**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
3人めのトート
2010.09.13   [Monday] 01:14

9月6日城田くんトートを書こうの回。

なんとなんと、またしてもわれ知らず、キャストさんの初日に立ち会わせていただいてしまいました。
この回、伊礼さんルドルフと春風さんルドヴィカの初回でした。
我ながら贅沢なとり方してるなぁ!

伊礼さんルドルフは、えらいかっこいいルドルフでした~!
絵にかいたような王子さま。
頼りがいがありそうだー!
正義感に満ちた皇太子、という雰囲気で、ばっちり国政も担えそうなのですが、だからこそ挫折の衝撃が重いかも。
万里生さんのルドルフは、ほんとうに育ちがよさげで、「お母さんに置いてかれた子」の目がなんともいたいけなピュアなルドルフでしたが、またぜんぜんちがう雰囲気。
でも、どっちのルドルフも「ルドルフ!」って感じがするのが不思議です。
それにしても。
この前の万里生さんで位置が分かってたからかもしれませんが、伊礼皇太子は、ミルク市民に加担してるのが高貴な雰囲気でばればれでした……(笑)
あ、あちらに皇太子さま発見!!って。(見方まちがってるよ…。)

春風さんルドヴィカ、おっとりしつつもせわせわした貴婦人ママでした。
こういうお母さん、わかる気がする~~!って。
阿知波さんのルドヴィカは肝の据わった包容力のお母さま。(ゾフィーの妹なのがよくわかるー!笑)
春風さんルドヴィカは、少女のままお母さんになったママさんかな?
ヘレネの髪型を直すとき、うしろからぴょんってジャンプして髪飾りをぱしっとつけたのがすーごいかわいかったです(笑)
なんとなく、ヘレネの南海さんと雰囲気が似ていて、親子だなぁって感じがしました
3人でいると、シシィだけが毛色がちがう、っていうのがくっきりあらわれていて、なるほどなぁ、と。そう感じたのは初めてで、またちがう一面が見られた気がします。
これ確証ないのですが、ひょっとしてルドヴィカも、衣装のデザインちがいます??

ダブル/トリプルのキャストだと、ほんとうに役者さんて、その方それぞれの役作りをされてるんだなぁというのがとっても良く分かって、すごいなぁ!と見るたび驚かされます。
ぜんぜんちがうのに、それぞれになるほどー!ってなるのがすごい。
舞台の空気もぜんぜんちがって感じられたりして、あ、そっかーそういうことか、って発見があって、ほんとうにおもしろいですね。

そして、しろはこれでTトート制覇しましたよ~!の城田くんトート

城田くん、、、、、でかっ!!

………あら??すみません、つい言葉づかいが~~まあお恥ずかしいところを、おほほほほー(笑)
いやもー、大きいですねぇ、城田くん。
ゴンドラ降りてびっくり。
おおうひとりだけとびぬけてるよー!って。
高身長な方がそろっているはずの、革命家陣のなかにいても、おっきい……!
超越した支配者、という雰囲気がすごーく出ていらっしゃいました。
舞台映えしますね。すごい。
ウワサには聞いてましたが、その城田くんならではの、
シシィを後ろからすっぽりきゅっ
極めつけの軽々お姫さまだっこ
……すみません、この仕草にときめかない女子(おおお?)はいるのでしょうかー
ずるいぞーー城田くん~~っ(こら!)
そんなすてき仕草がふつーにサマになっちゃうとこがすごいぞー!

そんな城田くんトート、しろが思ったのは、
やさぐれ系トートさま。(はっ…!背後に殺気が??)
すみません、ほめてるつもりなのですが、うまく言葉がうかばないよーう!
なんといったものでしょう。
うーん、心の中になにかぽっかり欠けたものがあって、それを見るまい見せるまいと、強がって抑え込んでるような、そんな切ないもろさをどこか感じるトートさまでした。

ゆったりした動きが、堂に入ってます。
すごい気だるげ~~な大きな態度です。(帝王ですからー)
ぱっと見た感じ、「黄泉の王子様」なのはうんうん、と思いますが、そういうとこがもう、王子さまじゃないんだな、孤独な若き帝王なんだなって。
完璧なゆったりさが、ことさら大きく構えている、若くして頂点に立つ人ならではの虚勢にも似た自負心、のような感じにも見えたり。

