**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
2010.10.03   [Sunday] 22:07

つづきまして、昨日10月2日の話。
実は2日連続で行ってきましたー(笑)
昨日はやっぱり石丸さんトートで。
え?だって、やっぱり観ないわけにはいかないでしょー!(笑)

さて、しろのエリザベート当日券記。第二回。
10月2日(土) マチネ:朝海さん&城田くん ソワレ:瀬奈さん&石丸さん
昨日は、8:20くらいに帝劇につきました。
その時点で、すでに30人くらいのお客さまが!!
いやーすごいですねー。
わわわこの前(8月29日も当日券でした)の倍以上いるー!と思ったのですが、
考えてみたら、前行った時は石丸さんのマチネ一本の日だったので、マチソワあるってことは、単純に倍くらいいてもふしぎじゃないかな。
あとは、どのくらい分散するかな?というところだったのですが、途中で昼公演列と夜公演列に分かれてみたら、2:1くらいになりました。
そかそか。この時間からソワレで待ってる人ってそんなにいないよね
ソワレでよかった~~!!(笑)
そんなんでしたので、前のときよりもセンターよりでとれました。わーい♪

石丸さんのトートは半月ぶりくらいかな?
なんだか、またねっとり復活してません??
すっごー重々しい、どろどろに濃厚なねっとりトートになってらっしゃるように感じました。
貫禄もますます。
ほんとうに、「帝王」って雰囲気まんま。
ふてぶてしい感じでした(笑)
揺るがない重厚感がすごい。
もう、完全に君臨するトートさまですね。
歌声も、深ーく、おもーく、迫力でした。
今度はそうきたか!って。

シシィとのやり取りも、切な系になったときもありましたが、今回はまた絡め取ろうとするような、それが力を増して、引きずり込もうとするように見えました。
赤ちゃんゾフィーの死の後、「♪ふたりで踊った~」の請うような歌声のところすら、わざとそうやってシシィをとりこもうとしてるのじゃ?という感じで、どことなく帝王の余裕が見えます。
請うっていうより、思いっきり誘惑してるんだなーって感じ。
シシィの一歩上を行くトートみたい。

うーんうーん。
いくらなんでも、そんな毎回変化するトートを想定して行ってるわけじゃないんですが、なんなんでしょう。
だってちがく見えるんだもん!(開き直り)
この前は爆発的に烈しかった分、あんまりねっとり感じなかったんですが、昨日観たら、深みのあるねっとりさが加わってたし。底なし沼みたいでした。
「トート」っていう抽象を、演じ手の石丸さんが変幻に表現してるのはもちろん、抽象だから見てる側のその時の気持ちとかでも変幻に見えがちなのかな。
そんな毎回変わるわけないよね、ヘンな風に、ちがい探しをするような見方しないようにしよーって思いながら行くのに(きほん、変化はないのを前提で見てるのですが)、なぜかいつも、見ると、あれ?何かちがう~って印象を受けるのですよね。
なんだかすーっごいヘンな感じです。
トートさまに化かされてるんじゃないかと思います。(これ!)

*   *   *

そういえば、まちがいなくこれは変わってました、っていうのは、
寒がり皇太子さま。(ちがいます)
ミルクのダンスのとこの伊礼さん、先日見に行ったときはストールぐるぐる巻きでしたが、
10月1・2日で見たときはストールナシでした。
代わりに、顔ちゃんと汚して市民にまぎれてました。
そうそう、ばれちゃうからねー(笑)
ストールも、隠すためだったのだと思いますが、
かえってちょっと目立っちゃうようなー?(笑)っていうのもあったので(そしてとても暑そうだったので。笑)、メイク直すの大変だと思いますが、伊礼さんナイスと思いますー

伊礼さん、前のとき書くの忘れちゃったんですが、そしてすでにあちこちで言われてますが、マイヤーリンクでの指でくいくいっとトートダンサーズを手招きするとこ、狂気が増してたような気がします。
熱に浮かされたような笑顔がこわいよー
そうやって自分でおびき寄せたものに踊らされて、我を忘れて愉しんでる壊れた笑顔から、
溺れきって、翻弄されるだけになって、がらっと恐怖の表情に変わって、の変化もすごい。
くいくいっの仕草ひとつで、自分のしかけた策にはまって、自分ではどうしようもなくなってくっていう転がり落ちる感が重くて怖いです。
途中で髪を自分でぐしゃっとかき乱す仕草もありますね。
ちょっと引いた目で見ちゃえば、髪を乱すことですさんだルドルフに見せるため、って思えなくもないんですが(引きすぎてます?)、どうにもならなくてもがいてる感とか、自分の手で自分を乱す自暴自棄な風にもとれておもしろいなぁと思います。
それで、究極「トート」に直面する。
伊礼さんルドルフ、きりっと仕切れそうな強さの分、堕ちるときはとことんまで自分で堕ちてく感じがして、あの数分のシーンがずっしり重いです。

