**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
トートを語る。
2010.08.17   [Tuesday] 01:10

つづきまして、12日ソワレ。
石丸さんトート&瀬奈さんシシィでした。

これが、ほんとに迫力スポットで見させていただきまして
本当にありがとうございました~
もう、豪華絢爛な舞台を堪能いたしました。
とくに、エンディングのシシィとトートの構図は、そのまま写真におさめたい!!と思ったくらい、すごくきれいでした。
手前にシシィ。その直線上、背後にトートで、ほんとうに「死の影」、という幻想的な雰囲気でした。
それから、もうひとつ、すてきな構図で見えたのが、
カフェのシーン、足を高く組んで座るトート閣下。
横顔……か、斜め後ろくらいの角度だったかな。
もうですね、座る姿も完璧に計算されてるのでは?と言う感じで、
か……かっこいい…………!
それにつきます。(笑)

そして、比べてみようというわけじゃないんですが、おふたり観たら発見できたことはたくさんありました。
知らないと、分からないことってたくさんあるなと。

山口さんをあれだけ書いておいて、石丸さんver.を書かないわけには、もちろんいきませんでしょう!(笑)
なので、前の記事と対になるように、石丸さんについて。

今回は、仕草とかも細かく書いてしまうので、これから見る予定の方は、
どうぞ、以下**ネタばれ注意**でおねがいします。
あと、あくまでも、しろの受け取ったイメージですので、あしからずー


改めて思いましたが、石丸さんのトートは、まったりねっとりトート。
一目で心奪われたエリザベートにはとくに執着していて、執拗につけ狙ってる感じです。
妖艶でなまめかしいトートでもあります。
でも、それでいてなんだか綺麗な空気をまとっているのは、石丸さんならではなのではないでしょうか。
仕草はとっても妖しげなんだけど、絡みつくようなんだけど、
どこかクールな雰囲気が根底にあるような。ときどき、刃物みたいな鋭さも感じます。

シシィに対して、勝利を確信しているのはたしかなんだけど、
「今のうちに自由を楽しんでおけばいい」とあえて自由にしてあげてるような余裕よりも「どうせ、いつか自分のものになるんだから、今なってしまえ」くらいの決断を迫る強い感じをうけます。
拒絶された時も、おとなしく立ち去りはするものの、シシィの強がりを軽く笑ってるような。
石丸さんトートの「もてあそぶ」は、完全に人の混乱を面白がってるんだろうな、と言う雰囲気です。
なんとなく、なんて感じじゃない。
自分の意のままになるのを楽しんでて、だから、ひそやかに手をまわして、周到に罠をはりめぐらせて。
そのさいごに、自分の指先ひとつで、一瞬で完璧に思い描いた通りの結果になるのが楽しみでたまらない。そんな感じです。
同じくチェスの例にしてみるなら、こういう人は先の先の先まで読んで、いかに相手を完敗させるか、いかにみごとに勝つか、そういうのに美学をもってそう。
そうでなきゃ、ぜんぜん全く興味なし。手も出さない。
執着するものにはとことん、そうでないのはもう無関心。
そういう、激しさと冷たさが完璧に同居するトートのような気がします。

つづいて、発見ポイント石丸さんver.ですと。

石丸さんトートは、今さら言うまでもないですが、銀髪。
色のちがいはもちろん、型も裾が広がる豪奢さではなくて、首のあたりがすこしくびれるような感じで、後ろ姿もとてもきれいです。
衣装も、シック、というのではないですね。華やか……ともちょっと違いますが、柔らかな素材を使っていたりして、ドレープが美しいです。
エンディングで着ている、袖の広い衣装も、ほんとうにすてき。
扮装写真のと同じかな。それともちょっとちがうのかな。
少しの仕草で、ふわっと軽く翻るのですよね。
石丸さんが歩くと、その動きをゆっくり追うように、ふんわりと大きくふくらんで、そっと降りてきて、なんとも優雅です。
あ、それだ!
シックではなく、華やかともちょっとちがく、どことなく優雅な衣装。です
そして、黒に塗られた爪。
もっと違和感あるかと思ったのですが、意外にもしっくりでした。さすがトートさま。

エリザベートの婚礼後のシーンでは、
右手で見えない糸を震わすようにして、あやつろうとして、それを不意に左手で抑える、という動き(右と左が逆かも…)
その時の目線も、上から獲物を見下ろす感じでした。

エリザベートの私室に現れるときは、横向きで完全に机に座ってます。机の、「上」に。(笑)
鵞ペンの使い方といい、すごく挑発的。
それと、「エリザベート泣かないで」を歌うときも、机の上のまま。
自分は動かず、エリザベートをその場におびき寄せる感じですね。(山口さんは、たちあがって、前まで迎えに行ってました)
さらに、例のセクシーな仕草(笑)は、しろが見た3回では、回を追うごとに控えめになってました。
あれまたジョージが…と思ったのは、初日の一回だけでした(笑)
あ。今気づきましたが、しろはまだ、石丸さんトート皆勤賞キープしてるんだ~(そのあと、石丸さんがちょうどローテーションの合間に入ったので)
いやー、ほんと束の間ですけど、なんとなくうれしいなぁ

