**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
2010.03.22   [Monday] 02:38

もう昨日ですが、21日は大阪お茶会の日でしたね~!
参加の皆さま、石丸さんにどきどきしちゃいましたか?
今回もすてきなにこにこ笑顔だったという情報をいただいております(ふふふー)
話だけでも目に浮かぶようで楽しいですねー。もうもうよかったですね~~
お茶会メンバーさん、よかったら、この場で感想orおのろけ話おとしていかれてもいいですよ~!(むしろ勧誘?笑)

そして忘れてはいけません、今日は「THE 39STEPS」大阪千秋楽ですね!
東京楽が終わっても、他の空の下でやってるという安心感がなんとなくあったので、これでいよいよ最後の公演をむかえると思うと、なんとも寂しい気持ちになります。
しろ的千秋楽はとっくに迎えているのに、いまだにこのぽっかり感がくるなんて不思議な感じ。
前楽&千秋楽参加のみなさま、ぜひぜひめいっぱい楽しんで、わらって、抱き込まれて(!)、貴重な時間を満喫してきてくださいね~!!

*   *   *

さて。
先日言ってた「ときかけ」初日舞台あいさつですが。
せっかく行ったので、すごーくいまさらですがちょっと書かせてもらおうかなぁと。
あらかじめ、読んでくださる方にご注意なのですが、なにしろ終了後に書いたほぼ単語メモからの再現になります。しろの脳内変換&記憶改変による編集済みですので、なにとぞご了承くださいませ
忠実にレポしようというよりむしろ、しろフィルターがかかるとどんな感じに変わるのかお楽しみくださいませ~!という主旨(え。)です。
なので、あえて他の方の超優秀レポはカンニングしないで(前に読んで覚えてしまってる部分は別ということでー)行こうと思います。
でも、「それちがいすぎて犯罪!」というのはさすがに本意ではないので、見つけたら教えていただければ嬉しいです。


2月13日 「時をかける少女」初日舞台あいさつ シネスイッチ銀座編 (しろメモより)
登壇は谷口監督、仲里依紗さん、中尾明慶さん、石丸幹二さん、石橋杏奈さん、青木崇高さんの6名でした。(映画の公式HPでのレポはこちら ←これは渋谷の時かな?)

1.「マイク」
壇上にみなさん上がって、ひとことずつ自己紹介~のところで。
6人ひと並びでして、監督、仲さん、中尾さんで一つのマイク。
石丸さん、石橋さん、青木さんで一つのマイクだったんですね。
石丸さんは、二つ目のマイクのトップバッターだったわけですが、、
順番回ってきて話はじめてみたら、
ミスター・おっとえっとマイクが入ってなかったよ~ハモンド!なおちゃめな石丸さん。(ぷぷぷ)
進行の方に「プロの方でもそういうことってあるんですね~!」と言われて照れ笑いがまたすてきすてきーだったのでした。ほんわかー

2.「フレーム」
今だから言えること(?)のコーナーで。
舞台では、ちょっとしたことでも、こういう風に~(さっと腕を大きく上げてみせてました)するんですが、それを映画でやってしまうとフレームから外れてしまうんですよね、というお話。
「なので、じーっと(縮こまる石丸さん)してたら、ああなりましたー(笑)」だそうです!
そっかぁ。ミステリアスな深町くんは、ちっちゃくなってじーっとこらえてた石丸さんの姿だったんですね~!という解釈でいいですか?(いや…それはどうかと。)

3.「奥多摩」「幼児」「釣り」
深町くん……というかケン・ソゴルの登場シーン秘話。
実は温室という設定なんですよーということで、奥多摩の川辺で撮影していたそうなんですが。
そこにまず登場したのが幼稚園の子の行列。
ほほえましいギャラリーですが、その子たちが、「ナベアツさーん!!」とずっと呼びかけてきたんですよね、というお話。
石丸さんたら、「誰々に向かって」というのをあとからいうものだから、しろは「なぬー?まさか石丸さんをナベアツさんと見間違えちゃったの??(えーっ!!)」って一瞬べっくりしましたけど(笑)
石丸さんのお相手の俳優さんがそっくりだったそうです(笑)
その一件の後、登場したのが今度は釣りのおじさん。
撮影が先か、釣りが先かでケンカになっちゃったんですよね~とすごい楽しそうにおっしゃってました。
それと、どの文脈だったか忘れちゃったんですけど、
「河原で、すーごい未来人の格好で!!」てにこにこ朗らかにおっしゃってたイメージがあります。
とにかく、初の映画撮影の場をたのしんでいらっしゃたんだなぁ~と

4.「人見知り」
監督も、仲さんも、中尾さんも、みんな人見知りなんですよね~と突如告白大会。(これいつだろう?)
が、しかーし、除外されてる方が一人(!)
進行の方に、「あ、ひとつとばして~」って言われてとばされてたのって、たぶん石丸さんですよね?(笑)
石丸さんは人見知りしないのでしょうかー。

