**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
はじまりました!
2010.08.10   [Tuesday] 03:36

初日終わりました!
いえ。いよいよ、はじまりました!!
エリザベート2010開幕です。おめでとうございます!!

しろも、どきどきわくわくそわそわしながら、いってきました~
もう、何から話しましょう!!

見た直後はちょっと、胸いっぱいな余韻でぽーっとしてしまい、言葉がうまくでない感じでしたが、じわじわと今になって興奮が高まってきて、お話したいことがいーっぱいになっている今です。

まず、プロローグからトリハダ。
一斉の歌声にも弱いですが、ざっとそろった群舞の迫力にも弱いです。
つまるところ、大好きなのです。
グランド・ミュージカルの豪華さ!かっこいいです~
エリザベートの音楽も、とっても好みでした。
あの、バラを食べてるような旋律(笑)が耳に残ります。
いくつかは、たしかに武道館やプロモや、石丸さんコンサートで耳にしてるんですが、そんな1回2回しか聴いてない曲でも、耳がちゃんと憶えてて、わぁって気持ちがうれしくなる音楽。
10年も愛されている作品だというのがよくわかりました。

絢爛豪華な舞台。耽美の世界。大勢の迫力。魅了する音楽。

そして、トート閣下!!
き……綺麗……!!
もーう、ほんっとに綺麗で見惚れました。
もちろん、容姿端麗な方だというのを、今さら言うまでもないのですが、それでもうわぁ~~~っていう綺麗さですよ!
「きれい」とか「キレイ」じゃなく、大きく「綺麗」という美しさです。(伝わりますでしょうか)
妖しい魅力。といっても、綺麗な妖しさ。
純粋な陰の美しさで惹きつけてやまないトートさまでした。
うーんと、紫の妖しさよりも、漆黒の色気、かな。

そして、歌いだしからまたうわぁ~~!!
魅惑の歌声。
こちらにも、うっとり~~
まろやかにねっとりと、優しくからみつくような歌声でした。(どんな)
かと思えば、ロック調のところは激しく、まさに悪魔的な魅力。
変幻自在に、全開で誘惑です。
いやぁ、すごい。
CDとコンサートで、こんな歌い方もされるんだなぁ~!って、何度もびっくりして、
今ではだいぶ、しろも知ってる「石丸さんの歌声」の枠は広がってきたと思ってたのですが、いやー考えが甘かった!
また聴いたことのない石丸さんがいました。
そんな歌声が、さらに、ばばーんと響き渡るのですよ~~。
圧倒。圧巻。
気持ちが、わぁっと沸き立ちました。
やっぱり、すごい人だなぁ。石丸さん。
グランド・ミュージカル、4年ぶりっておっしゃってましたっけ?
きっと、相当緊張してらしたんだろうなぁ、とは思うけれど、うわぁ緊張されてるなぁ~っていうのは感じなくて、
魅せてやろう!というような、気合、良い意味での気負い、意気込み、気迫、そんなものが伝わってきました。
とってもかっこよかったです

今回のトート、今まで何度も「今までにない役」といったお話が出てましたが、
不思議なくらい、ぜんっぜん違和感らしきものを感じなかったですね~
観る前は、もう、どんなだろう~~って想像つかないくらい、ずっとどきどきわくわくだったんですが、
登場して歌声聴いた瞬間、ほんとうに段差なく、すぅっと入りました。
それですとんと落ちついて、じーっくり舞台に集中できました。
どきどきは、観る前のそわそわした緊張感から、舞台の魅力に引き込まれてのどきどきになって、つづきましたけどね
そんな感じで、初めてこんな石丸さん観た~~!!って感動はとってもありましたが、びっくり!ていうのじゃなくて、逆に、そのことにおどろきました。
しろは初トートが石丸さんなので(武道館ライブの安蘭さんを除き)、他の方を見た経験からどうというのは言えないのですが、
石丸さんが、石丸さんの、石丸さんらしいトートを形成してるからってことなのかな。
憮然としたような、あんな、気だるげ~~なのも、たぐり寄せるように誘惑しまくりなのも、冷ややかな魅力も、はじめてみた石丸さんでしたが、
石丸さん、トート役、はまり役なのでは??
ていうか、しろは、はまってると思います!
仕草のはしばしまでも美しくて、ほんとうに、ほうっと見惚れました。
ダンスもとってもかっこよかったです!
誘惑されまくり!(笑)

基本的に氷の仮面なトートさまでしたが、笑うとやっぱり石丸さんで、そんなのにもほんわか~
カーテンコールではかなり氷がとけていらっしゃったようで(それでも、今までに比べて、クールさ(=トートらしさ)を保とうとしてたような…)、………これ、なかなかキケンじゃないでしょうか。
今まで冷たい表情をくずさなかった人が、不意にくしゅって笑ったら、やられますよねぇ。
どっちかというと、しろには冷たい表情の石丸さんの方が新鮮だったはずなのですが、クールなトートになじんだ後に、そのトートがにっこり笑ったので、「トートが笑った!!」と笑顔にぐっさりやられました。

トートって、傲慢なくらいの力強さで、虎視眈々とエリザベートをつけ狙って(笑)ますが、
「追っかける」というよりは、「待っている」ヒトのような。
いつもそばで見守ってる、って感じもしますね。
この雰囲気は石丸さん流ですか?どうでしょう。
ぐいぐい強引に求めながら、最後の決断は寛大にシシィに任せてる、そういう加減が、オトメゴゴロをくすぐるのだろうなぁ