戴冠式の後。
この日、トートが御者台に上って立ち上がったとこで、ちょうど車が動き出したんですよね。
石丸さんの足元が、ちょっとぐらっとして、ひやっとしました
すぐにバランス取り戻してらしたので、たぶん、あの席じゃなかったら、何も気づかなかったかもですが。
ムチは、すぅっと息をすって「ふっ」って、呼吸でいっしょにムチをふるってるみたいにしてます。
これ、毎回思うのですが、パシンってムチの音が、初めの一回だけなので、そのあと無音のところがなんだか不思議な感じがします
初めの1回聞いたあとだと、無意識にその動きで音が立つのを予測してしまうみたいで、一瞬、あれ?ってなります。

少年ルドルフの前に現れるとき。
ルドルフも、かなり誘惑して絡め取ろうとしてますね。
剣を手にして、静かにそれに視線を落とした後、すぅっと冷淡にルドルフに剣を構えます。
石丸さんトートは、ほんとうに、「殺してしまおうか…」というようなルドルフへの殺意を感じます。
狙いの照準を絞っている感じ。
でも、急にふっとその緊張感をといて、剣先を下げます。
ふいに、ため息をつくように憐れみを覚えて剣をひいたようにみえます。
こちらは、シシィへの強引さとはちがった雰囲気。
いつでも迎えに来れるのだから、なにも、今でなくてもいいか、って。石丸さんトートは、孤独なルドルフをかわいそうだ、って思う気持ちも、愛情もちゃんとあるみたい。
なんとなく、で殺そうとして、なんとなくで生かしておいて、の山口さんトートは、あんな優しげなのに一瞬したら忘れてしまいそうですが、たぶん、石丸さんトートはいつか絶対迎えに来る。
最後の仕草も、そんな感じがします。

それから、これは前の記事で書き忘れました
ルドルフの葬儀の後。
ついに「死」を求めるエリザベートに、石丸さんトートは、口づける寸前まで顔を寄せます。そこでふと気づいて我に返ったみたいにどんっと突き放します。
山口さんは、エリザベートが近づいたのをそのまま、とん、て押し返した感じでした。
石丸さんトートは、求め続けてきたものがやっと手に入る、っていう想いの強さで、つい心を許しかけてしまった、というような。
山口さんは、たぶん初めから分かってたんだな、と言う感じでした。

「悪夢」の指揮を振るとき、石丸さんは両手でふつうに振ってます。
指揮棒の代わりに、短剣を持っているので、それだけでちょっとまがまがしい雰囲気。
ハプスブルク家の人たちの顛末にも、なにか力を込めて振っている感じでした。

それと、ルキーニの最期。
石丸さんトートは、いかにも「もう、用はない」と言うようにさらっと手を差し伸べて、ルキーニが動かなくなると、「あれ、死んだか」みたいな冷たさです。
あっけないな、っていうような。
山口さんトートは、本当に何の感慨もなく、意に介さず。
ルキーニが動かなくなった瞬間、存在すら忘れてそう

しろが受け取ったのは、こんな感じの石丸さんトート。
思い返しながらイメージを言葉にしてるうちに、ちょっと膨らんでちがってきちゃってるとこもあるかもですが、まあ、雰囲気ということで

石丸さんトートは、絡め取るトートかな。
妖しい色気もたっぷり。物憂げな冷たい表情が多いですが、鋭利なブラックな顔も時々垣間見せます。
唇の端で小さく笑ったり。
はって大きく笑うときも、不幸をおもしろがってる表情。
基本的に、何かたくらんでます。
水面下であやつってるな、という感じです。策略家。

うーん、ほんとうに、こんなにも雰囲気がちがうとは。
同じセリフ、同じ歌なのに、まったくの別人。
解釈がちがうと(演出もちがうと)こんなにちがうものなのかー、と思います。
なにより、石丸さんの表情!
声の表情、顔の表情、仕草の表情全部含め。
だって、無表情な扮装写真見たときと、演じて歌ってる石丸さんトート観たときで、ぜんぜん印象違いますもん。(ぜんぜん違うのは山口さんもだけど)
表現が、本当に繊細で豊かなんだなぁと。

それはそうと、石丸さん、この日はハプニング大将
いや、もともと「大将」はしろの誤変換なんですが、今回はぴったりな気がするからこれでいっか、と思って

御者台でぐらっと、もそうですが、なんといっても大将はドクトルでしたね。
「まっていたぁぁ!」ってロングコートを脱ぐときに、中の衣装の結び目がほどけてしまったらしいのですよ

