**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
本日のメイン
2010.08.30   [Monday] 23:15

昨夜からいくつ書いてるんだろうねってくらい回り道をして、ようやくメインにたどりつきました。

8月29日のエリザベート。
石丸さんトート回&日曜日だったので、現地で自然集合になった方多数でした(笑)
ご挨拶させていただいたみなさま、どうもありがとうございました

そこで、石丸さんトート、なんだか変わったみたいなんですよって話をうかがったのもあって、
ほうほう~~と興味しんしんでどきどきしながらの観劇となりました。

これがですね、
いやー、本当にちがいました!!
うわーぜんぜんちがう!!って思いました。びっくりしました。
ゴンドラで降りてきて、うわぁやっぱり綺麗~~なのはいっしょ。
いえ、ますます磨きがかかってたかな。
線もシャープになって(やせられたみたい…?)、より、女性的、中性的になったんじゃないかと。
なんだか、前のナマナマしさが少し薄れて、すごく、人じゃない雰囲気が漂ってたように思いました。
えーと、影がなさそうな感じ。
トート自身が幻影っぽい感じかな。
だから、シシィと表裏一体、シシィがつくりだした心の影かも、っていうのもすごく納得でした。

もうねぇ。
プロローグの群舞で、舞台全体の構成が見られる迫力と豪華さとに、うわぁ~~!ってなって、やっぱり正面から全体見えるって良い!!って感動して思ってたのですが。
やっぱりトートさまに負けました(笑)
舞台全体の雰囲気とか構成も見たくって、ときどきオペラグラスはずしてはいたんですが、そうするとなんだか妙な焦燥感が……(トートが観たくて。笑)
もう、この後またしばらく黄泉に来るまであいちゃうしね、って自分を甘やかすことにしました(笑)

そして、そのはじめの登場から、何かちがく感じました。
「♪私を燃やす愛」があんなに甘く切なく響いたのは初めてな気がします。
そうそう、29日の観劇感想を一言でまとめると、

うわーんなにこのトートさま~~!!

です。(笑)
それにかぎります。
4回目にして、観たことないトートさまがいました!いやぁびっくり。


しろが思ったのは、切ない系トートさま。
強引な超俺様路線が、ちょっと変わってきた気がします。
初正面だったので、細やかな表情が追えたり、そういうのもあるかなって思うんですけどね
斜めから見てると、どうしても向かい合ってるシシィの影に隠れてしまったりで、うまく観られないとこもあるので。

一番ちがって感じたのは、やっぱり、「♪愛と死の輪舞」のところ。
エリザベートに一目で心奪われてるのが、とーっても、突き刺さるほど、良く分かる。
信じられない感情にとまどってて、でも強烈に惹かれてどうしようもない、っていうのがひしひしと伝わってきて。
まさかうそだろう。っていう。
でも手が伸びてしまう。目が離せない。おそるおそる、ふれてみようとする。というのが、もう切ないー!!切なすぎてきゅんきゅんでした。
胸きゅんどころか心臓わしづかみでした。
石丸さんおそるべし……。(いまさら)
なにがちがうんだろうー。
こわれてく自分を少し怖がってるみたいな……うーんそれはちょっとちがうかな……?
でも、どこか心の柔らかい部分の垣間見えるトートさまだった気がします。
内面の葛藤を感じるトートだったような。
まえは、そういう弱みも、俺様で強く出ることでカバーしてたとしたら、
今回見たときは、抑えることでカバーしようとしてたみたいに思いました。
抑えよう抑えようとして、でもどこか現れてて。というのがもう切ない~~

たぶん、このときにぐっさりやられてしまったので(笑)、そのためにこの後のシーンはますますちがって見えたのかなって気もします。
シシィに対する目線が、前よりもすごく優しく見えました。
見下すみたいな、おとしてやろう、っていうトートじゃなくて、ほんとうに、想って想って、だから自分から好意をもってほしくて、っていう雰囲気が。
表情はとっても静かなんですけどね。
もしかして、前見たときよりも、表情が抑え目だったのかな。
だから、気持ちをひそかに、抑えてるみたいに感じたのかも。表現を抑えてることで、何かいろいろ感じてしまうとこをがある気がします。
そして、その静かな表情がとーーっても綺麗でですねー!(笑)
だからか、前ほどねっとりも感じなかったんですよ。じつは。……あれ?
見なれたのかな……?
ゆったりとした仕草も、前ほどべたべたに感じなくて、仕草のひとつひとつが磨きがかかって流れるようにきれいでした。優雅。
すぅーって動きに魅了されました。
あ、わかった!
浮世離れした感じ。
冴え冴えとした綺麗さ。
うーん?この前、ヘンタイトート(こら!)だって聞いたばっかりなのになー?

