**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
たどりついた先
2009.10.05   [Monday] 22:00

第二部からは、阿部さんゲルツェンの物語に。
9時間中、3時間はバクーニンの物語、6時間はゲルツェンの物語、って感じかなぁ?
まぁ、9時間フルに出てたら身が持たないでしょう
そして、阿部さん出たと思ったら出ずっぱり。

ゲルツェンが熱い。
語るというか、もうなんて言うんでしょう。
たたみかける。
全身全霊で、言葉を突き付けてくる。
息つく間もなく、今度はしろはゲルツェンコースターに乗せられてしまったのでした。(そこのヒト、進んでのっちゃったんでしょに!)

基本ゲルツェンなんだけど、ところどころ、変わり果てた(笑)バクーニン登場。
しかし、第一部とは別人。(笑)
もともとムチャな人だったけど、一応上流の息子としてのムチャさだったのが、第二部からは、野の人。
バクーニンは、自由(革命)が目的なのか?破壊が目的なのか?
まぁ、きっと、それがまじりあってるんだろうなぁ……。
単に破壊のために、あそこまでする人じゃないだろうしねぇ。
でも、それを生きがいにしちゃってるから、次はあの国、あの国、って、革命できる国を追って行く人。
乱世の中でしか生きられない人なのでしょう。
そのなかを引っぱっていく人というよりむしろ、その嵐の中心でしか生きられない人。周りを巻き込んで。

そういう意味では、ゲルツェンとは対照的かと。
ゲルツェンはペンでの革命もわかるけど、暴動のその場に身を置くことのない人だから。
故国を憂いながら、外国を転々としてるゲルツェンは、思想ゆえに数奇な生き方をした人ではあるのだろうけど、我が身を削って革命に尽くすっていうのとはちょっとちがうかなぁ……。
でも、たしかな思想を持っているからこそ、ゲルツェンには人が集まってくる。
ことが起こるその場にいないから、灯台的な役割ができたのかも?
でもですね。第三部で、親友の妻に手を出してしまうのは、しろ的にはうーん?と首をかしげてしまうところでありました……。
前に、自分の妻がそうされた時は我を忘れて怒っていたのにーー??
生涯、ゲルツェンの親友であったオガリョーフだからこそ、ゲルツェンにとっての彼は一心同体でもあったんでしょう。
あの複雑な関係にあっても、ゲルツェンはオガリョーフに葛藤してないのですよね。
ナターシャが、自分とオガリョーフの共通の恋人であることが、さも当然みたいに。
罪悪感らしきものもない代わり、嫉妬もない。
不思議なくらい、あたりまえにしてる。

それを黙認してしまうというか、許容してしまうオガリョーフのほうは複雑です。
限りなく恋愛に近いくらいの友愛をゲルツェンに感じていたって言う意図をどこかで読んだので、うーんそっかーと思ったのですけどね。
ゲルツェンが自分の妻にくちづけするのを、横目でじっと見たあと、眼を伏せて自嘲するように小さく笑うオガリョーフ。
どっちに笑ったんだろう。ナターシャに?ゲルツェンに??
黙認しても、許すことに葛藤がないわけじゃなくて、双方特別だからこそ、それはもう入り組んだ感情があって、ゲルツェンと妻の子を、自分の子として育てながら、きっと自分でも知らないうちに壊れていくんだなぁ……。
へろへろというかへべれけになっちゃったりね。
いささかどころか、したたか酔ってますよアナタ……
そうして、酔ったり愚かなことをすることで、ばかでいたかったのかなぁ。
痛みを感じないように?
自分にとって大切な人同士が特別な関係になって、ある意味はうれしくて、狂おしく嫉妬もして、でも失うより3人で伴にあることをえらぶってどんな心情なんでしょう……。
時代背景もあるし、(結婚事情とか)しろの感覚では理解できないような、もっと複雑だったり単純だったりするところもあるとは思います。
でも、とても言葉にはできないなぁ。