い……石丸さん、はだけちゃったよ……!(びっくり)

もともと、胸元がぐっと深くあいた衣装が、さらにセクシーな感じに。(正面が留まってないので、ほぼ羽織ってるだけ状態)
あのとき、舞台から客席を見てる目があったら、さぞかしあの瞬間、みなさん目がテーンで面白かっただろうね、というのは一緒に観てた母の言葉です(笑)
あららーだいじょうぶかなー(余計な心配です) なびっくりハプニング大将ですが、それよりも、きっとそのあとバックステージか楽屋で、
「いやぁ、はだけちゃったよ(笑)」って楽しそうに笑ってるんじゃないかなって、そっちの方が浮かんでしまって、ふふっと笑っちゃいました
石丸さん、おつかれさまでした!(笑)

*   *   *

シシィも4回(おふたりとも2回ずつ)見てきて、だんだんとしっくり感じてきました。
瀬奈さんのシシィは、ほんとうに天真爛漫なんだなぁ。
まっすぐで、染まってないくて、良い意味での世間知らず。(皇妃としてはそれがネックになっちゃいますが)
強くなりたくて強くなったんじゃなくて、ほんとに他にすべがなかったんだなぁ、って感じました。
朝海さんのシシィはかっこいいけど、瀬奈さんのシシィにはなんだか同情します。
強い言葉も、それで相手を責めてるよりも、自分が辛いんだ、っていう気持ちが伝わってくるような気がして。
クセのない、純粋な空気のエリザベートに感じます。

それと、今まで半信半疑だったので書かなかったんですが、シシィも衣装がちがうんですね。
あれ?と思ったもので、分かりやすく確認できたのが、バートイシュルでの衣装(たしか)
瀬奈さんは黄色。朝海さんは水色のドレスでした。
ネグリジェのデザインもちがうみたい。
ていうかもしかして、全部似てるけどちがうのかな?
そこまでは把握できなかったのですが。うーん、もう一回近くで観たいなぁ。


**Special Thanks**
8月11日 12時台、19時台、22時台
8月12日 7時台、20時台、21時台、23時台
8月14日 6時台
8月15日 0時台、0時台、22時台
にぱちぱちしてくださった方、どうもありがとうございます
すっかり、トート漬けだった日々も終わってしまいました。
これで、感想も書き終えたので、現実に戻ります。じわじわと。たぶん。(たぶん?)
まだ、ためているのもあるんですが、いつになることか……
写真展のお話は、たぶんしばらく先になってしまうと思います
でも、しろが追い付かない間にも、BBSでみなさんが情報くださってるので、ありがたいです
くろっけさんからぞくぞくと情報をお寄せいただいてますので、どうぞご覧になってくださいね。
くろっけさん、たくさん共有していただいて、ほんとうにありがとうございます
今、あれこれ手いっぱいで情報探すのもできてない状態なので、ほんとうに、とーっても助かります
BBSからは、リンクがぽちっとつながらないので、また後日ブログの方でリンクまとめする予定なのですが、しばらくあとになってしまうかもしれません
でも、きっと総集編やりますので
明日から、しろは新しい配属先に異動になります
がんばろう。がんばります。



comment
2010.08.17 [Tue] 20:39
mira

すごい!力作の感想ですね。楽しく読ませて頂きました。
読んでいると、幹二さんトートがよみがえってくるようです。

私はこの日が初だったので、幹二さんトートが登場する度に、衣装や歌い方に驚いたり、うっとりしたりで忙しかった。
ねっとりトート?と思ってましたが、見たらまさにねっとりトートでした。
でもこのねっとり感がもうたまらなく良いです~。

ドクトルの場面、ハプニングだったんですね。
見ていて、そこまで脱ぐの!!!とホント目がテンに!
トートダンサーとお揃いで、上半身裸に!などと勝手に想像して客席でひとりプチパニック状態でした(笑)。
アクシデントかな?とも思ったけど、なにせ1回目なだけに確信が持てず。ハプニングと知って一安心。
でもそんなハプニングの日に見れて、ちょっとうれしいかも♪

1回目ですっかりトート閣下に魂奪われてしましました。
3か月間黄泉の国から帰ってこれそうにありません・・・。
2010.08.18 [Wed] 00:24
nao

いちいち反応してすみません(笑)
それにしてもまたこんな、禁断症状に追い打ちをかけるようなレポを…
同じ公演を観たのに私はまったく違う印象をもったので読んでて目からウロコでした!
そういう解釈もありですね。次回観るのがますます楽しみ。
なにしろず~っと双眼鏡でガン見してたから舞台に溶け込んだトートとしての輪郭を追えていなかったみたいです^^;
でもあの左の口元を小さく釣り上げて笑う表情…思い返してもゾクゾクします…

