫禄帝王(&ねっとり復活)





と見てきましたが(恐ろしーく大まかに書いてます。)、今日は、うーん…
言うなれば、
ねっとり誘惑切なめ恋愛モード超俺サマ炸裂系貫禄帝王レベルアップ版でした。(長いよ!!)
はじめに感じたのは、わー恋愛色復活??だったのですが、
かといってねっとりさもどろどろと濃厚ですし、俺さま具合もかなり悪魔的な感じです。
いろいろ試し終わって融合でしょうか。すごいなぁ~~!
「♪最後のダンス」は「おれーぇのもの~」のとこで聴いたことのない音(フェイクというべき?)がはいってました。
毎回即興的なとこありますけど、今まで見た中で一番変調具合が大きかったと思います。すごー
瀬奈さんが本気でおびえてたみたいな(笑)
そんな瀬奈さんもかわいかったですー
石丸さん、ほんとうにパワーアップされてて、見るたび深く濃く激しくなってて、
何回見ても、おぉ~!って思うとこがあって、すごいなぁと思います
ほんとうに、いつかみんなでゴンドラで降りてきちゃうかも??(えー!!笑)
いやいや、それくらい、進化&深化してるなぁと思って(笑)
これからも、まだまだ楽しみですね

では、今回のしろ的注目でした、浦井さんルドルフ
浦井さんルドルフ初だったので、ばーっちり見てきました~
今日は浦井さんを語る気まんまんですー(笑)
浦井さんを拝見するのは『シラノ』ぶり。(だいぶ前ですね)
まず、プロローグですが。
超機敏な皇太子さまだ~!!と思いました。
ダンスがびしっとしてるというお話は聞いていたのですが、想像以上でした。
ほんとに、機敏でいらっしゃる!
浦井さんて背も高いのですよね。で、振りがびしっびしっとしてるのでなおさら大きく(存在感が)見えます。
ミルクのシーンは、顔を汚して帽子を深くかぶるバージョンでしたが、
浦井さん、ほんっと深くかぶってるなぁ~~
ってくらいに深ーぶかとかぶってらっしゃいました。口元しか見えませんでした(笑)
うん、あれならばっちし身分を隠せると思いますよ~(笑)
……ってちゃんとルドルフを語りましょうね。そうですね

ひとことで言ってしまうと、
浦井さんルドルフ、すっごい演技が繊細だ~~!! です。
うーむ、さすが、ベテランルドルフ。深かったです。
すごく繊細で複雑なルドルフ。
ほんとうに、憂いが深くって、
「おはようございます、皇帝陛下」から、憂いがにじんでる感じでした。
万里生さんは、敵意むき出し!、伊礼さんは礼儀正しく自分を抑え目、って思いましたけど、ほんとうに三人三様ですね。
今になって思うと、ルドルフって、この印象的なセリフ&シーンで、はじめの一声からものすごく個性が出るような気がします。
セリフだけ見ちゃうと、ただの挨拶なんですけど、そこに3人の役者さんがそれぞれの解釈と個性で豊かに色をつけてるがありありと伝わってきます。
これは観終わったからの感想ですけど、なんでもないようなこの一声で、「こういうルドルフ」っていうのがだいたい見えるような。

浦井さんは、国を「憂う皇太子」というのそのもの。
ハプスブルクの先にある闇が見えてしまった賢い皇太子でしょうか。
あんなに激しくびしっと踊ってるのに意外だったのですが(何基準なんだ)、
とても文系な香りのする理知的なルドルフでした。
ちいさいルドルフの面影が濃く感じられました。
繊細な、きまじめな、優等生なルドルフ。心やさしいルドルフ。
年若いまっすぐさと、あやうげな感じとあって、大人びた陰りがあって、ぽきっと折れてしまいそうなもろい気配もあって。
フランツと対立しても、父を敵と思って対立してるわけじゃなさそう。
国に対する憂いが深くて、このままでは父もハプスブルクも(国と一緒に)斃れる、みたいな不安とかそういう印象を強くうけました。
「♪Huss」のとこでも、必死に働き掛けてても、どこか絶望の気配を感じてるような感じが。
どうにもならなさ、無力感、思うままに行くものはひとつもない、っていう、根底の、ちいさいルドルフだったころからの影を感じるルドルフでした。