言葉にできないと言えば、この舞台そのものが、確固とした言葉にするのがとってもむずかしいです。
このお話って、史実をもとにしてるから、お話としての終りはあっても、完結はしていないんだなっておもいます。
大きな流れの一部を切り取って見せているような。
時代の流れの中で、流れを変えるでなく、作るでなく、流されるしかないながら、なんとか変えたくて作りたくて試行錯誤を繰り返す人の姿。
でも、大切なのはきっと、ゲルツェンのラストの、「前に進むこと」なんでしょう。

「前に進むこと。
ユートピアの岸にたどりつくことがないと知っても、前に進むこと。」

ユートピアは、ありえないからこそユートピア。あるはずのないところ。
それが分かってしまっても、歩みを止めるわけにはいかない。理想を掲げないわけにはいかない。それに、絶望してはいけない。
たどりつくことのない目標に向かって、たゆまず足を進めること。
流されるしかないなら、せめて、舵をとるのは自分の手であるように。
そうしてたどりついた先は、「たどりつくところ」なんてないって分かることだったとしても。

あそっかー。
ここへ来て、コースト・オブ・ユートピアのアート(なんていうんでしょ。ポスターとかのあの絵)、あれがこの話そのものなんだなぁーとすとんと腑に落ちました。
絵の表わすものとは違いますが、今ふっと思ったこと。
ユートピアを目指すって言うのは、空の上の太陽を求めて、海を越えていくようなものなのかも。


さて、ここからは余談。
シアターコクーンは案外コンパクトでしたが、今回は通路も舞台で、劇場全体がステージシートのようでした。
よく、客席も一体っていうけど、もう客席も舞台ってかんじで。
双方向かいあってるから、向かい側の客席も舞台として観てて、だから、ステージそのものは小さくても世界が広いのですよ。
サイド席はその広がりがすごーくよく見られて、うん。よかったなぁー!
トム・ストッパードさんも来日されてたのですが、ストッパードさんもよく見える席でした(笑)。
他にも著名人の方々が来ていたっぽいです。
名前が出てこないけど見たことあるぞっ!誰だっけ?みたいな方もちらほら。(なんとゆー失礼な…)
きっと、無知なしろは知らない方や気がつかなかった方もいらしてたんだろうなぁ。
さすが千秋楽~~!!
なかでも、これはちょっと言わせてください。
えー…。こほんこほん。
松潤さん来てましたよ~~!!
いやーびっくり。近くを通った瞬間、え!?って(笑)。
またしてもしろの妄想だと思ってるそこのアナタ!!
だいじょうぶ。しろもそう思いました!!(どんなフォローだ)
まっさかねぇ~~って思ってたんだけど(顔見たの一瞬だったし)、会場内でちらほらウワサが聞こえてきてたのでほんとに本人だったと思われます。
しかも、すーごい遅れて気づいたけど、こちらもしろからよく見えるお席に座っていらっしゃいました(笑)。
小心者なしろは、なんか悪い気がして、ちら見が限界だったけどね!!(笑)

カーテンコールは、蜷川さんとストッパードさん、スタッフの方々も舞台に上がって、客席と相互に拍手を送りあいました~~!!(笑)
キャストから観客に拍手が贈られる珍しい舞台ってどちらかで拝見しましたが、まさにその通りで感動
ご挨拶はなかったけど、TONBYの紙飛行機(紙鳥??)が飛び交って、盛大なカーテンコール(きれいによく飛ぶんですねぇ!)
ほんとに、キャスト・スタッフの方、客席のみなさま、長ーい間、おつかれさまでした!!
あの場にいられてよかった。
ほんとうに贅沢な時間でした。
1日劇場にいたのに、あー終わっちゃったって思うくらい、充実してて、濃密な時間で、
また長時間の観劇機会があったら、嬉々として行ってしまいそうです(笑)。
のんびりお泊まりする口実にもなるし(至福~)


**Special Thanks**
10月4日17時台にぱちぱちしてくださった方、どうもありがとうございます
へろへろ感想ブログに、ほんとうにありがたいです
コーストの感想も、気合い入れてUP!!って意気込みながら、観終わったら
まっしろに燃え尽きたよ……(なんでしろはこの言葉を知ってるんだ…)状態でなんともへろへろ…(涙)
しかし、しろなりにどうにかこうにか進んでいこうと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いします。(ふかぶか)



comment
comment form
name:
text:
画像認証: *プレビューなしに送信されます
2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**