**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
走り始める。
2009.10.05   [Monday] 20:09

一晩寝かせたコースト・オブ・ユートピア。

なにしろ長丁場。じっくりゆっくりかと思いきや、とんでもないスピード感でした。
9時間ジェットコースターに乗ってる感じ。(死んじゃうって)
激動の時代。人の想いが熱い熱い。
とにかく圧倒。圧巻。
かといって、観てて身を引いてしまうんじゃなくて、気づけば巻き込まれてるような舞台でした。
ほんとにすごかった!

情報量も心情的な葛藤も、
消化するには一晩じゃ足りないのは自覚してるのですが、書きたいので書きます!!(えーい!)


まずですね、入場のとき。
おねがいしますーってチケットを見せたら、「お言伝がありますので」って、別の扉に案内されたしろ(!!)
………へ???
やだ~~しろってば実は存在知られてるくらいビックゲスト~~~???(←ちがうでしょ)
と思ったら、どうやらもともとしろが持ってた2F席は、観にくいということが分かったそうで、
1Fのお席にしてくれるというお話だったのですよ~~♪♪
きゃーきゃー
これが幸運でございました~!

もともと下手サイドの2F席だったんですが、上手1F席になって、ステージ近っっ!!
シアターコクーンって、思ってたよりもコンパクトでして、ステージも低くて、それが近いの~~
サイドだから斜めなのですが、4方向から観る舞台だからあんまりそれも気にならなくて、ほんとによかった。
右目線で観てるため、さすがに最後には、右首筋・右肩・右腰がかなりじりじりしましたが(笑)、この舞台って、下手は壁&扉、正面と裏は薄紗が幕になってるんですが、上手はなにもない!
それで、薄紗幕がしまってるときも、薄紗のとこと、何もないとこから半々くらいにステージの様子がかいま見えて、トクした気分でした
なにより、用意してたオペラグラスを一切使わないですんじゃったのです!!感謝感謝
向き合って話してるとこは、どうしてもどっちかが斜め後頭部になってましたが、もう一方はほぼ正面だったし帳消しだにゃ。


話は聞いてたのですが、開幕前は、舞台上がミーティングスペースみたいになってて、すでにというか、まだというかキャストの方々がいらっしゃって、ふつーにぷらぷらしたり、座って話してたりするのですよ。
それを間近でみれてしろのテンションはupup
目が合っちゃいそうでどきどき
ていうか、阿部寛さんと軽く目が合っちゃった気がするよーーー!(妄想癖発揮?)
テレビで観るまんまですー。普通に同じ空気吸ってて(それはそうだ)すーごい不思議でしたー。
そして背高っっ!!
やっぱりサマになるのだなぁー。立ってるだけでサマになる方ですよ
勝村さんは部活抜けだしてきちゃった高校サッカー部員みたいでした(笑)。
石丸さんの素の、くしゃって笑顔もみれちゃって、もうきゃーきゃーです

なんか素を観察されてるみたいで逆に緊張感があったりしないのかなぁー??
とちょっぴり心配しちゃったりもありましたが、ベルが鳴って、ざーってキャストさん自ら後かたづけして、
すぐ出番の方はステージ上で衣装やら鬘やらを装着。
その場にバクーニン家の晩餐室が出現。
それを逐一見られて、すっごくおもしろかった!!
なんでしょう。
現実から、19世紀ロシアに移るのを、舞台と一緒に体験することで入りやすくするってことだったのかなぁ。
観てて、へぇー!!へぇー!!って感心しきりで、
さらにテンションupしてしまったしろでした。


さて第一部、船出。
ここはバクーニン家のお家事情というかお家騒動というか恋のから騒ぎというか(笑)。
主人公は勝村さんだったけ??くらいに、バクーニンが出る出る。
バクーニンやりたい放題だな!!(笑)
このはちゃめちゃバクーニンがめちゃめちゃ笑わせてくれます。
それにしても、この演目かなりシリアス&シビアなテーマなのに、すごいおもしろい!
随所随所で笑いもいっぱいで♪♪
そのバランスも絶妙
スタンケーヴィチの動揺具合があまりにかわいくて、こんな笑っていいのか!?くらいに楽しかったです(笑)
キャストさんの演技がうまいから、余計におもしろいんだなぁ!
勝村さんバクーニンは、3幕通して、出てくるだけでなにかしら笑いが起きるという。お見事です!

しろの第一部の注目は、池内博之さんのべリンスキー!!
この方、ほんっっっとすごい!!感動!!拍手!!
長台詞を、感情いっぱいでよどみなく語る語る!
それと、ふだんのオドオドさとの対比もお見事!
普段弱気な人が、ある一点で熱がこもると、周りも何も見えなくなって熱弁をふるって、っていうのがすごーくよくわかるのです。
それに、熱弁が、一本調子じゃなくて、メリハリがきいてて、うまい人の演説をきいてるみたいで。
ひたすらしゃべってると、下手すると流しちゃうけど、むしろ聞き入っちゃうのだわ。
これ、という点で、そういうすごい力を得る人で、
話に引き込まれて息もつけない。
そして、びっくりしたのが、咳がすごい自然なんですけど!!ナニゴト!!(そこに注目するしろもナニゴトだー!)
ここまで作れる!?ってくらいでね。いやぁすごい。
しろがジェットコースターのっちゃったのは、かなりこのべリンスキーの力のような気がします。

1部に限らず、けっこう時間軸が行ったり来たりする演目で、1部2幕で時間が遡るのですが、それがしばらくわかってなくて、あれ?あれ??ってなっちゃった
てゆか、2幕入って気づいたけど、モニターに年代と場所出てるじゃぁないですかーー!!誰か言ってよーーう!(いや、ふつう気づくから…)

そして、2幕でうれしポイントだったのが、仮面舞踏会の石丸さん
事前情報もあり、すぐ分かりました!!(わーい♪)
そしてまたまたラッキーなことに、正面側上手端で踊ってらっしゃるので、しろってばめちゃめちゃベストスポットで堪能(笑)。
かさねがさね、席移動に感謝でした~~♪


ということで、(どういうことだね)
なんだかかなーり長くなりそうなので、この辺でいったん切ります
つづく。(笑)


comment
comment form
name:
text:
画像認証: *プレビューなしに送信されます
2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**