**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
2010.06.22   [Tuesday] 01:01


**************
 information
**************
まず、BBSより、RINDAさんからの情報を取り急ぎおつたえします。
pastoraleさんのinformation、21日に更新されてるのですが、topの更新記録が18日のままになってます。(*追記:22日、更新されました)
おっとと しろも、更新まだか~とスルーしちゃってました
RINDAさん、ご親切にお知らせいただいて、どうもありがとうございました。
まだチェックしてない方はどうぞinformationごらんになってくださいね。
いろいろ盛りだくさんでした!
あれもこれもで、石丸さん、やっぱり大忙しですね。
応援してる方にしたらうれしいことですが、休息取れてるんだろうかとちょっと心配になりますね。
どうぞ、おつかれの出ませんように。


19日から、とことんまったりしておりますー。
平和ボケでどうもすみません。あ、いつもですが。
ソロ・コンサートのラスト公演、ほんとうにすばらしかったですね。
先日、超!!もったいぶって折りたたみにした感想ですが、今回はラスト公演だったし、もうここで書いちゃおうと思います。
前回ほど1曲づつ追っていくつもりはないので、いっかなぁーと。

完全しろの感覚ベース、しろ主観でだらだらと書きますので、
ご自身の余韻を大切にされたい方は、避難してくださいね~~!

葉っぱライン

[Kanji ishimaru in concert 2010] 東京追加公演 2010.6.19


まず、扉をくぐった瞬間の、うわぁ~…!という感想(それって感想?)
クラシックのコンサートホールってそうそう足を踏み入れないもので、でも、それにしてもきれいだったなぁ。
入った瞬間に木のぬくもりですね。
舞台から壁から椅子から通路から、すべて木目で、とにかくきれいで。
そして、正面の大きなパイプオルガン。
尖塔みたいな天井のおかげでちょっと教会を連想する雰囲気もあって、
といっても、教会の厳粛な空気の連想ではなくて、安らぎの場、という感じでしょうか。
あたたかな、粛々とした気持ちになりました。
ここでどんなふうに音が響くんだろうと、ますます期待でいっぱいになりました。

石丸さんもおっしゃってましたが、クラシックのコンサートホールなので、劇場とちがってプロセニアム・アーチなし、幕なし。
ひとつの大きな空間の中に舞台が置いてあって、客席があって、の一体感。
前回の東京公演では幕にさわさわと映し出されてた木漏れ日のような照明が、今回はオルガンと天井に照らされていて、きらきらと幻想的にきれいでした。

ライトダウンして、バンドさんのスタンバイ、石丸さんのスタンバイ。
演奏が始まって、お迎えの拍手が起こった瞬間、また、うわぁー…と。(だーかーらー)
響きがなんともなんともですよねぇ。
拍手が、すうっと空気になじんで、ホールを包み込むような、やさしい音になって響きました。
サントリーホールにはじめておじゃましたときも感動して思ったのですが、やっぱりクラシックの音楽ホールの響きってすごいなぁ、と。
天井の段々の効果は伊達ではありません。(客席じゃなかったですね。一路さん。 笑)
拍手からしてそんな感じですから、その中での音楽、歌声はもう至福です。
クラシックのコンサートホールの質高さと、木のぬくもりと、やさしい雰囲気と、石丸さんの音楽にすごくあってるなぁ、と思いました。(贔屓目?でもいいんですー。笑)
ふわぁっと空気に溶けて、また返ってくるような。音がやわらかく、まあるく響いて、すごーく心地よかったです。
なんとなく、石丸さんも、歌い心地をたしかめながら歌っているように見えました。
もちろん、リハーサルで歌っているのでしょうけども。
返ってくる音に耳をすませてるように見えたんですよね。それもあって、なおさらやさしくきこえました。

演出効果も少しちがうようで~とイベントの時におっしゃっていたので、それもすごく楽しみだったのですが、
舞台装飾はなく、いたってシンプルな舞台。(ハイテーブルと、ハイチェア2脚のみ)
それから、なにしろやっぱりオルガンでしょうか。
ステージ上方に照明が当てられてて、
ライトダウンした中で、オルガンが光で浮かびあがるようにきらきらしていて、そのもとにバンドさん、その中心に石丸さん、というのがひとつの絵のような静謐な雰囲気がありました。
かといってかしこまるのとはちがって、うーん。丁寧に聴きたくなるような空気感。