「♪闇が広がる」のはじめの、トートへの手の差し出し方、差し出しながら何か思い返してるような仕草に、ああそっか、子どものルドルフの時「友達」に差し出したのと同じ手なんだ、ってすーごい今さらながら気がつきました
ルドルフ自身、それにデジャ・ヴを感じてるのですねー。そっかぁ。
今までなんで気がつかなかったの!くらいな感じですよね

万里生さん、伊礼さんを「悲劇の皇太子」(前途洋洋としてたのに突如挫折してしまった)にするなら、
浦井さんは「薄幸の皇太子」(本人が悪いわけじゃないのに、ずっとずっと、恵まれなかった)かなぁ。
どこかはかなげなのですよね。ふしぎですね。
エーヤン、ルドルフのとこですら、だだっと馬車にかけ乗るのに(機敏でした)、けして自信に満ちてるわけじゃなくて、これで本当にいいのか、って探りさぐり手を振ってる感じだったり。

革命ついえて「父上…」って呼びかける言葉もとても哀しみが満ちているし。
それと、印象的だったのが、ひさしぶりに帰ってきたシシィにたいして、少しだけ、後ずさるのですよ。
母に助けを求めるときも、すがるような感じじゃなくて、微妙な距離感。
ずっと孤独だったから、人との距離感がつかめないのかな、とか接触を怖がってるような感じなのかな、と思ったり。甘え方も知らないみたいで切ないです。
悲しみをすってすって、抱え込んで立ちつくしている皇太子。
「ママも僕を見捨てるんだね…」も、なんだかちょっと、「やっぱり」みたいなニュアンスを感じたり。
それで、トートダンサーズに泣きそうな表情で手をのばすのですよー。(涙)
唯一、自分を見捨てないで手を差し伸べてくれるものにすがってしまったのだなぁっていうのがとっても良く分かります。
そしてまたダンスが華麗!足どこまで上がるんですか!くらい軽々~

そしてそして、ピストルのとこ。
受け取ってから引き金を引くまでが早いってトークショーで言われてましたけど、今日観た感じ、けっこうゆっくりだったような。(変わったのでしょうか)
でも、渡されてとまどってる、呆然としてるって感じじゃないですね。いきつくべきところにいきついた、って感じ。
「やっぱり、ここなのか」かな。「やっと、ここにきた」かな。
少し天を仰ぐようにしてたのが印象的でした。
そこからゆっくり構えて、そのまま流れるように引き金を引いて。
ゆっくりなんですが、ためがなくて、そうするのがごくごく自然かのようでした。覚悟の深さ、なのかな。
とっても静的な雰囲気のルドルフなのに、すごくすごく印象の強く残るルドルフでした。

浦井さん、シラノの時のイメージ(クリスチャンだったので、きらっきらしてました。印象的な言葉は「この美貌~~♪」だし。笑)とはぜんっぜんちがってびっくり。役者さんだなぁ。
その印象からして、闊達なルドルフなのかな?と思いきや、真逆の陰りの強いルドルフで、ほんとうに深かったです。