*   *   *

ひさしぶりの休日(=土曜日)観劇だったのですが、やっぱり休日って客席の温度が熱い気がします
2日連続で見て、ひしひし感じました。
音楽が止んでからの、再カーテンコール催促拍手があっという間にあわさりましたねー!
単純なのですが、この瞬間がすごく好きです
客席の気持ちがひとつになったみたいな感じが。
舞台への称賛の気持ちと、もう一回会いたい!って期待が、わぁっと劇場いっぱい感じられて妙にうれしい。
合わせるともなく、ごくごく自然に合わさってくことに毎回感動します。
エリザベートでしろが見た回では、こうやって合わさったの初じゃないかな。
あれ、初日もだったかな?もしそうだったら初日以来なのはたしかです。
この回は、最後のシシィ&トートの登場も2回ありました。
これも初めてでした~
季節に逆行して、ますます熱が高まってる『エリザベート』、
キャスト・スタッフのみなさんが、千秋楽まで思うままに力を発揮されますように
一回一回の舞台をいっぱいの満足感でとじられますように!
まだまだ応援してます


2010.10.03   [Sunday] 17:35

10月1日は、宣言通り、ゆうさまトートを観に行きました。

山口さんのトートを見るのは、8月12日以来!ゆうに1ヶ月半ぶりだったのですが、
もーびっくりー!!
ゆったり構えた寛容な、超越した、省エネな(笑)トートさまはいずこへ。
はげしかった!

前に観たときは、基本的にとにかく大らか~~な雰囲気で、穏やかな表情をたやさなくて、
寛容でやさしげ。だからこそ、逆に人の世なんて歯牙にもかけてないんだろうな、という感じを受けたのですが。
今も、まだそのおおらかさは基本にあるのだと思います。
ですが、ところどころで感情が見えるはげしいトートさまになってました。

まず、「♪最後のダンス」
ゆうさま超ノリノリっ!!
ゆうさま絶好調!!
どっかんとパワー全開の山口さんでした。
そうでした。ここらから、うすうす「ほおお!山口さんどうしたんだー??」みたいな感じはしてたのです。
いや、しろの印象に残ってた、包容力の閣下、座右の銘は「余裕」的なトートさまからは想像のつかない、パワフルなトートさまでした。
くわっ!と目をむいてたのってこの時だったかな?
そんな感じで表情も「ゆったり~~」モードから変化が。

1幕最後の「♪私だけに(リプライズ)」
これも、前は余裕に見えるあまり、「手に入れる時期が遅れてしまった」っていう雰囲気(あくまで手に入れるのは当然)くらいでしたが、今回は「ああ、やってしまった…」って気持ちの部分が見えたような。

子ルドルフとのシーンも、今回もなんとなーく殺そうとして、やめた、って風には見えましたが、いつかはちゃんと迎えに来てくれそうでした。
このシーン、山口さんはなんだかあまり葛藤を感じないような……。だから、なんとなく、って見えるのかも。
子ルドルフに、シシィやフランツ、もしくは自分自身をすこし重ねて見るような葛藤はなくて、ふつうに「ちいさいこ」としてあったかい目で見てるような気がします。
あ、そっか。
今思えば、前に見たときは、どの人に対しても、むしろ人の世の中全体を「ちいさいこ」として見てるようなあたたかさだったのかな?
自分の懐の中で人を遊ばせてるような、おおきな、つかみどころのない「死」。
それを思うと、今回はちゃんと人格を持ってるように見えたというか、人っぽい感情が見えた気がします。

そのルドルフが大きくなって、エーヤン、ルドルフ!のところでは、トートさまうれしかったのか、
なんと御者台に立ったまま猛烈に、鞭をうってました。(びっくり)
や…山口さん、はげしい……!!
えっ。この前のゆったり系「よーいしょ、よーいしょ」はどこやったの!?(こらこら!)
ほんとはげしかったー。
体も大きい方ですから、それで御者台に立ってるだけでもどーんと存在感があるわけですよ。
それでびゅびゅびゅん!っとぐおーっと鞭をふるうので、
なんだかとってもすごかったです。
すみません、にこやかに手を振ってる(はず)のルドルフより何より、山口さんにくぎ付けでした。(笑)