とにかく心地よくて、和やかで、そんな音楽と舞台。
客席も、だんだんと穏やかに、あたたかにつつまれてくような、やさしい気持ちになるようなコンサートで。
この日、コンサートの前に、個人的にちょっとしょんぼりすることがあったのですが、
聴いてたら、そんな気持ちがふっと和らいで、なんにもなくなって、なんかそんなの、どうでもいいよなぁ、ってすごく安らいだ気持ちになりました。
とにかく音が心地よくて、ついつい、石丸さんそっちのけでほわーっとオルガンを眺めていたり、軽く天井仰いで聴いていたり、少しのあいだ目を閉じて聴いてしまったり(あ、石丸さんごめんなさーい)
でもでも、そんな風に天を仰いでしまった方、他にもいらっしゃいますでしょう??ますよね??
石丸さんは「ふっと空に持っていかれるような」とおっしゃってましたが、その逆パターンかな。
すこし天井をあおいで聴いてると、ほわーんと降ってくる音につつまれるような感覚でした。

「♪普通の人間」のはじめ、アカペラで歌った時の自然な、無垢なままの声の響きもほんとうにきれいでしたね。
きらきらの綺麗じゃなくて、澄んだ、とか清潔感のほうの、さらさらなきれいさ。
つくったエコーじゃなくて、場そのものが提供してる響きがとってもナチュラルにきれいで。
トークを聴いててもじーん、としてしまうくらい、ああきれいだなぁ、って。
石丸さんのトークのトーンも、いつもよりも穏やかめだったような気がします。
話しかける落ち着いた声。
そうですよねぇ。あの場の空気なのだろうなぁ。
トークといえば、はじめの方は、珍しく(?)ちゃんとまきぎみみたいだなぁと。4日よりも簡潔になっていたみたい。ただし、一路さん登場してからはみごとにトークショー状態でしたね(笑)

しろ的「石丸さんの、けっこういけちゃうんじゃないシリーズ」もとい、
ご本人いわくの「石丸幹二のぜったいムリやろうシリーズ」(今回は関西風)ですが、うわさ通り、今回はちゃんと曲紹介もしてくれました(笑)
宿題だから答え合わせは自分でしてね、ってわけじゃなかったんですね、石丸先生(笑)
いや、しろはそのおかげで、周りのかたのご親切にあずかれたので、むしろありがとうございました!なのですが
うち3曲は前出の通り、
「♪Chim Chim Cher-ee」「♪カフェ・ソング(エンプティ・カフェ)」「♪君住む街角(On The Street Where You Live)」と、
ナゾだった4曲目は『Crazy For You』より、「♪決して忘れはしない(They Can't Take That Away From Me)」でした。
えっCFYなら、しろみてるじゃん!!(えーっ)
すみません、ナゾにしてたのは私自身でした
そりゃ聴き覚えある気がするよねぇ。だってわりと最近(2月)見てるんだもーん。(こら!)

これで4曲出そろいました。
そして、「なぜムリかは、聴いて察してください…(笑)」とおっしゃってたムリな理由も、一路さんとのトークで自白してました(笑)
「♪Chim Chim~」は、踊れてこそのヒトの曲だから。
一路さんに、「踊れないと、歌えない…?」て言われて、そうそうって自分のこと指さして、「…踊れない(笑)」ておっしゃってたのが、かわいくておもしろかったです(笑)。
2・3曲目は、4日の感想の時に教えていただいたままになりますが、「若い青年役」だから(笑)
「だって、20代ではじまって、20代で終わっちゃうんですよ?20代ではじまって、40代までいくなら、ごまかしようもありますけどね」って。
そして4曲目は
「これね、タップ、なんですよね」 あ、はい。(笑)
そうそう。加藤さんボビーすばらしかったなぁ~~!!(←いじめっこ)
ダンスはお好きなんだそうですよ?ご本人いわく「世間の人が認めてくれないんですよね~(笑)」。
と、いうことでした。
ふむふむ。
2・3曲目は「若い!」ということで、
やっぱり、「けっこういけちゃうんじゃない」??です だいじょうぶだいじょうぶ~~
1・4曲目は、「ダンス!」
ええと………。その、ノーコメント
あ、いやいや、しろはですね、トークやらなにやらで、どうやら石丸さんてダンスニガテ??というのはうすうす感じとってはいたのですが、実際にその「ダンスニガテ??」なとこを拝見したことはないので、ね?(フォローになってるんだか、なってないんだか)
NBのときは車いすだったし、見たと言えるのは『コースト~』のときの仮面舞踏会のとこくらいかな。
ゆったりテンポだったからか(それって疑い目線じゃ…?)、とってもきれいな所作で踊ってらっしゃいましたけど
あ。あと、4日の時の「♪Chim Chim~」の冒頭。
そうそう、石丸さんが踊った!ってびっくりしたんだっけ。(他意はありません)
でも、あんな一瞬じゃわっかんないわー
そのうち、踊ってみてくれないかなぁ。ちょっと見てみたいですよー。

