**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
絵の見える音
2010.09.26   [Sunday] 21:10

あれ。気がついたら、またも1週間ぶりくらい?(パソコンからは)
山にいたときと変わらないじゃー!
なんでしょう。すっかり慣らされたようで……

そんな感じですこしおひさしぶりです。
では、さくっと1週間さかのぼりまして(おそいよー!)

9月20日のこと。

『井上芳雄10周年記念コンサート』に行ってきました!
東京公演千秋楽ですよ~
スペシャルゲスト石丸幹二さんですよ~
ということで、ある意味アウェイながら(笑)、ご一緒したきひろさんLEOさんはもちろんですが、また現地で顔馴染みな方々にお会いできてうれしかったです。どうもありがとうございました

天下の井上芳雄さんですが、じつは直接拝見するの初でした。
なもので、ほんとうにいろいろとたのしみでー♪

うん、やっぱり井上芳雄さんは井上芳雄さんだった!!(あたりまえすぎ。)

なに歌ってても、すごーい軽々うたってるように聴こえる!
踊ってても、すごーい軽々踊ってるように見える!!
ずっとずっと、この「場」を目指してきた方だということですので、それだけの努力の賜物なのだろうと思いますが、やっぱりすごい方だなぁ!と。
そして、トークもとっても軽妙ですごく楽しかったです
ミュージカル界のプリンスと言われる方ってあちらこちらにいると思いますが、芳雄さん、たしかに、まちがいなく王子さまなんだなーと思いました(笑)
言ってみれば、
「僕、王子ですけど何か?」
みたいな王子さま。(こらこらこら!)
あたりまえに王子さまな王子さま。
そのちょっと上から目線なトークが絶妙でおもしろかったです。
この王子は超切れ者だと思う

ええと。
芳雄さんのことは正統派の芳雄さんファンの方がすてきなレポをあげてくださってると思うので、しろがお話しするのはこの辺に……。

くりかえしますが、
スペシャルゲスト石丸幹二さんです。
芳雄さんと石丸さん。
いや、このおふたりだったら、この曲しかないでしょ!!っていうのを、やっぱり歌ってくださいました~~!!
第1部の、芳雄さんソロ(?)のプログラムに入っていたので、どうかなぁと思ってたのですが、前日橋本さとしさんとも歌ったとお聞きしたので、それはもう俄然期待まんまんで迎えたのですが。
石丸さん登場後の1曲目は、やっぱり、「♪闇が広がる」でした!
ルドルフ伝説の芳雄さんと、現役「ねちっこ系」トート閣下の石丸さん。
ものすっごい迫力でした。
いや、これはちょっと言葉にならないくらいすごかったです。
圧倒されました。
おふたりの声がぐわーっと迫ってくるようなすごい力をもってました。
スピーカーが、声に負けてビリビリしてました。
そのこと自体は、音響的にはあんまり良いことじゃないと思うんですが、それすら効果的というか。
石丸さんと芳雄さんの、ぶつかり合って共鳴する音楽の競演が、とにかくすごい、のひとことでした。
いやぁ、ほんっとうに、良いものを聴かせて、観させていただきました。
圧巻。

石丸さんの、もう1曲は「♪時が来た」
生で聴くのはコンサート以来!
この壮大なナンバーも本当にすてき。
芳雄さんが、「石丸さんにこの曲なら、まちがいないでしょう」っていうようなご紹介をしてました
まちがいないですー。
定番の「♪名もなき~」も大好きですが、ひさしぶりにこの曲を生で聴けて、至福でした

*   *   *

そして、夜は
「ル・ジュルナル・ド・パリ」のコンサート
こんなふうにコンサートのハシゴするの初めてでした~~(笑)
んもー、すっごい贅沢~~

こちらの石丸さんは、ドビュッシーの「おもちゃ箱」の朗読。
朗読って、LFJの時みたいに、演奏の前(とか合間)に朗読をはさんで、って形なのかな?っておもってたんですが、どちらかというと「兵士の物語」くらいにたっぷり語りを聴かせていただいて、もう大満足!!
そして、「兵士の物語」のときの不思議な感覚再び、な感じでした。
語りと演奏を聞いてる自分と、物語の世界を観てる自分がいるような。

「おもちゃ箱」は童話みたいなファンタジックな物語で、その物語が石丸さんの言葉で上質な絵本を見てるように浮かんできました。
かわいらしい絵本よりも、絵画的な絵本。
でもって、動く絵本。
おもしろいなぁと思ったのですが、今回の朗読では、滑らかな動きがうかぶよりも、
スライドショーを見てるように、ふわっふわっとそのシーン、そのシーンが移り変わっていくような感じがして、ほんとうに絵本みたいというか、紙芝居のようというか、そういう感覚でした。
それから、うまく言い表せないのですが、背景が固定されてて、前の登場人物だけが静止画のまま動いているような……(本当にうまく言えない~~)
とくに人形たちの踊りのところなんて、そんな感じで踊りの輪がくるくると回ってるような情景で。
うーもどかしいっ!!
ともかく、ちょっとしろの頭を割ってお見せしたいっ!くらいのすてきな絵が、石丸さんの朗読と児玉さんの演奏で浮かんできたのですよー。
曲想にも十分に表現されてるのだと思いますが、しろの音楽感受性では、曲想だけじゃ、とてもそんなふうには浮かんでこないと思います。音楽と朗読、面白いなぁ。
児玉さんといえば、しろはLFJの幻想即興曲の印象が忘れられないのですが、今回のおもちゃ箱も音がきらきらしててとってもすてきでした

それから、ジャン・クロード・ベヌティエさんの夜想曲第13番ロ短調 op.119、フィリップ・ベルナールさんとこちらもベヌティエさんのフォーレの名による子守唄、と続いて、ほんとうに夜にぴったりの気持ちがゆったりする音楽に和みました。
子守唄のヴァイオリンの音がとっても心地よくて、うっとりでした。
こんな子守唄で眠れたら、心地いい夢が見られそうだー

ということで、オペラシティも満喫~

この20日のコンサート×2、どちらも本当に行ってよかったなぁ~~~!の音楽に満たされて、
とーっても贅沢な休日でした
よかった~!

遅ればせながら、ですが、
ル・ジュルナル・ド・パリの公式ブログさんの9月21日の記事で、サイン会&集合写真の石丸さんが見られます~
このお写真、撮影中も見学してたんですが。
あらっ!石丸さん、どセンター!!(笑)

**Special Thanks**
9月19日 21時台
9月20日 0時台、0時台、0時台、6時台、10時台、19時台、20時台
9月21日 23時台
9月23日 2時台
9月25日 19時台、22時台
にぱちぱちしてくださった方、どうもありがとうございます
こんなにため込むことはないはずとかこの前いっときながら、さっそく有言不実行になってしまって大変もうしわけありません
相変わらず更新滞ってたりですが、あたたかくぽちっと拍手いただいて、ほんとうにありがたいです。
このところ、一気に秋めいて肌寒さを感じたり、関東では雨が続いてたりですが、みなさまいかがおすごしでしょうか?
どうぞ、お体には気をつけてくださいね



comment
comment form
name:
text:
画像認証: *プレビューなしに送信されます
2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**