はげしかったといえば、ちょっと戻りますが、シシィが倒れるシーン。
ドクトルのとこですが。
ドクトル→トートでマントをばっさー!
この前のトークショーで瀬奈さんかっこええ~~!!と印象付けられたこの場面。(なにかちがいます。)
「それがいい……」と静かに帽子をとり、なげすてます。
ぽつぽつとドクトルのコートのボタンをはずして、突如ばさーっ!と正体をさらす!とこが。
脱いだコートを、ぶんぶんぶん ぶんっ!! と思いっきり振り回してから、勢いよく放り投げてました。(おおー!!)
どこまで投げる気ですかー!山口さん!!という勢いで振り回してらっしゃるので、びっくりしました。
暴れん坊閣下だなぁー!(笑)

それから、マイヤーリンクのところ。
ルドルフへの死のキスなんですが、至近距離の微妙な距離感のところで、すーっとピストルをとりだす感じと、
死のキスの「そっ」と、同時に手渡すピストルの「そっ」っていうタイミングも質感も同じで、
「トートのキス」=「ピストル」=「死」っていうのが、ぴったり100%一致して感じられました。
死のキスだ、っていうのはもちろんわかってたのですが、その不思議な感覚ははじめてでした。

それからですね、
ルドルフの葬儀の後、ルドルフの棺から現れる場面。
すーっと開いて、黄泉の帝王が現れた、とおもったら。
ちょ、なに その構えー!
その構えはなにですかっ山口さんーー!!
両手を高くあげて、なんでしょう、シシィを狙ってる風?
シシィを操ろうとしてる風?
シシィにぐぐっと力をそそいでる風??
黄泉の帝王構える!な感じでした。(良く分からないって!)
前は、静かにシシィを見降ろしてるような感じでしたっけ。
あんなに力はこもってなかったと思うのですが。
そのあと、「死」を求めるシシィの言葉をじっと背中できいて、毅然として突き放すのですが、
正面から聞いちゃったら、そのまま連れて帰っちゃいそうだったから、あえて背を向けてた、って風に見えました。
後ろを向くことででこらえていた、というか、誇りを守っていたというか。
前に観た山口さんトートは、誇りは守ろうとするまでもなく揺るがない帝王で、「まだ私を愛してはいない」って言葉にも葛藤はなく、「だからいらない」ってきっぱり冷静に切り捨ててた気がしたのですが。
背中を向けている間に、気持ちを落ち着かせて、自分にもシシィにも言い聞かせるようにして突き放したのかな、とか。

うーん。
今回も、省エネトートさまを予想して行ったので、ほんっっとうにびっくり。
なんというか、小さいことにはこだわりません、みたいな大きな大きなトートさまのなかに、なにか熱いものが生まれたようです。
今回はほんと予想外すぎて、でええっ!とびっくりするばかりで、トートの心の動きうんぬんよりも、
どうなさりました、山口さんっ!!(もうトートより山口さん)
な目線で山口さんの暴れん坊な動きにくぎ付けで見てしまったので、全体的にどんなトートだったのだか、うまく言い表せないのが残念です

山口さんのやんちゃな一面が見えたような気がしました。
それに、ほほえましいなぁと思ったり、ぐっと笑いをこらえたり(こら!)、すごいなぁと(いろんな意味で)思ったり、いろいろ楽しい観劇になりました

カーテンコール、最後のシシィとの2人のカーテンコールでは、後ろ向きになるときに、すちゃっとポーズを決めてて、おちゃめなトートさまでした。
なるほどなるほど。
山口さんて、ずっと「すごい人」だと思ってたのですが、案外「かわいい人」だったんだなー(まてまて。笑)
羽ペンシーンで、きちっと机に向かってたり、
カフェで真面目に新聞読んでたりするとこが、妙にかわいらしく見えてしまうのはナゼでしょう(笑)
羽ペンと言えば、シシィを誘惑した後、「いやよ逃げないわ~」ってシシィが歌いだしたとこで、
ぱしっといつになく俊敏な動きで机の羽ペンを握って、後ろ向きにじっとしてたので、ほー?と思ってじっと様子を見守ってたら、
そっか、山口さんトートは最後にペンを床に投げつけるのですね。
よしここだっ!えいっ!とぴしぃっと羽を投げたのまで見て
そっかーその準備をしてじーっとしてたのかーー(笑)
なんてところもちょっとかわいらしかったり。
ところどころ、大きな(かなり大きな)コドモのようにかわいく見えるのはほんと何なんですか!
やっぱり「すごい人」だなー!(笑)

そういえば、山口さんのトートはライオンみたいだなーと思いました。雰囲気的になんとなく。
そこにいる、ってだけのおおきな存在感とか、
豪奢な貫禄とか、
ゆたっとした動きとか、
ふさふさなあったかそうなたてがみとか、(……たてがみ?)
気まぐれなしっぽとか。(しっぽないない!)