そして、歌声。
ロックミュージシャンかと思うような、色っぽい歌声にびっくし
えええっ!城田くん、いまどこから声だしたよっ!?ってなりましたよ。
ミュージカル経験あるっていうのは聞いてたけど、しろ的にはテレビに出てる俳優さんなイメージだったので、もーほんとに、良い意味で裏切られました。
お顔立ちもヨーロッパの香りがする(by石丸さん)かたですが、歌声もちょっとそんな感じがしたのはしろだけですか?
なんだろう。不思議な華があるというか。
ぞわぞわっとする歌声でした。
ロックっぽい、という第一印象だったのでちょっと意外だったのは、「♪最後のダンス」を抑えめにまとめてました。
石丸さんの爆発的なのを聞き慣れてたので(回数的にはそんなでもないんですけどね)、そうきたかー!と。
全体的に、きれいなセクシーな感じ。
ちなみに、「♪最後のダンス」の前のシシィを操る手は、右手ですぅーで、左手でぱっと抑える、の石丸さんと同じ雰囲気の動きでした。
よかったーぴらぴらぴら~~~じゃなくて(イエその、思いだして吹き出しかけたらいけないな、と)

御者になるシーンでは、長ーい片足をどかっ!と御者台に乗せて、
……えらそうですよー!この御者!あきらか帝王ですよー!!でした。(こらこら)
そのえらそうなのがまたサマになってました。城田くんてナニ。(笑)
カフェのシーンでも、ふかぶかダルそうに座ってらっしゃいました。
ちょいワル青年トート。(その表現はやめなさい…)

「♪エリザベート泣かないで」のシシィの私室。
こちらも机のうえに座るトートさま。
寝そべる風ではなくて、机のすみに無造作に豪快に座ってる感じでした。
シシィが来ると、おいでって迎える感じで向き合ってました。
その顔を覗きこむような角度が妙なリアリティで、虚勢をはってたトートに素の少年(青年?)の顔が垣間見えたような気がしました。きゅーん。(笑)

ドクトルのシーンでまたびっくり。
おじいちゃんだ……!  
そっか、背が高いから、ふつうに立ってたらバレバレだもんね。って、でもえーっ!!
いやー…。芸達者だなー!
おじいちゃんから、ばっさーマントを脱ぐのがすごい決まっててかっこよかったです。
トークショーで分かったのですが、あれは瀬奈さん流だったのですね(このエピソード、すっごいおもしろかったー!)
瀬奈さんかっこええ~~!(by禅さん。笑)

革命のダンスシーンの城田くんも、かっこええ~!でした。
ダイナミック!動作がひとつひとつ大きく見えて、動きがびしっびしって決まるダンスで迫力でした。

それから、注目の「♪闇が広がる」
なにが注目って、だって、城田くんトートと伊礼さんルドルフですよーっ!
それはもうあきらかに、きらきらした闇が広がるでしょう~~
ということで期待通り、なんとも見目麗しいおふたりでした。
ここの城田くんトートの衣装もすてきでした~
城田くんの衣装は、毛皮風な生地が多くて、抑えた色味なのになんとも華やか。ゴージャスな雰囲気でした。
すごく良い意味の、ハデさが映えるトート。
舞台奥からルドルフを追って来るところ、城田くんトートは走るそぶりもなく、ゆったり余裕の闊歩でした。
それから、死のキスとほぼ同時に銃を渡す手際の良さに拍手!上手側から見てたのもあるかもですが、いつ取り出したのか分からなかったです。
「♪闇が広がる」といえば、しろにとって初ルドルフの伊礼さんを良く見ようとオペラグラスを構えてたら、うっかりトートが降りてくるとこを見逃してしまいました~
気になってたとこだったのに残念。ここだけは想いが残る~~
城田くんは、はしごじゃなくて、ポールで降りてくるんですか?そこ注目だったのになぁ~