わぉー珍しくルドルフを語りました!(笑)
3時間中の20分なのになぁ。
こうなると、万里生さんも伊礼さんも語っておけばよかった~~!!
エリザベート2010~ルドルフ考~ができたかもしれないのにー。(ってなんの役に立つのやらー)
いろいろ感じたものはあったのに、なにしろ、トートの記録にいっぱいいっぱいで
ようやく、余力が出てきたのは終盤になってからでしたね。
ルドルフもシシィ・トート・ゾフィーみたいにランダムだったらねぇ……(他力本願な)
他のキャストも見てみると、ついついもう一回万里生さんも見たいなー。伊礼さんも見たいなー。でもってまた浦井さんも見たいなー。
って、思っちゃうのですよね。まったくしろってやつはワガママものですー
こういうの↑もいますから、W/Tキャストの集客力ってすごいでしょうね(笑)

ルドルフと同じく、ランダムじゃないルドヴィカですが。
前に、阿知波さんの包容力のお母さんさが、ああゾフィーの妹だなぁって書きましたが、今日見て同じく、ああ春風さんルドヴィカってゾフィーの妹なんだなぁ~って思いました(笑)
妹ってあんな感じですよねー(注:しろも妹ですが)
ましてや、上にあんなしっかり者なお姉さんがいたら、きっと妹は夢見る少女な乙女系妹なことでしょう、ととっても納得でした。
春風さんのシシィママもとっても好きです~
あいかわらず、ヘレネの髪飾りつけるとき、後ろからぴょこっと跳んでてかわいい~~

エリザベート、キャストさんが入れ替わるたびに違う空気を感じて、同じキャストさんでも毎回何かちがう力の掛け合いを感じて、ほんとうにおもしろいなぁ、と思います。
会話でいう丁々発止のやり取りが、なにか見えないとこでも行われてるというか。きっとキャストさん自身気づいてないんじゃないかという無意識レベルでも、そう言うのがあるんじゃないかなって思ったり。
見てる方も、わぁそう来たか!っていうのがありますが、きっと舞台上でもそういうのがあるのでしょうね。でも、そう来たか!って思う前に、反応してかえしてるのだろうなぁ。

そういえば、余談ですが先日の山口さんトート、……お相手役のシシィやルドルフ、つい笑いそうになっちゃうなんてことはないのかなーなんて、後日真剣に考えてしまいました(こら)

*   *   *

BBSでLEOさんが書いてくださいましたが、まだかなまだかなーと思ってた10月8日のトークショーの動画も、エリザブログ10月14日の記事でアップされましたね
東宝さんいつもながら、ありがとうございます~
案の定、爆笑でした(笑)
このトークショー動画を見てから行ってしまったために、今日閣下が降臨なさる所ではついつい、
タオルタオル…と思いながらまじまじ観察してしまいました。(え。)
タオルには見えなかったです。すごいなー!(見るとこ間違ってるよ!)
それから、禅さんが左回転するのかな、とか注目してしまいました。(今日はしてなかったです。)
このトークショー拝見して、
舞台でいつも、他のキャストさんの出方に応じて即興セッションしてるのですものねぇ、なるほどトーク(掛け合い)がうまーいわけだー!ととっても納得してしまいました。
即応する、っていうのが身についてるのだろうなぁ。ほんとうにすごい方々です

あと、千穐楽まで2週間、思うままの歌を、ダンスを、演技を、みなさまでセッションされますように~!

**Special Thanks**
10月11日 23時台、23時台
10月12日 5時台
ぱちぱちしてくださった方、どうもありがとうございます
拍手をいただくと、ついうれしくなって、なにか書いちゃおうかな~♪、とか思っちゃう単純人間です(笑)
ほんとうに、ここはみなさまに支えられてます~
今日、ちょっとひさしぶりに舞台を見に行って思いました。
やっぱり、舞台はエネルギーをくれるなぁ。
しろが好きだから、っていうのはあるでしょう。
でも、そういうのだけじゃないと思う。舞台上からも、客席からも、きらきらした力をもらって、充電満たんになって帰ってこられる気がします。
キャストさんにも、スタッフさんにも、お客さまにもありがとうだなぁ
また、明日からもがんばれるぞー!
みなさま、どうもありがとうございます。



comment
2010.10.17 [Sun] 12:06
くろっけ

毎回違うトート様みたいで、今回は、今までの総集編トートだったのかしら?見たかったな~!
いつも違うトート様だから、ますます会いに行きたくなっちゃう♪
私の観劇も後2回(さびし~い)、どんなトートに会えるか楽しみ♪

浦井ルドルフのレポもすごぉい!
まさに3人3様で、楽しいですよね!
初回に私がみた浦井ルドルフは、まさにエビみたいにぴょんぴょんはねてたかも!切れもすごかったし!お~!!これがルドルフかって感じ!