5.「昭和40年」
最後にみなさんへひとこと、のところで。
石丸さんは昭和40年生まれで、この映画のタイムリープ後の世界はすごく懐かしい感じがします、ということでした。自分も好きな、この懐かしい風景を、他の方にも見てもらいたい。ぜひ、周りの方にも懐かしい風景がでてるよ、と声をかけてくださいね、というようなお話だったかと思います。

6.「じんわり」
最後の石橋さんのひとことより。
「試写を見たとき、自分も1観客になって見てしまいました。観終わった後、気持ちがじんわりあたたかく、切なくなるこの感じを、みなさんに味わってもらいたいです。」
ちょっとニュアンスは違うとおもいますが、こんな感じの言葉でした。
石橋さんの映画評がほんとにぴったりで、印象に残ってるんですよね。
石橋さん、ほんわかしててかわいかったですー

7.「父と母の昔」
青木さんの言葉。
「自分にとって、父母はあくまでも「親」だったけど、この映画に携わって、「親」になる前(「恋人」だった時間ってことかな?)があったんだなぁと思うようになりました。」とのこと。
青木さん、この次の日3月14日が、30歳の誕生日で、つまり、自分が生まれたときのお父さんと同じ年で~という話もされてました。
そうだ。書いてる間に思い出したんですが、開口一番「作中、はれんちな登場シーン、はれんちな言葉の数々、いろいろ思われた方はすみませんでした」ってとおってもさわやかにのたまった青木さん。(笑)
突然ぽっと話題を振られてもユーモアたっぷりに返して、気さくな気持ちのいい感じの方でしたね
役の「ゴテツさん」ぴったりの、ひょうひょうとした雰囲気ながら、話す中で演じることへの熱意みたいなものが伝わってきて、すごく誠実なお話のしかたで、わーこの方いいひとー!!と思いました

あと、もう一つ思い出したこと。
仲さんが、O脚?ガニ股?についなってしまうというお話で、
「でも、今日はまっすぐですね」と進行の方にいわれて、
あ。これは仕事用の脚なので」といってて(笑笑)
一瞬、「よし今日は仕事用~♪」ってぽこっと脚を交換してる仲さんが浮かんでしまって笑っちゃいました。
仲さんの飾らない感じ、好感度大でした~。


はい。
ひとまずこんな感じでした~!きっと。(そんなレポって…)
メモの順番で書いてるので、話が散らかってしまっててごめんなさい。
もはやここから時系列でならべるのは不可能です!(開き直っちゃったよ…)
そして、明らかに石丸さん割合の高いレポなのは、とりあえずそこだけでも覚えてなくちゃと思ってメモった結果だからです。他のみなさまごめんなさい
この日、ほんとにぽーっかぽかの陽気だったんですよね。
石丸さん、ずっとにこやか~にしてたけど、金沢からの移動だったり、花粉だったりにちょっとおつかれなんじゃないかな?と少し心配してしまいました。
しかし、いつもながらきらきら生き生きしてる石丸さん。6人の中の一人でリラックスしてらしたのでしょうか。話してない時、めちゃめちゃじっくり客席を眺めてる様子だったんですよねぇ。
おかげで目があっちゃいそうであんまり見れなかったよー(THE思いこみ。)
でも、久しぶりに見た「石丸幹二さん」(ハネイじゃなくって、ってことで)、やっぱりすてきでした~
満足でした~~

今回は2回目なので、どきどきしすぎることなくちゃんと映画も見られたしね!(笑)
しかしですね、つらつら考えてずっと引っかかってたことなんですが、
タイムリープ先が1974年て……ハテ。
1974年に17歳の和子お母さん、2010年だと、53歳……??(ええーっ!!)
安田成美さんておいくつでしたけ…?
うそーと思って何回も計算し直しちゃったのでたぶん大丈夫と思うんですけど、いまだに自信ないこのへん
タイムリープしてるからあんまり関係ないけど、たぶんお母さんの年齢に合わせてると思われるケン・ソゴルも……53歳……??
えとー。時代背景的に、なにか意図があったのかな?
うん。……たぶん。

*   *   *

それはそうと、「ラ・フォル・ジュルネ」のぴあプレリザーブのご案内がきましたね。
例の「全曲演奏」、まさかと思ったけど、石丸さん、ほんとに14部出るんですか……!
案内に全回載ってたってことはでるんですよねぇ。
はてしないですのー(笑)。
どこで聴こうかと思ってちょっとエントリー保留にしてます。
もうーどうしたらよいのですかね、このうれしすぎる公演数!!(笑)
うーん。とりあえず、今年は、他の公演聴きにいってる余裕がなさそうだなぁ

*   *   *

……ほっ。
やっと書き終わったー!!!
実は、これ、書いてるの3回目なんですよね~あははー
書いてる途中で間違って消すこと2回。
1回は、もうほぼup目前の状態で……
なにやってるんだね、しろよ。
やや執念で書きなおしましたよ!(笑)
ということで結構なお時間になってしまったので、お礼もろもろは後日きちんとゆっくり書かせていただきます!
おやすみなさーい。


2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**