それから、しろがいちばん、うわー!と思ったのは、「♪悪夢」のシーン。
ここの城田くんがすごい。
指揮振りながら、薄く笑ってるのがなんとも異様な雰囲気で、ぞぞっとします。
冷たい笑いじゃなくて、無邪気な感じすらするような……ここに限ってたのしそうなんですよ~!
そこからフランツとの対決にさしかかっていくと、がらっと一気に表情がかわって、冷酷そのものの鋭さ。
こわい。怖すぎる……。
そんな狂気すれすれの帝王。
それまで、あまり感情を見せないクールな雰囲気のトートだっただけに、まさか終盤で、こんなにがらっと色を変えて、強い感情のトートがでてくるとは……。
すごかったです。

そして、毎回毎回おつかれさまですー!の禅さんフランツ閣下ですが。
なんででしょう、今回のトートさまがロック調だからか、すこーし歌に遊び(色づけ、って意味で)が入っているような感じがするところがありました。
まさか歌い方まで変えてる……?(うーん?)
そんな風に聴こえたの、はじめてだったので、あれ??っと思って。
聴き間違い勘ちがいだったらすみませんー
次に聞いたときにどう思うか確認してみよう。

それから、しろは村井さんパパがすきですー
すてきなパパだー!
フランツがシシィに「♪自分の幸せあきらめなくては~」って歌った時の、
「おまえうちの娘になにをぬかしくれるんだ」的な怒りのあと、ぐっとそれを抑えて、振り払うように立ち去る姿に愛情深いパパの哀愁が…。あたたかいです。
それと、この日のカーテンコールのとき、村井パパったら
トートダンサーズになりすまし(違)、何食わぬ顔であの手の動き(ご覧になった方なら分かりますよね?)を
ひゅひゅひゅーっとやって、さらっとかっこよく一礼したんですよ~~~!!!
ちょ、村井さん!なにその新技っ!!
ええっいつからですか、これ??
今まで見逃してただけかな??(えーっ?)
なんとゆーステキパパさんなの!
ほれなおしました。(笑)

それから、この機会に、ずっとおもってたひとこと集。(感想が長くなりすぎて今まで書けなかったので。笑)
エルマー岸さん、かっこいい~!誠実そうな硬派なエルマーすてきです。
田村さん、ミルクダンスでひときわ激しく踊っているのがしろはだいすきですー牧師さんから遍歴を経て情熱的な革命家に転身したのですねー。(笑)
ヘレネお姉ちゃん、皇后さまになるはずが、気づいたら王宮の女官さんになっていたようだったのは気のせいでしょうか……。いえ、気のせいですよね…?(笑)

あと、この前書き忘れたことを思い出しました。
補助席のとき、ちょうどあの位置ってスピーカーが近いのでしょうか。音がすごく迫力で、トクした気分でした。
キャストさんの囁くセリフ以外のひとことも聞えたりしておもしろかったです。
ルキーニがバランスを崩したシシィを抱きとめた後、「だいじょうぶ?」って聞いてました。
……あんがい紳士じゃないですか、ルキーニ。(笑)

ちなみにこの日は、瀬奈さん城田くん禅さん&塩田さんのトークショーがあって、こーれーが、もう爆笑ものでした。笑い転げました。
みなさまトークのセンスまでばつぐんすぎです。
1週間分くらい笑った気がする(笑)

エリザブログでまた動画でupしてくださってるので、ご覧いただければ楽しいかと思います。
今回の感想と一緒に、トークショーの感想も書こうと思ってたんですが、今日はちょっとタイムアップ~
今度ゆっくり、動画でもう一回聞きながらupできたらしようかと思います。
この時のトークショーでわかった最たるものは、とにかく、
瀬奈さんかっこええ~~!!
でした(笑)

禅さんフランツに「おいで」の手をしたとか。
実は扇の後ろで、きっ!とミエを切ってるとか。
ぐらついたフランツをぐいっと力強く支えたとか。
マントばっさー!!(最後の手まできれい)とか。
瀬奈さん………なんと男前っ!!
あのシシィがそんなかっこいい方だったとは……。