エリザベートは、幹二さんはもちろんなんだけど、どのキャストの皆さんも、進化しているし、みんな素敵な人ばっかりだから、大好き☆
幹二さんも見逃せないけど、みんなも見た~い!!
2010.10.18 [Mon] 00:31
しろ

○くろっけさん○
くろっけさん、こんばんは~!
総集編!(笑)なるほどー!そうですね。
全部をパワーアップして合わせた感じでした。バランスが絶妙でした!
毎回、期待も想像もさらっと超えちゃう石丸さんトート、すごいですー(^^)

浦井さんエビでしたか!(笑)
浦井さんも、はじめの方と今とではけっこう変わってるみたいですね。
はじめのあたりに観た人と話してたら、けっこう仕草とかも違うようで、えっ前はちがったよ~!みたいになりました(笑)
お相手シシィやトートのキャストさんによってもちがうのかな?
ひとつの作品なのに何回見ても新鮮でとってもたのしいです~。ほんとうに、キャストのみなさんが魅力的だからですね。
千穐楽が近づいてきましたが、くろっけさんも、あと2回、めいいっぱい堪能してください~!(^^)
2010.10.19 [Tue] 23:11
LEO

遅ればせながらお邪魔します~。エリザ(トート?)マスターなんて称号いただいちゃって恐縮です。まだまだですが。あ、でもトートマスターなら行けるかも?(笑)

私が書けなかった日にしろさんがこうやって書いてくれてるので嬉しいです。どうも車で帰宅するとテンションがおかしくなるらしく。しかも私には書きたくても書けないトートさま以外のレポがしろさんにはいっぱい!これ大事。

いえね、私だって見てないわけじゃないんですよ(笑)。でもついついトートさまのことばっかり熱く書いちゃうので、いつも書く余力(←失礼)がないだけなんです~。

楽しく拝読しました。ありがとうございました。
またいつかお隣同士で観ましょうね~♪
2010.10.22 [Fri] 00:02
nao

あ~!この日は私も根性出して当日券並ぶ予定だったんですけど…うっかり寝過ごしました(涙)
残すチャンスはあと1回。お仕事休めれば、ですけど(笑)
今から仮病の練習しなきゃ。
2010.10.22 [Fri] 21:55
しろ

○LEOさん○
コメントありがとうございます~。
LEOさんのところはすっかりトート一色ですね~!濃厚っ。
浦井さんのルドルフ像、すっかりひきつけられました。
単純に言ってしまえば、「おもしろーい!」
解釈次第でこんなにちがく見えるものなんだなぁ!と。
万里生さん、伊礼さんもぜんぜんちがったけれど、3人の役者さんで、同姓同名の別人ルドルフを見ているようです(笑)

ほんとうに、どうもありがとうございました!
またぜひ~♪
2010.10.22 [Fri] 22:01
しろ

○naoさん○
naoさんこんばんは~!
当日券だと朝早くいくのがつらいですよね(汗)
みなさま早起きで並んでるので、気が焦りますー(^^;)
劇場ついて、大丈夫そうだな~(手に入りそうだなー)と分かってしまえば、もううきうきなんですけどね(^^)
まだまだだと思っていたエリザベートも、千穐楽が見えてきましたね。
仮病の練習、応援してます(笑)
comment form
name:
text:
画像認証: *プレビューなしに送信されます
2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**