ねっとりの代表格(なにそれ)と言えば、まず羽なめでしょう。
これもちょっと控えめになってたような。
角度のせいかもですが、最後の方は唇でふれてるのに近かったように見えました。
それもきれい~~
シシィにふれるとこも、ごく自然に愛しさでふれてるみたいに見えました。
やっぱり、観てる方がなれたのかな
冒頭で、恋に落ちたトート閣下が灼きついたから、の感じ方かもですねー。ふしぎ。

「♪最後のダンス」のとこ、
手はやっぱり、右手をのばして、左手で抑える、でした。
でも、この前は確か、右手を震わすみたいにしてたと思うのですが、それがなくて、すぅーって。
顔も、まえの獲物を見定める怖さがなかったなぁ。
静かなまなざしで見下ろしてました。
そういえば、絡め取るような感じも今回はあんまり感じなかった気がします。
いざなう、って感じはありましたが。
ぐいぐいひきずりこもうとするよりも、絡みつくよりも、もっと大きな目で包み込むような。
そうそう。シシィのことをすこし憐れんでるようにも見えたのですよね。
かわいそうに、辛いだろう、苦しいだろう、もうこっちにおいで、って誘いかけるみたいに。
でも、その誘いにのらないできっぱりと自分をもってるシシィに、拒まれても「それでこそ」とも思ってるんじゃっていう感じがする一瞬もありました。

しかーし。今回、より優しい雰囲気に感じたものの、より悪魔的にも感じたんですよね。
「♪最後のダンス」、もうすごかった~~~!!
歌い方に凄味が増してた!!
喉の奥にかけるみたいな、低音のため方(なんていうんだー!)も迫力!のひとこと。
ぐわーっと激しかったです。
なんかいろいろ磨きがかかってますよ。
まえも緩急自在って思いましたけど、「緩」も「急」もそれぞれぐんと超えてて。
もう超緩超急とでも?
ほんとうに、石丸さんすごい!!
ゆったりでも、激しいのでも、うわーなにこれ~~!!
ってぎゃーってなって、まさに目が離せませんでした。

うわー。なにかちがうー!って思ったとこはいろいろあるんですが、
フランツを選んだシシィに、ほんとにちょっとショックをうけたみたい?っていうのもそのひとつ。
「この俺をさしおいて」な俺様的ショックじゃなくて、純粋に傷ついたみたいに。
赤ちゃんゾフィーの死の後、シシィに完全拒絶されたときも「おぼえているだろう」の声がさみしそうでした。それと、「破滅へと導くのだ」も、おまえはわかってるのかって、知らないで破滅させるシシィをすこし憐れむような。
うまく言えないですが、響きが切ない。
似たようなとこで、1幕最後の「♪私だけに」の、「お前に命ゆるしたために~」も、切なく感じました。
今まで、そこの「愛してる」の詞が、俺様なトートにはちょっとしっくりこないようなー?ってすこし段差を感じてたんですが(石丸さんトートも山口さんトートも関係なく、「トート」にその言葉がぴんとこなくて)今回の石丸さんトートでとーーっても、しっくり。
心にしみました~。

ルドルフの葬儀の後も、なんだか雰囲気がちがったなぁ。
逃げ場にされたから突き放したんじゃなくて、それに気づいてちょっと心を痛めたんじゃないかな?って思いました。
雰囲気は浮世離れしてるけど、感情は人間ぽいかも。
恋うトートさま。
それで、強硬な俺様モードよりも、ほんとうに育ちがいい(と言っていいのか分からないですが)からの誇り高さを感じました。