えっと、この話題ひっぱりすぎるとちょっとあれなので(笑)、つぎ。
そうそう、今回このコーナーの時、客席おりがあったんですよね
すっごく楽しそうに歌いながら、客席通路をめぐってらっしゃいました。
それを見てるだけでとっても楽しかったです。

今回も、「♪ソー・イン・ラブ」はとってもよかったです~。
ちゃんと夫婦(元)に見えました!
うんうん。この5公演で想いが通じたのでしょうか?(笑)
ホールの響きもあるのでしょうが、おふたりの声がより円みをおびて、デュエットの声がなじんでるみたいでした。
今回は一路さん、それほど照れてれにも見えなかったですし。(やっぱり、逃げるように帰られましたが。笑)
そうだ。今回は、ドレスほめてなかったです(笑)
あのあと、ちょっと、演出だったのかなぁ?とフォロー目線で見てみたりもしましたが、さぁどうだったのでしょう~
おふたりの共演、また観たい、聴きたいです。

「♪ダンス・エスメラルダ」
これ、4日と全然歌い方がちがって感じました。
前は、哀しみにたどりついてない声、と形容しましたが、その静けさががもう切なかったのですが。
今回は、はじめの一声から哀しみの底の底。哀しみしかない。
もう、(とっくに)哀しみにたどりついた声だと思いました。
やさしい声も全部、痛々しいくらい哀しみにみちてて。
前は、まだ声にならない哀しみが痛いくらいに思ったのですが、もう、それが全身に満ちてあふれ出てる感じでした。
最後、膝をがっくりとついて全身で慟哭するカジモド。
このミュージカル、ほんとうに舞台として見てみたい。


第2部。
これが、第2部はもう安らぎすぎたのでしょうか、上のほうを眺めて聴いてることも多かったのか(笑)、ところどころ記憶がおぼつかなかったり
頭の中ふーわふわだったんですね。

「♪緑の風薫る地へ」は、2曲をひとつに合わせた話で、合わせたいんです!て他の人に言ってみたら、
「うーん……ちょっとやってみ?」で、あわせたら「何の曲だかわからなくなっちゃったんですよね」で。
前の時の、「じゃあじゅんぐりに歌えば?」も好きだったんですが、そこはカットでした。
「♪キャラヴァーン」これも、前回とはだいぶ違って聴こえたたなぁ。
前はけっこう激しめでしたが、今回はCDに近い抑え気味な。
やっぱり、トータルして、4日は緊張してナチュラル・ハイだったのかな?という印象です。
今回の方が、その点、歌もトークも穏やかな緩やかな感じでした。
「♪夜のボート」も、しっとり、じっくり。
この「♪夜のボート」の時、一路さんが再登場してトークをはさんだのですが。
前も思いましたが、一路さんはじっくり役に入る派、石丸さんは瞬時に役に入る派、なんだなぁと。
トーク中、次が「♪夜のボート」なので、一路さんはそこに自分をもっていこうと、おさえめなんですが、石丸さんはご自身でMCやりながら、っていうのもあるのだろうけど、その辺わりと無頓着ですよね
考えてみたら、1部のミュージカルメドレーでも、「♪Chim Chim~」と「♪君住む街角」の楽しげな曲の間に「♪カフェ・ソング」入れたりすごい配置しているような
明暗の切り替えとメリハリを一瞬で分けられるのがお見事ですが。
トークのところから一路さんはすでに役に入り始めてて、「こう、テンションを低く低くしないと歌えないので、笑わせないでください~」って言ってるのに、石丸さんてば無邪気にたのしいおしゃべりするから(笑)、
ついに一路さんが困った困った~って、その場でくるくるくる~~~と一回転してしまって、すーごいかわいかったですー(笑)
くるくる回る、悩めるエリザベート(注:60代王妃)
いや、かわいすぎでしょう!(笑)
でも、なんだかんだ、曲が始まるとすぅっと切り替えられるのですよね。すごいなぁ。
そして、「♪私だけに」
いや、ほんとにすごいです。こういうのをスター性というのでしょうか。圧巻。
ブラボー!が飛び交ってました。