たくさん笑わせていただいて、ほお~~!と思って、
瀬奈さんがやたらめったらかっこよくて、城田くんがちょっぴりかわいくて、禅さんがすーごい楽しくて、終演後も大大大満足のトークショーでした。
この回で行けたのは偶然(お休みの都合)なんですが、ほんとうによかったなぁ!
最後の最後まで、楽しませていただいて、ありがとうございましたー



comment
2010.09.13 [Mon] 09:23
LEO

山篭りからおかえりなさい♪
城田くん(他)の様子も楽しく拝読しましたー!
しろさんのレポも楽しくって大好き♪♪ますます楽しみがつのります。
城田くん、早く見たいのですがなかなか都合が付かず(涙)。
10月になっちゃうかも~~。
2010.09.13 [Mon] 19:51
しろ

○LEOさん○
コメントありがとうございます。
ただいまです~!
城田くんトートもとってもかっこいいトートさまだったので、ぜひ~(^^)
なんだかちょっとつかみそこねた感が残るので、もう一回観たいトートさまです。
うーむ、でもゆうさまももう一回観たいような…(悩)
スケジュールと相談になりそうです(^^;)
2010.09.13 [Mon] 21:03
くろっけ

城田君レポ楽しく読ませて頂きました!
私もスリートート皆さん、拝見させて頂きました!
皆さん、いろいろと違うところが満載で、観た時は、それを見つけるのが楽しくって、トート釘付けでみちゃいました!
3人見ると、ますます石丸トートがやっぱり好きだな~☆って思いましたけどね!幹二さん、ん?石丸トート素敵!

ここからは、ネタばれ、というか・・・
闇が広がるの時、城田くんは、ポールで颯爽と降りてきましたよ!
さすが若い!って思っちゃいました。
手でスピードを押さえながら、降りてくるので、キュキュキュキュッって音も聞こえてましたよ!

そうなんですよね!
1回見ると、見逃したところをもう1度っ観見たくなっちゃいますよね!
ダブル、トリプルキャストだと、衣装も皆さん違うので、雰囲気違いますしね!それもまた楽しみの1つですよね!
2010.09.13 [Mon] 21:44
しろ

○くろっけさん○
コメントありがとうございます~!
わかりますー!石丸さんトートでなくても、やっぱりトートさまにくぎ付けなワタシ。(笑)
でもって、石丸さんトートが好きだな~!もその通りです(^^)
ここはふしぎなくらい、全く揺るぎないので(笑)、逆にあちこちで、おおかっこいいですねーっ!てのほほんとやってられる気がします。

わぁやっぱり城田くんポールなんですね!
そうそう、きゅきゅって音が聞こえて、はっとしたんです。むむ、見逃してざんねん~。
教えていただいて、ありがとうございました。すっきりしました。
何回見てもまた観たくなっちゃいそうです(^^)
次もはやくいきたいぞーっ!
2010.09.13 [Mon] 21:55
ルチル

しろさん、こんばんは。

城田トート、ご覧になったんですね!レポを読ませていただいて、つい思い出しムフムフしちゃいました(笑)
個人的にはドクトルゼーブルガーの“ごろ~ん”が結構ツボです。おいおいコラコラって感じで。

3トートそれぞれ個性があって素敵ですよね。まさに“みんなちがってみんないい!”
そして、他のキャストを観ることで改めて知る石丸さんの魅力。本当、癖になります、石丸トート。

私も村井パパ、大好きです。
婚礼の夜の場面、コルフ島の場面は何度観てもぐっと来ます。

もともとそう多くは観劇できないのですが、仮に毎日帝劇に通えても、いくつ目があったとしても、もっと観たい&観比べたい欲は尽きないんだろうなぁと思うんですよね。
難しいでしょうけど、東宝版DVD-BOXの発売を切に切に願ってしまうこの頃です。
2010.09.14 [Tue] 22:21
しろ

○ルチルさん○
ルチルさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

観てきました~!
"ごろ~ん"!(笑笑)まさにまさに。やっぱり絶妙な表現がすごいです。
座るとこも、なんだかぐた~ってしてる気だるげな城田くんトートですよね(笑)

難しそうな話は聞いてますが、それでも本当にDVD-BOXを~!せめてCDを~(>人<)と切に願ってしまいます。
東宝さん、ぜひとも~!
comment form
name:
text:
画像認証: *プレビューなしに送信されます
2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**