「♪悪夢」の指揮も、少しちがうように感じました。
ハプスブルク家の人たちの顛末に振るう手が、意外にさらっとしてました。
しろが見る位置が、遠くなったからかな?
でも、少し手をふればいい、っていうこのバージョンも、逆に、それだけ力が強いんだなって感じがして、トートの人外の雰囲気を増してたような。
シシィへの思いを強く感じた分、フランツには冷たく感じました。「♪悪夢」で今までの憎しみをぶつけてるみたいでした。
心底恋敵を憎んでたんだなぁって。
そして、禅さんが、より必死。
妻を救わなくては、ってトートに恐怖してるのがすごくすごく胸をつきます。
フランツにとっては完全に悪魔だものね。悪魔に妻が連れていかれる、って必死に守ろうとしてて。
「やめろーー!!」の叫びが突き刺さります…。
うう。フランツにもどんどん感情移入してしまってます。禅さんすごい

まるで舞台上にトートさましかいなかったかのように語ってきちゃったので、このへんでフランツを(笑)

フランツも切ない。ますます切ないです。
でも、禅さんのフランツは、とことん切ないんだけど、切るような切なさじゃなくて、包容力の切なさだなぁ。
このまえ、辛抱強い普通の人みたいで、って書いたフランツですが、こちらも今回ぜんぜんちがって感じました。
覚悟を決めたフランツ。
冷酷な判断をするとき、前は苦しそうで、つらそうで、なんとか下してるみたいに感じたのですが、最後の最後のほんの一瞬に、あきらめに近い覚悟が見えたような。
自分を抑える「君主」、っていうのをすごく感じました。
禅さん、もちろん上演のたび深化されてることと思いますが、ずっとやってた方ですから、そんな急激な変化があるってこともきっとないですよね?
ということは、きっと、前からあったんだろうけど、しろに見えてなかったんだなぁ。
そういうのがいっぱいありそうです。

やっぱり、見る側の心境とか、作品への慣れ具合でぜんぜんちがって見えるかも。
今回、本当にいろいろと全然ちがって感じたんですけど、そこまでがらっと、役のそのものが変わったってこともない、ですよねぇ……?(半信半疑…)
すでにきれいに完成されてたものが、そこまで変化するとも思えなくて。
となると、変わったのはしろのほうなのかな?って気もするのですよ。
トートが恋に落ちたところでぐぐぐーっと舞台に気持ちが引き込まれたので、いろいろちがって見えたのかな。
うーん。わからーん!!
人は見たいようにものを見るらしいですから、やっぱり主観がちがうのも大きいのかなって思うのですよね。
でも、その主観を変えたのは舞台だから、やっぱり舞台が変わってるのかも。むーん
まぁいいか。

変わった人その③
シシィ。
瀬奈さんもちがーう!!
やっぱり、瀬奈さんシシィ気持ちが入りやすいです。
エリザベート自身がしてることって、いまいち共感できなかったり、うーん…てなるんですが、瀬奈さんてやっぱりかわいいシシィなのかも。
とくに、「♪私だけに」の前の嫁姑争いが。
ゾフィーと言い争ってても、ほんとにとまどってるぽくて。
争いたくない、って本当に思ってるんだけど、思ってたのとあまりにも違うことにとまどって、うまく飲み込めないシシィに見えます。
「♪私だけに」のナンバーも、結構強い言葉のナンバーですが、自分の周りに敵意をむけての「私だけに」じゃなくて、純粋な自分の誇り。
攻撃する防御じゃなくて、ほんとに守りの防御、っていう感じがします。
精神病院のシーンも、今までちょっと、生活の苦労を知らない人の悪気のない傲慢さを感じたりだったとこが、ほんとうにただ哀しそうで。
厭世観よりも、自分が純粋にさみしい、つらい、かなしい、そういうふうにまっすぐなシシィ。
ちょっと言葉の雰囲気がずれますけど、純朴なシシィかなって思いました。

シシィとフランツと言えば、そういえば、これ書くの忘れてたのを思い出しました。
しろは、石丸さんコンサートで「♪私だけに」と「♪夜のボート」だけ先に聴いてたので、初めてエリザベート見たとき、「♪あなたが側にいれば」の音楽が、どうしても相容れなかったふたりの未来を完全に暗示してるみたいで、ロマンチックな場面のはずなのにすごーく切なかったんですよね。
ミュージカルって、こういう繰り返す音楽の暗示が秀逸だなぁってひしひし感じました。
同じ旋律が繰り返されてるのはわかってても、劇中にそれで他のシーンとリンクして感じることはあんまりなかったので、あの重なって見えるような感覚はすごく印象的でした。
今も、観るたびに、そういえばって思うシーンです。