このあと、「♪黒いワシ」に移るとき、前はバンドマスターの安部さんとお話しして曲に入ってたのですが、今回で最後なので、バンドのみんなの声を聴いてみましょう!に。
「あれ?今なんかぴきってした人がいますね(笑)」って石丸さん、トークふっかけるの(人聞きの悪いっ)すごい楽しそうでした。
バンドさんのお話しも、なんだかとっても和やかムードでしたね~~
サックスのGustavoさんがとってもシャイな方で、ほほえましかったです。
ヴァイオリンの岸さん、さすが関西の方!
石丸さんに、「このヴァイオリン、なんで電子音になってるんでしょう」って聞かれて、
「…マイクがついてるからですね。」って、スパッ!と(笑)
おお!こういう方が、石丸さん&一路さんのトークにおひとりいたらよろしいのではないでしょうか~(笑)
なにしろつっこみ不在で繰り広げられるトークショー(あれ?コンサートじゃなかったけ?)がとってもぽけぽけで和やかで、それはそれは見てて楽しかったのですけどねー(笑)。
なんでしたら、しろがつっこみましょうか。(ぽけがひとつ増えるだけだと思います)
「♪黒いワシ」は、今回は影を使った演出はナシでしたが、石丸さんはやっぱり腕をゆっくりひらひらさせていらっしゃいました。

それから、最後の「♪記憶の旋律」たーのしそうでしたね~~
前回みたときのはじけっぷりではなく、でもすごく楽しそうだなぁ、と。
ここで、ふふ、って笑っちゃった方きっと多数(笑)
見ててしあわせになるくらい、いっぱいいっぱい楽しそうでした。
この曲も、大切に歌っていきたいっておっしゃってたから、この先もコンサートで聴けるのかな

そして。
4日の感想でまた今度~にしていた、アンコール!!
この選曲がさすが!です。
1曲目。
「♪Love Changes Everything」
この曲が始まった時の、客席のわぁぁ!っていう歓喜の声ですよ!
しろ自身は、CD、あとはYoutubeでしか聴いてない曲なんですが、
はじめて聴いたとき、音の流れるような綺麗さに感動したお気に入りの曲です。
石丸さんのアレックスが、ここで聴けるとは!!と、演奏が始まった瞬間、思わず、わぁって口元に手を当ててしまったひとりでした。
前々からご覧になってた方は、どれだけうれしかったでしょう
前回の感想の、しろがひろったお客さまの声「○○が聴けてよかったね~~」の○○は、こちらだったのです!
こうおっしゃってる声をいくつも聴きました。
来た人がわぁって喜ぶ曲を用意するなんて、石丸さんさすがの選曲です。
この曲のアレンジの迫力のある感じがまた雰囲気をかえててすてき!

