**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
またひとつ
2010.08.27   [Friday] 21:37

みなさまこんばんは~!
思ったよりも余裕がなくて、すっかりネットから遠ざかってしまってます…。
まだコメントもお返ししてなくて、ほんとうにごめんなさい(>人<;)
今日はお先に、書きため記事第二弾インスタントupです。

すこしさかのぼって8月21日。
パーティーの日なんですが、着替えるために都内某所でホテルをとってたので、のんびり夢心地でその日はお泊りでした
余韻にひたりたい放題の心の贅沢~~

そして次の日。
とくに用事はなかったんですが、やっぱりこのまま帰るのはもったいないなぁと思って、
急きょ、ブリヂストン美術館へ。
はじめて行ったんですが、東京駅から徒歩5分というすてきな立地
美術館おひとりさまデビューでした。
いや、なにそれって感じですが(笑)
いいですねー。好きなだけ見られるって。
しろが好んで美術館行くようになったのって、ほぼ、先日のマネ展以来なのですが(それまでは、ほんとにたまにでした)、またひとつすきなものが増えたみたいです
見識があってのすきではないので、感想書いても見当違いかもしれないですが、まぁまぁ~、見当違いはいつものことですからね(笑)

その名の通り、ブリヂストンの石橋さんが収集した美術品を展示している美術館だそうで、
印象派絵画が中心のようです。
さらに、彫刻あり、古代美術ありで、豊かに目の保養をさせていただきました

今のテーマ展示はヘンリー・ムア。
曲線のまろやかな形を見てると、気持ちがまぁるくなるような気がして不思議でした。
ヘンリー・ムアさんというと、「彫刻家」ということですが、展示されていた彫刻以上にしろがひかれてしまったのが、ストーンヘンジを書いた作品群。
あざやかな色は一切なくて、白地に黒一色の、静かな絵が壁にズラリ、の部屋でした。
夏休みでファミリープログラムと言うのがあって、すぐ外の展示スペースがにぎやかだったので、そこでちょっと落ち着くまでここで待とうかなーと、はじめはそんな感じで、そのスペースでしばらくゆーっくり眺めてたのですが。
なんだかすーごい心地よくてですね。
ファミリープログラムの方々のざわめきがなくなってからもじっとそこで過ごしてしまいました。
すっくと立つ石、また石、の絵をあんなにじーっと見てられるとは、自分でも意外でした。何がおもしろいか分からないのですが、いや、たぶんおもしろいわけじゃないのだけど(笑)、いくらでもこれ眺めてられるなぁ~と。
パワースポットみたいだなーとぼんやり思いました。
力を分けてくれる、っていうのとはちがって、そこに、力強い「それ」があるっていうことだけで力づけられるみたいな。
頑固おやじがいるみたいなかんじでしょうか?(笑)
頼もしさに力づけられるように感じました。
わかりやすく、きれいな絵をみて単純にきれいだなーと思うのはいつもですが、ああいう絵に惹きつけられたのはほんとになんだったんだろう。やっぱり、ストーンヘンジって何か力があるのかな??
人間、なにに惹かれるか分からないものですね。
食わず嫌いはしちゃだめだな。(笑)
何事も見てみる聞いてみるやってみる。と、意外な発見があるのかもですね。

それから、古代美術も、こういう表現は何かもしれませんが、率直におもしろかった~!
壁画とか、壺とか、むかし教科書で見たようなあれこれがあって、すごいですよねぇ。ざっと、3000年前のもの。
3000年も前から、こういうのをヒトは作ってたんだなぁと思うとすごく不思議です。
3000年てほんと、途方もないなぁ…!
すごい自分の「今」がちっぽけな気がして、ふっと悩みとか忘れます。
現実感が戻ってくると、やっぱりいろいろ迷ったり、逆にうれしいとかその場その場で感じますけどね。
今度何か悩んだら、また行ってみようかな(笑)

それからです、印象派~抽象画までのいろんな絵画。
印象派ということで、マネさんに再会!!(でも、正確には、印象派とはちょっとちがうんでしたっけ?)
あら、こちらでもお会いしましたねっと思ったら、その横に、
「オペラ座の仮装舞踏会」という、マネさんの作品が!
ま……また……!?
はい、また不意打ちでオペラ座に遭遇して、おおっとよろこんでしまいました(笑)
この間のマネ展では、オペラ座関連はマネさんの作品じゃなかったんですけど、
今回は本当にマネさん作品で。
なんだか……近づいてる??(なにに。)
仮装舞踏会って書いてあるけど「Masked Ball」だから仮面舞踏会だから、「masquerade」だよね??ってぱぱぱっと脳内変換しちゃいました。(いや、もともと仮装でも仮面でも同じかな?)
完全に頭の中で、あの音楽が鳴りました(笑)
こういう偶然って、意味もなくうれしいです

それから、抽象画のかずかず。これも、しろは抽象画の良さってわかんないよーと思ってたのに、一転。
ストーンヘンジにつづき、いくらでも観てられるなぁと。
ザオ・ウーキーさんの「07.06.85」という作品がとてもすきでした。
ほんとうに、この日は一体どんな心境の変化が??(笑)

こんな感じでいろんな「いいなー!」と出会い、自分も新発見。
行ってよかった。
たっぷりと大満足でした。
こんなに行ってよかった~って心底思えるとは思わなかったくらいに、くつろいで、力ももらって満たされました。展示も思ったよりもずっとバラエティに富んでて、見ていてすごく楽しかった!
立地がいいから、これからいくらでも行けるなぁ
でも、そういうとこに限って、いつでも行けるからってあとまわしになったりもするんですけどね(笑)
良い楽しみを見つけられてよかったです



comment
comment form
name:
text:
画像認証: *プレビューなしに送信されます
2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**