*   *   *

さぁ、かなり書いたぞ~

今回のトートさままとめ(笑)。
ヘンタイトートさまに、しなやかさとか優美さとか、繊細なとこが強くなってるように感じました。
黒爪がはまりすぎ。(笑)
なんでしょう。毛並みの良い猫?今までのヘビ系ぐるぐるまきトート(おーいしろさーん…)よりも、シシィにすり寄る猫みたいに感じました。
べっとり、よりもちょっとふんわり。
トートの仮面に、石丸さんの色が出てきてるのじゃないかな?とも思いました。
これまたいつぞや言ったかもですが、石丸さんに切ない系(訴えかけてくる系)やらせたら、敵うものはないと思うのですよー!
今まで、石丸さんの表情の豊かさに完敗してるのだと思ってたのですけど、トートの表情はほとんど「無」なのに、それでもやっぱりすごい。
ということで、しろはかなりぐっさぐさやられてキケンでした……。
ここでまたやられるとは思わなかった
エンディングも、シシィを手に入れて、やっと欠けたパーツを取り戻したみたいなトートの雰囲気がとってもすてきでした
石丸さんだなぁ。トートだけど、石丸さんのトートなんだなーって。
トート見てても、ぜんっぜん石丸さんな感じしないんですけどね。でもやっぱり石丸さん。(あたりまえだけど)

*   *   *

ここまで書けば満足なり!

………って、長っ!!
今までで一番長いかも……。ナニコレ。おそろしい長さですね。
そっか……。さっきから、記事かいてるとこのスクロールバーの大きさが変わらないなぁと思ってたんですが、もう限界超えてたのですね

うわー書きたい放題。はーすっきり!(これだけ書けばね…)

感想書くことのぐるぐる、ここ数カ月抱えてたくせに見て見ぬふりしてて(汗)、昨日また、ちょっとしたきっかけで大きくぐるぐるしちゃったんですが、ここで向き合っといてよかった。
この前も、たくさんエリザ感想書いたんですけどね
書いてても、こんなこと書いていいのかなー…ってもんもんしながら書くよりも、今日の方がずっとすっきりだ。
これで、ふっきれてエリザ感想記を増やせそうです(どこまで増やす気)

つぎは、石丸さんトートは9月半ばの予定。
その前に、9月あたまの方に城田くんトートを見る予定です
予定は未定だけど、たーぶーん、だいじょうぶ
わーいたのしみー!

*   *   *

さいごにReminderです。
9月3日(NHK総合、午後0時20分~43分)
「金曜バラエティー」に石丸さん生出演です
しろも録画予約かけないとっ


**Special Thanks**
1週間ためてしまいました。すみません
そして、ありがとうございました~!
8月23日 5時台、12時台、21時台、21時台、22時台、22時台、22時台、22時台
8月25日 17時台、23時台
8月26日 0時台、19時台、19時台
8月29日 7時台、7時台、23時台
ぱちぱちしてくださったかた、どうもありがとうございます
今日はすっきり晴れた気持ちにますます染みます(ふかぶか)
とっても力をもらってます。みなさまに、ほんとうに、ありがとうじゃ足りないありがとうを~!!
これからも、よかったらまた遊びに来てくださいねおまちしてます。
いま、日にちを書いていて、もう、8月も終わるんだなぁ、としみじみしました。
と、いうことは、関西地区のみなさま、石丸さんの写真展がもうすぐですねっ
ここで書くのもなんですが

日時:2010年9月2日~9月8日
場所:キヤノンギャラリー梅田(10:00~18:00 (最終日15:00まで)) 
 です!

ところで、「今度(たぶん)写真展の感想書きます」と言ってから、いったいどれだけ過ぎたことか……
記事を書くたびに、次は次こそはと思いながら(忘れてたわけじゃないんです。汗)、自分で写真展記事のために計画した準備がまだ終わってないという。
書いたころには、大阪も終わってしまうのじゃないかとちょっと心配になってきました。
来週の休みで書けるように、この後準備をすすめます
約3ヶ月ロングランのエリザベートも、もうすぐ1ヶ月が経過。この後も、たくさんのお客さまを魅了されますように~~!!
キャストさん、スタッフさん、それから魅了されて通ってるエリザ同志のお客さま(笑)、先の2ヶ月も万全の体調で、めいいっぱい充実の時間を過ごしてください