えーと、しっぽは冗談ですがすみません。
と思うと、前見たときはそれこそ「眠れる獅子」みたいな、眠ってはないですが、ゆったりかまえた感じはそうだったのかなと思ったりしました。
1ヶ月半の間に、「ときどき暴れる獅子」に……(おーい!)
前の、すごい高みにいるトートさまも、なるほどー!ですてきでしたが、
今のいきいき感情の見えるトートさまも見られてよかった~!
あと1カ月したらどうなるのかな。
やっぱりこうやって長期でやってるといろんな変化もおもしろいですねー

*   *   *

変化と言えば、瀬奈さんも!!
瀬奈さんシシィ、ちょっと強くなったのじゃ?
結婚式後の、ゾフィーとの言い争いのところ、いままで、戸惑ってる感じが強く出ていて、受け入れてくれないゾフィーに、「なんで?」って純粋に傷ついてるようで、かわいいシシィなのだなーと思ってました。
一方的にゾフィーに批判されてて、被害者的にかわいそうに見えたりもして。
今回はそこからちょっと強くなって、ゾフィーに立ち向かう反抗心が見えるように感じました。
ショックを受けてるだけじゃなくて、そんなの我慢できない!っていう怒りと言うか。
自我が強くて怒りを抱えてるだけだと、見ててそんなワガママ言っちゃだめだよシシィ~ってひやひやしそうですが、瀬奈さんシシィのもともとのまっすぐに傷ついてる雰囲気と、その自我の強さがすごーくいい具合に混ざりあってるような気がします。

それから、最後通告のとこ。
瀬奈さんシシィ、フランツの懇願する言葉にぐらぐら情が揺さぶられてるのが伝わってきて、先が分かってるのに
もう、扉開けに行っちゃうのでは??と思ってしまうくらいでした。
やっぱり情に篤いシシィに見えるなぁ。
最後通告を突きつけるのも、情から。
いっしゅん、本当に立ちあがって扉開けに行っちゃうんじゃ?くらいに見えるのに、ふっとルドルフのことを思い出して、気持ちを落ち着けて、譲れないって表情になっていくのですよね。

なんだか皇后の貫禄が増してきたような気がします。
瀬奈さんも、千穐楽迎える頃にはどんなシシィになってるのかな。楽しみですね

**Special Thanks**
9月26日 13時台、21時台、22時台
9月27日 10時台、15時台
9月28日 13時台
9月29日 0時台、10時台、13時台、18時台
9月30日 13時台、23時台、23時台
10月1日 15時台、21時台、23時台
にぱちぱちしてくださった方、どうもありがとうございます
しろは昨日、三菱一号館美術館にまた行って、今度はジョン万次郎(の文献)に遭遇してきました。
そしてそろそろ気がつきました(笑)
そういうリンクって、すごーくありふれてるものなんだなぁって
しろがずっと好きだったもの、舞台に行くようになって知ったもの、石丸さんを応援するようになって出会ったもの、その関連ものは、世の中にたーくさん、ありふれてるらしい。
そういうのに思わぬところで遭遇して、わぁ!ってうれしくなって、今までなんて偶然~って思ってたけど、きっと、ひろーく見てみたら、なんでもないことなんじゃないの?くらいにぜんぜん珍しくなく、いっぱいあることなのだと思います。
でも、そういう「当たり前のこと」ですが、
好きなものがあるおかげで、舞台に行くようになったおかげで、石丸さんに出会ったおかげで、ひとつひとつの遭遇から、ちいさいけどうれしい気持ちをもらえて、ありがたいなーと
これだけあちこちで遭遇してるからには、これからも、きっとたくさん、ここにもいましたかー!って遭遇することがあると思います。
大すきなあれこれがなかったら、きっとなんとも思わずに通り過ぎてたんだろうなってことに、うれしい気持ちをもらって、
そういう「当たり前のこと」をうれしいことに感じさせてくれること、
「うれしいこと」が当たり前にたくさんあること、
どっちもすごくありがたいことです

この拍手も、しろのふつうの日常のなかで、うれしい気持ちをくださるひとつです。
いつも、どうもありがとうございます


2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**