**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
800回目のこと
2010.08.15   [Sunday] 23:24

そろそろ、ため込んだ感想を。

まず、12日マチネ。
こちらも楽しみにしていた、山口さんトート
いろんな意味で、どきどきしながらトート登場を待ちました。
ゴンドラで、すぅっと帝王さま(一説によると魔王さま)登場。
おぉ!山口さんもきれいじゃないですか~!(もってなに。)
でもってやっぱり、豪奢、のひとこと。貫禄があります。
そして、囁くような、独特な響きの歌声。

某海賊で、凍りついてひっくり返りそうになったのはなんだったんだろうと
やっぱり、山口さんは山口さんでした。
舞台映えします。
THE 存在感。
とでもいいましょうか。なんだかすごいオーラ。(声も)

しかし、石丸さんトートから入ったしろにとって、へぇ~~!なポイント満載の観劇になりました。
演出が三者三様と言うのは聞いてましたし、それぞれの方が独自の雰囲気のトートを創りあげてるんだろうというのは想定内でしたが、仕草とかもけっこうちがうんですね。

山口さんトートは、しろが想像してたよりもずっと、あっさり系トートでした。
正直、もっとどーんと迫力の、アクの強い俺様トート像を思い描いてたので、
あれトートさま、けっこういい人っぽいなーと。(笑)
大らかな寛容なトート。
シシィにも、そこまでの執着は感じなかったような。
ちょっと面白いから、手元に置きたいな、くらいな感じで、拒絶されても大して意に介さず、に見えました。
それか、勝利を確信してて、なんの疑いもない余裕なトート。
「まあ、今のうちに自由に遊ばせてやるか」的な、さらっとした手放し方で。
そっか、永遠を生きる「死」だものね。
なるほど、「もてあそんでる」だなぁ、と。
なんというか、ひまつぶしになんとなくチェス遊びをしてる帝王さま、と思いました。
別になんにも悪気があるわけじゃなく、人を人とも思わないというか。
些細なことには心動かされません、という、
完全に別の次元みたい。

あ、こうなんだー!としろが発見したポイントをいくつか(ベースは石丸さんトートです)
まず、言うまでもないかもですが、チラシでもおなじみの扮装の違い。
豪奢な金髪が、長身の体躯に映えます。
どこから見ても、「閣下」の重々しさ。
山口さんはかなりシックな雰囲気でした。素材からして硬質な感じ。
それと、つけ爪はナシでした。(あれがデフォルトなのかと思ってました。笑)

おおまかな山口さんトートの雰囲気は、先に書いたとおりですが、細かく追ってみると、

エリザベートの結婚式の後のシーン。
あやつる手の動きが、ものすごーくぴらぴらぴら~~としてました。
あの、大きな手のぴらぴらぴら~~がものすごく気になって気になって、
うっかり吹き出しそうになって目線をはずしてしまいました

エリザベートの私室に現れるとき、普通に書斎机に座ってました。
「机に向かう」の意味で。
あれ、ふつうに座ってらっしゃるのですねーと。
鵞ペンもいたって真面目に、手に持ってました。
意外にも(?)ちゃんとした教育をされたトートさまのようです(笑)

戴冠式で御者になって、ムチをふるってました。(これはふつう)
ムチのうち方が、「よーいしょ、よーいしょ、」に見えました……(こらこら!!)

少年ルドルフの前に現れるとき。
なんだか優しげでした。
ほんとに、子どもを見る目で見てました。
剣を向けるときも、何気なく、すーっと。
手に持った剣をもてあまして、なんとなく、そこにいた子に向けたような。
同じく、剣先を下げるときも、「まあ、今でなくてもいいか」くらいの余裕を感じました。
摘み取るのはいつでもできるのを完全に分かってて、なんとなくの気分で、かわいそうだから今はいいか、と言う感じ。
きっと、逆に、なんとなく、殺そうともしてしまうんだろうな。
それも、「かわいそうに」ってさらっと言いながら、憐れみながら、なんの良心の呵責もなく。
投げキスはせず、さらっと立ち去りました。

「悪夢」の指揮をするとき、短剣はベルト(サッシュかな)にさしてました。
左手を目の高さにあげて、右手でわずかに指揮をふる、と言う感じ。
………………もしかして、ライト、まぶしいのかな……?と思ってしまったことは、ナイショにしてください

ええと、こんな感じかな。
大まかな印象は
人の世を、机上のゲームくらいに、気にかけてない、
何も意に介してない、超越したトート。
だから、思ったよりもずっと、さらっとしてました。
おおらかで、さりげなく優しげなトート。(それも、何も気にかけてないから優しい感じもあり)
余裕しゃくしゃくな帝王。
ていうか、ほんとに何ひとつ歯牙にかけてないのかも

山口さんのトートを見て、改めて石丸さんトートの執拗さ、執着、ねちっこさ、に気づきました。
これじゃあ、もともとエリザをご覧になってた方は、石丸さんをご覧になった時、
ぎょっとするくらいねっとりと感じただろうなぁ、と。