comment
2010.08.31 [Tue] 08:08
むむ

しろさん、こちらでははじめまして。
パーティーの時、横の席にいたむむです。
いつもこっそり読み逃げしててすみません。
今回のエリザ感想記、今週末観に行く私には予習(心の準備かも)になりました!
また雰囲気の変わったトートに会えるということですねー。
楽しみ倍増です。
それにしても石丸さんは一体いくつ引き出しをお持ちなんでしょうね。ほんとにすごい方です。
あ、勿論写真展も行きます。しっかり半日のお休みをゲットしましたー。
私が見に行くのが早いか、しろさんの感想UPが早いかわかりませんが、楽しみにしてまーす。
2010.08.31 [Tue] 23:58
nao

やっぱり真のファンの目は凄い…!
微妙な違いをすべて感じとる集中力?いえ感受性がミーハーファン(自覚あり・笑)とは違います!

同じ場面でも観るたびに違う解釈ができたりするのが生の舞台の醍醐味ですよね。
石丸さんもきっとリピーターにとっても新鮮さが失われないよう試行錯誤してるんでしょうね。
トートの愛情に純粋さが見えるかどうかでまったく違う作品にもなりえるし。

石丸さんだけでなくて禅さんとか瀬奈さんのことまでちゃんと…(あたりまえ?)
私も次はもっとマジメに観よう~^^;
2010.09.01 [Wed] 01:19
うるる

わー、たっくさん!!読み応えたっぷりー!!
しろさんの「エリザ」そして「トートさま」に対する想いがずっしりと伝わってきました。
しろさんったら、ちゃんと自分の言葉で自分らしく書かれてるじゃないですかー^^(にまにま)

naoさんのおっしゃる通り、観るたびに印象が変わったり、また受け手によっても様々な捉え方が出来るのが、舞台の面白いところですね!

ホントに「石丸さんのトート」だと思います。
うるは鈍なので微妙で繊細な変化はさっぱりなんですが(滝汗)幹二さんが、押したり引いたり粘ったり唸ったり、その時々によってプチカスタマイズされるのが面白くて、「おっ!」とか「ほおぉー!」「ふにゃあ…」とか(ぜんぶ感嘆符っ?)イチイチうきうきしながら客席で楽しんじゃってますー。
最終的にどこに帰結するんでしょうねー♪ますます目が離せませんね^^
2010.09.02 [Thu] 22:35
しろ

○むむさん○
わーいようこそ~~!
むむさん、こちらでははじめましてです。
パーティーでご一緒できて、うれしかったです。どうもありがとうございました。
いえいえ、よろしければ、読み逃げも大歓迎です(笑)
今後とも、お気軽に遊びに来ていただければうれしいです。

写真展!楽しみですね~。とってもすてきなお写真ばかりで、私も、可能ならもう一回見たいくらいです(^^)
ぜひぜひ堪能してきてください~♪
2010.09.02 [Thu] 22:51
しろ

○naoさん○
真のファン……!!(笑)
いろんなミュージカルをご覧になってるnaoさんこそ、もっと大きく「ミュージカルの真のファン」ではないですか~(^^)

ほんとうに、生の舞台で見てると、ここまで違うものか~!とびっくりすることが多いです。
お客さまの雰囲気でもちがって感じたりするし、何回行ってもその回数分だけ新鮮に楽しくて(^^)

ほんとうは、もっともっとひろーい目で書きたいところなんですが、相変わらずオペラで一点集中してるのと、トートを書くのに時間をさきすぎて、超主要キャストしかカバーできてないので、恐縮ですー(^^;)
もうちょっとほとぼりがさめたら他の発見も書きたいです(さめるかな。笑)
2010.09.02 [Thu] 23:24
しろ

○うるるさん○
うえーんうるるさーん(ノ≧≦)ノありがとうございます~。
プチカスタマイズ!なるほど~!
今日はこんな感じで~って、されてるのだろうなぁ。
それに毎回わわわーっと揺さぶられてます。石丸さんの思うツボ?(笑)
私も、観てる時の心の中の言葉はほぼ感嘆符です(笑)
ほんとうに、千穐楽でどんなトートさまになってるんでしょう。
千穐楽までに、どんないろんなトートさまが見られるんでしょう、かな?(^^)
どちらもたのしみです~♪
comment form
name:
text:
画像認証: *プレビューなしに送信されます
2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**