それと山口トートの「なんとなく殺そうとして、なんとなく生かして…」が言い得て妙(笑)
2010.08.18 [Wed] 21:41
しろ

○miraさん○
こんばんは。コメントありがとうございます~!
そうなんですよね。見るまえは「??」なのに、見るとまさに!のねっとりトートさま。

miraさん、初の回に「大将」をご覧になってしまうとは!ですね(笑)
ただでさえドキドキなのに、輪をかけて刺激が強かったことと思います(笑)
目がテン、やっぱりそうですよね~!(笑)
でも、その時しか見られないハプニングって、うれしいですよね~。これこそ舞台(*^^*)
2010.08.18 [Wed] 21:53
しろ

○naoさん○
とんでもない~!反応返していただくほど、うれしいことはありません。
私も、自分で自分に追い討ちをかけたような気がします…(笑)
石丸さんトートに会いたい!石丸さんトートの声で聴きたい~。(/д<*)

naoさんも「ガン見」仲間でうれしいです♪普段オペラグラスあまり使わない派のnaoさんをも巻き込んでしまうとは、やるなー石丸さん!(笑)
あんなに、ぞくっと系の石丸さんが見られるとは思わなかったです。

naoさんとは全然違う印象でしたか。良かったら、naoさんの印象も聞いてみたいです♪
私も、もう一回観たら印象変化するかもなので、その都度たどっていきたいなと思います(^^)
2010.08.19 [Thu] 17:24
うるる

しろさん、大変ご無沙汰しています。
ようやく棺おけの中から出てきました~(笑)
もうちょっとノンビリ寝てようかと思ったんだけど、トート様がガンガン蹴ってあけるので…(ちがいます。)

えっと、ブログのアドレスが変わったので、お知らせデス。
お時間あったら新しい方に登録していただけると幸いです。
…って、コメント欄で業務連絡しちゃってスミマセン><

しろさんのトート様の洞察、すごいボリュームで読み応えたっぷりでした!
私も初めて見た時は「そうきたか!」って、心臓ばくばくでした。今後もいろいろなアプローチをされると思うので、回を追うごとに楽しみですね^^
2010.08.20 [Fri] 20:21
chawan

しろさんのレポートすごい力作!!面白かったです。
そしていつも感心するのは「棘がなくて愛がある」こと。
生きとし生けるもの全て、たとえそれが超合金ロボトート閣下だとしても、すごく優しいんですもん。
反省しますよ私・・・。 棘どころかすぐ毒吐いちゃうからなあ。(^^;

また煽られちゃったから、これからチケット買い増し検討するしかありません。 どこで?どうやって?って感じです。 幹二さんのトートの会、売れ行きいいんですよねえ。 
ばんばろっっと。

>うるるさん
えーん、うるるさんとまたこうやってネットで交流できるなんて超嬉しいです。
さあ、二人きりで泳いで渡りましょう。 愛という名前の深い湖を♪
2010.08.22 [Sun] 18:28
しろ

○うるるさん○
うるるさんうるるさーん!!
超アナログ環境にいたため、コメントのお返しが遅くなってしまってすみませんでした。
ていうか、先に昨日お会いしちゃいましたが(汗)
うるるさん、おかえりなさい~(*´▽`*)
とってもとってもうれしいです!
トートさまに「還してやろーう」ってがんがんされたのなら、そのうち追っかけてくるかもですねっ(ねっとりと。)
背後には注意してください(いろんな意味で。笑)

リンクの貼り替え、終了しました。
おしらせありがとうございました!
今度は涼しげな雰囲気でこちらもすてきです。
ひさしぶりにうるるさんのところに遊びに行って、なぜか私も、ただいまー!な気持ちになりました。
また、たびたび遊びに行かせていただきますね。
うるるさんペースでのupを、のんびりたのしみにしています。
2010.08.22 [Sun] 18:49
しろ

○chawanさん○
コメントありがとうございます~!
そしてお返事遅くて、ごめんなさい。

超思いつくがまま感想に、そんな風に言っていただいて恐れ多いです(焦) ありがとうございます。
愛……!!!(・□・;)ノノ
いやー、そういうふうにいられたらいいなぁと思いますが、きっと能天気なだけです(笑)
私は、chawanさんの爽快な文章の方が好きです~!
chawanさんの的確な軽妙な言葉が大好きな人間としては、反省だなんてとんでもない!!
毒も大好きです~~(笑)
むしろ、がんがん吐いてください♪
楽しみにしてます。

chawanさんも煽り成功!(笑)
おおっ!しろってば何気に宣伝活動成功してるんじゃ~♪(ただのタナボタでしょっ!)
comment form
name:
text:
画像認証: *プレビューなしに送信されます
2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**