*   *   *

さてさて、ちなみにこの回ですが、東宝版エリザベート800回目の公演。
そのためか、みなさんすごーく熱を感じました。
これ、マチネですよね??
ソワレ、演じられるんですよね??ってシロウト目線で心配になっちゃうくらい。

エリザベートの朝海さんも、熱演でした。
心の叫びが痛々しいくらいでした。
これで、2回目の朝海さん。
瀬奈さんと2回ずつ拝見して、すこしずつ、おふたりの雰囲気の違いも感じられた気がします。
いえ、雰囲気はもともと違うんですけど、受け取れるもののちがいかな。
朝海さんは、どちらかというと、本当に自我の強いエリザベートだと感じました。
そして、すごく孤独なエリザベート。
孤高の、と言えるかな。
すごく強くて、するどくて、だから逆にあやうげなところもあって。
硬質なガラスのようなエリザベート像。

*   *   *

最後に、800公演記念のカーテンコールのことを。
村井国夫さんの司会がお上手すぎて、すっかり笑わせていただきました。
なんて絶妙!!
詳しい内容は、公式HPでupされてるので省きますが、
800回律儀に出演なさった方々から、一言ずつ。
治田さんからも、お言葉がありました。治田さん、お話がとっても和やかで、かつ笑いもばっちりとってて、すごいなぁ!
それから、この回で初日を迎えた山口さんのご挨拶。
山口さん、今までインタビューとか、カーテンコールの動画でお話を聞いたときは、ものすごく真剣に、脳内をフル回転して、「こういう意味?それともこう??」と探りさぐり聞いたものですが(笑)、
このときのお話は、自然に聞いて、とっても笑わせていただきました。(あの、変な意味じゃなく、山口さんのお話が楽しかったので)
自虐ネタ(「フレッシュじゃなくても……」とか。笑)もひろうされて笑いを誘ってました
……あれ?なんだかとっても、お話上手な方じゃないですか???(そこに驚いてすみません。汗)
今までの「???」状態は、なんだったんだろう~~
やっぱり、直に聞くと違うってことなのかな??
伝わるものがあるということでしょうか。
いやー、びっくりした……(こらこら)

そうそう。
山口さんは、最後のご挨拶の時、小池先生とリーヴァイさんの後ろになってしまってた朝海さんエリザベートをそっとエスコートして、自分のお隣に連れてくる、という優しい気づかいをみせていらっしゃいました
その、無言でにこにこってして、ちょこちょこちょこって手をひいてくるエスコートの仕方が、なんとも愛嬌たっぷり!!でした(笑)

*   *   *

こんな感じで、満足のマチネ
たぶん、しろは某海賊で山口さんに、なんだかすごいイメージがついてしまったのがいけなかったのだと思います(笑)
今回はまっとうな期待や斜めな期待やいろんな期待をしていきましたが、それにまんま応えてくれて、感嘆もあり、笑いもあり、なるほどー!という納得もあり。
観に行って、よかったです



comment
2010.08.16 [Mon] 00:51
nao

またまた楽しく読ませていただきました(笑)
山口トート、私は2年前に観たきりですが、しろさんの感想読んで「そういえば省エネ仕様のトート様だったなぁ」と色々思い出してしまいました。いや、けだるそう~なトート様というか?(笑)でも、あの存在感はやっぱりピカいちですよね。
今回も一度くらいは観たいと思っているものの、キャスト表とにらめっこしながらやっぱり石丸さんの日ばかりとりあえず3回追加しました♪
2010.08.16 [Mon] 16:31
LEO

しろさんの山口さんトートの感想に超!同意!!
私が書きたかった(印象に残りすぎた)シーンも一緒!!
私のブログで感想書こうと思いましたが、書いた際にはこちらをご紹介させていただいちゃってもいいでしょうか!?
内心爆笑(!?)で読ませていただきました(今、会社←仕事しろー)。
でもほんと、幹二さんのトートさまと比べるとすごく大らか優しげ余裕のトートでしたね。びっくり。
最初の写真の印象では、幹二さんが新たに優しく切なげなトートを作り出しちゃうんじゃないかと思わされてたんですが、意外や意外。
山口さんにもこわーいトートを期待していたのですが、あれで私が変に山口さんトートにはまらなくて済んだので安心しました(笑)。
2010.08.16 [Mon] 20:16
しろ

○naoさん○
いつもうれしいコメントありがとうございます(^^)
省エネ仕様と聞いて、まさに!と思いました(笑)
存在感はほんとにすごいですよねぇ。立ってるだけでも迫力があります。
わぁnaoさんもリピートですね~!なんだかうれしいです。いつかまた、劇場でご一緒することがあるかもですね♪
2010.08.16 [Mon] 20:24
しろ

○LEOさん○
やっぱり、感じるものが似てるのでしょうか。同意していただけてうれしいです!
ちょっと、こんなこと書いたら、ブーイングがきちゃうかな?と思いましたが安心(笑)
紹介だなんて、ありがとうございます(^^)よろしくお願いします。

ですねですね。おふたりともイメージを覆す意外なトートで、へぇ~!と思いながら楽しく拝見しました。
山口さんで書きもらしたこともあるので、早く石丸さんver.をupしよう~。
comment form
name:
text:
画像認証: *プレビューなしに送信されます
2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**