もう1曲が、「♪This is the moment」
これもねぇ。もう、すごいですよね。
1部の最後の「♪ダンス・エスメラルダ」もですけど、最後に壮大なナンバーを持ってくる演出が、まったくしてやられますねー。
また、このときの舞台の効果が。
それまで、照明がゆらゆら、きらきら、さぁっと変わったり、
木漏れ日や波や稲妻のような模様を見せていたり、と変幻自在だったのですが、この曲の時は、いたってシンプルな、光そのもので静かに舞台を照らしてました。
そんなおごそかな空気の中で、この壮大な曲ですよー!!
石丸さんが、楽しげな曲を歌うとき、ほんとうにたのしそうな歌声に、自然にほんわか笑っちゃいます。
やさしい曲、ふわっとあたたかい空気につつまれます。
pops歌っても、ぐーっと惹きつけられる表現の豊かさ、いやいやすごい。
どれを聴いてても、すごいなぁ、と思いますし、ほんとうに大好きです
でも、圧倒されるのは、こういうナンバー歌ってる時なんですよね。
やっぱり、こういう壮大な曲で、才能をあますとこなく発揮してる感じがします。
この人はやっぱり、舞台の人なんだなぁ、と。
劇場の、あの広い空間全部をその場で自分のものにしてしまう人。
すごいです。お見事です。
bravo!!

こんな感じでなんと、「しゃべりすぎて、3時間超えちゃったんですって(笑)」(by石丸さん)のたっぷりのコンサート。
そして、この日のカーテンコールには、白井さんもあらわれました。
みんなにひっぱられてでてきちゃった、みたいなやや逃げ腰なご挨拶にちょっと笑っちゃいました
石丸さんがトーク中に、「同じコンサートなんですが、また新しいコンサートが始まったみたいな」っておっしゃってましたけど、そのくらい、今回のオペラシティに合わせて演出を一新、だったんですよねぇ。白井さん、まったくもってすごい方です

追加公演、やってくださってありがとうございます。
あのコンサートホールでやってくださってありがとうございます。
ほんとうに、すばらしかったです。
至福の贅沢を、耳が感覚が忘れられなそうです
石丸さん、一路さん、
バンドの安部さん、高山さん、沼さん、山敷さん、岸さん、Gustavoさん、スタッフさん、
演出の白井さん、おつかれさまでした。
おかげさまで、こころの底から癒されました。
いっしょに空間を音楽を共有した会場のお客さまにも、
3時間超(!)の心地よい時間を、みなさまほんとうにありがとうございましたー!



**Special Thanks**
6月18日 5時台、8時台、9時台、22時台、23時台
6月19日 7時台、9時台
にぱちぱちしてくださったかた、どうもありがとうございました
こちらは、トニー賞からとんぼがえりしてイベントへ向かうときに無邪気にヘリの写真をとられた、超多忙な、でもやっぱり笑顔だったかたへ、そして、すてきな情報をいつもくださる匿名希望さまへ
気持ちだけですが送りますので、一緒に受け取ってくださいね!
いつもたくさんの励ましの拍手、どうもありがとうございます
そして、なんだかちょっと、な気がしてきたので、こちらは今回を最後にします、アクセスのご報告です
20日、この前塗り替えたNBのときのアクセスをさらに上回ってくれました、
[kanji ishimaru in concert]。
石丸さん、こんなところにも、石丸さんへの賛辞が好意がとどいてますよ~。
いや、はじめのコンサートのとき、どひゃーだったので、まさかこんなにひんぱんに塗り替えられると思わず、コンサート、好評だったようですよ~!関心持たれてますよ~~!という意味で報告させていただいたのですが、
こんなに塗り替えられちゃっちゃ、しろのプチ自慢?どころかおおいに自慢みたいでちょっとイヤミな感じじゃないかい?どうかい?と思うところでして、ほんとすみません少々心苦しく感じてます。なので今回最後で。
いや、やっぱり、見ていただいてるの、うれしいのでね、誇らしい気持ちがないといったらウソですけど。
単純に、それだけ、石丸さんの、NBのファンの方がいるんだよなぁ、ということなので、調子に乗ってはなりませんですね。肝に銘じております~
でも、こんなに同じものをすきな方がたくさんいらっしゃるっていうのは、単純にうれしいなぁ、と思いますなんだか、その輪のなかでいっしょに見守れるのがうれしいなぁ、と。
どうもすみません、ひとり勝手な感覚で
いつも遊びに来てくださってるみなさん、検索でたまたまついちゃったよなみなさん、おかげで励まされてます。そんな意図なんてないけどなー、でもいいんです。
どうもありがとうございます。


**For you...**
6月18日 23時台メッセージを下さった方へ。↓massageをクリックお願いします♪

  



2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**