はい、どうも、石丸さんトートに魅せられすぎて、トートを語りすぎました
今回、こんなにオペラグラス使ったことないかもくらいに、………いや、かもじゃなくて間違いなく、こんな使ったのはじめてです。ひたすらトートをガン見(これ以外の表現がみつかりません。)してきましたが(いやー、目が離せなくて。笑)
ちゃんと、他の方も観てますよ~ってことで(笑)

瀬奈さんシシィ。
ちょろっとうかがっていたお話から、ほどほど期待で行ったのですが、もー良い意味で、裏切られました~~!
少女時代の歌では、やっぱり男役さんな雰囲気かな?っていうの(しろのイメージですが)もすこーし感じたのですが、ひょっとして、少女っぽくされてたから、逆にそう見えちゃったのかも。
エリザベートががんがん自立していくと、初めに感じたあれっていうのがまったくなくって、
少女時代の活発さ、奔放さから成長して、びしっとした雰囲気がすてきでした。
凛とかっこよかったです。
カーテンコールのご挨拶で、「誠実に」って制作発表に続いておっしゃってましたが、お話の仕方も誠実な雰囲気で
同じくカーテンコールの時、「今までで一番かわいらしいエリザベートです!」って瀬奈さんが紹介された時、石川禅さんが力いっぱいぱちぱちぱち~!!って心のこもった拍手をされてて、印象的でした(笑)

その禅さんフランツ陛下。
石川禅さんは、パイレート・クイーン以来でした。
パイレートのときは、あちらやこちらやジャイアントさんや(こら!)にめいいっぱい気をとられてしまってたのですが、今回拝見して、心から脱帽!
若フランツから老フランツまで、ここまでひとりで演じ分けられるものですか~~
特に、老フランツ。ほんとうに、おじいちゃんみたいでした(とってもほめてます。)
声作ってるように聴こえないんですもん。顔立ちまで違くみえました。いやぁびっくり。
芸達者、というのはこういう方のことを言うのでしょうね。すごいなぁ。
そして、歌声がとっても好みだということに、今日気がつきました(遅いよっ)
でも、フランツは切ない役ですねぇ……。
しろはあまりフランツ陛下に良いイメージがなかったのですが、なんだか報われなすぎて、哀しい人だなぁと見る目が甘くなりました
とっても真面目な人なのにな。
この方が、皇帝でさえなかったら、フランツ自身も、エリザベートも、うまくいったのかな。と、ちょっと思いました。
「♪夜のボート」のあと、悄然と立ちつくしている姿がなんとも哀れ。

そして、田代万里生さんルドルフ!
武道館ライブでも拝見したのですが、やっぱり、役者さんて劇中で拝見するとまたぜんぜん違いますね。
もう、声の通ること!
プロローグで、ひとり声の通る方がいるなぁ~万里生くんかなー?って思ってたら、やっぱりそうみたい。
高音部が、すーっと響きますね。すごい声ですー。
石丸さんトートとの、「♪闇が広がる」が、もうとっても絶品でした。
次も聴くのが楽しみ~~♪
それにしても、ルドルフはどうみても、悲劇の皇太子ですね……。
ちっちゃいルドルフが、またなんともいたいけで。
年を重ねて大きくなっても、その中にはずっと、孤独に耐えてたちっちゃいルドルフがいるのだろうなぁ、と感じました。

さてさて。
のんびり振り返っていたら、けっこうな時間になったので、物語に関しての感想はまた書こうと思います。
最近、次へ次へが多いなぁ
でも、物語にもいろいろ感じたものがあったので、ゆっくり書きたいなぁと思います。
皇家の因果とか、高貴なる者の義務、とか、ままならなさとか、うーん、どろどろだけど、深いですね。
なにしろまだ1回なので、しろのなかではまだ消化以前の問題で、噛みくだききれてないような気がします
エリザベートも、回を重ねる予定になってるので、ゆっくりとじんわりと噛みしめながら、楽しもうと思います

しろは明日も行ってきます!
明日っていうか、もう今日でした。
初回見た直後に、明日観るのが待ち遠しい!って思いました。(笑)
もう今日ですが、やっぱり待ち遠しい~~!!

そのあとは山口さんトートもあるし、楽しみ盛りだくさんだなぁ~~



comment
2010.08.10 [Tue] 09:21
LEO

しろさーん!しろさんもこんな時間に!(笑)
なんかもー、ほんと似たもの同士で嬉しいです(勝手に)。
いやー、自分で書ききれていたか不明ですが、やっぱり似たような感想も多々。似たような行動も多々(笑)。

ほんとなら私も今日も行きたい~!
一瞬、「マチネだったよねぇ?」って確認しちゃいました;
(ソワレなら行く気だったヒト←すでに日常生活崩壊し始める気配)
でも今日だけ我慢すれば次はまたムフフなお席でトートさまに会えるから、
今後のために今日はまじめに仕事しておきまーす(←それが普通)。
連続2回めの感想も聞かせてくださいね。今日も素敵なトートに誘惑されまくってきてください♪
2010.08.10 [Tue] 20:44
しろ

○LEOさん○
いやー、反芻しながら言葉を探しさがし書いてたら、とーっても時間がかかってしまって(笑)
LEOさんと似た者同士なら私もうれしいです~。
思うことも行動も似てるなら、もう一心同体ですね♪

今日もばっちり誘惑されまくりました~。
すでに中毒症状(急性)がでているような……。
これはキケンです。
12日にショック死で連れていかれないように気をつけます(笑)
comment form
name:
text:
画像認証: *プレビューなしに送信されます
2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**