**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
Summer Days In The Park With George
2009.08.09   [Sunday] 22:36

なんかもう、夢心地というか、ちょっと放心状態……。
なんでしょ、コレ。
胸がいっぱいとかより、ふわふわしちゃっておぼつかない感じです。
あーおわっちゃったんだなぁ……。

観る前からなぜかドキドキしちゃって、おちつかなくて、
集中してたけど集中してなかったかも
高揚感もあって、なぜか涙がぽろぽろ。
なんで泣いてるんだろって感じですよね。いまさらねぇ。

ドットが、ジョージのすべてが好き、って言ってるとこで涙。
♪Finishing The Hatで涙。
ドットとジョージの言い合いで涙。
♪Beautifulも。
♪Move Onも。
前の方がまた、しろがうるうるするのと同じタイミングでハンカチ当ててるもので、
触発されてなおさら涙が(笑)。
ジョージの、ドットの、お母さんの、マリーの、ひとことひとことが染みいるようで、
じわーじわーっと、ゆっくりゆっくり泣けました。

そして昨日を超えるパーフェクト!
パーフェクトを超えるって言うのもへんな表現ですが、
とっくに「完成」は超えちゃってるし、これ以上は望むべくもない、って意味で昨日パーフェクト!って言ったのに、さらに上回っちゃって、うわーーやられたーー!って感じ。
ちょっとしたことはもはや問題になりません。

山路さんのアドリブがパワーアップしてて、千秋楽サービスみたいでうれしかったです
「心なしか空気の色がちがう」(ピンク色ですか??笑)とか、
「ネコでもばれる」とか。
今日はやっぱりリピーターさんが多かったようで、拍手はすごく盛大なんだけど(すごーーくよかった♪)、
笑いがちょっと控え目な感じがしたんですが、
やっぱり耳なれないセリフが入ると笑い声がわぁって
山路さんすてきーー
それから、マリーおばあちゃんの「ちっ………ちゃな」のシーンも、いつもよりも空白が長くて、
知ってても「あれ???」って思う間があってすごく楽しかった!
このシーン、マリーおばあちゃんももちろん好きですが、
なんだよ~~~~!!って感じで、がくってするジョージがほんとかわいくて大好きなとこです
「ボブ!」「ボブ!」のシーンもまた館長がめちゃめちゃとぼけてて(山路さん最高♪)、
3回目に呼ぶ時なんてもう「ブブ!!」みたいになってて(笑)。
デニスはいつも以上にハデにこけてるし(笑)。(でもきっとあざだらけですよね…… うう。おだいじに……。)
一番のツボは、デニスがジョージに謝ってるとこで、2人して「あ゛~~~~~~~!!」ってやってるのがおかしくておかしくて、その後のシーンは笑いをこらえてないといけませんでした(笑)
ネイオミさんは昨日以上に拍手をあおってたし♪
なにもかもがパワーアップしてて、とっても楽しませていただきました。

今回もジョージは、お母さんにため息みたいに笑ってました。
そして、その後の何か言いたげな表情。
ドットに対する「ひさしぶり」の、声のあたたかさ。
がんばって普通に接しようとしてるみたいな不器用なジョージ。

ドットの「まばたきもしないのよ」のなんともいえない切なさ。
行くなって言ってもらいたい葛藤。
ジョージから離れて、気づいた「与えてくれたもの」の存在。
「すべてを楽しんだ」賢いドット。

いろんな感情が、それこそ点描画みたいに複雑に重なっていて、
ほんとに最後の最後まで、いろいろと感じ入ってしまう作品ですね。
「見る者の目が、混ぜ合わせる」
この舞台が、そういうものなのかもしれません。
ジョージの言う「光のゆらめき」
光の加減や、角度、遠近、時には見るほうの心情で、同じものでも、ゆらめくように色を変える。
こんなにじっくり、それぞれのCharacterと向き合い、自分の内面と向き合いした作品てなかったなぁ……。

ジョージって、周りのことに対して心ここにあらずだけど、
実は誰よりも周りをあたたかく見てるんでしょうね。
すべて、ありのままで美しい。
だから、サルとか、犬とか、他の人が取るに足らないと思ってるものまでスケッチして、
変人扱いされて、
でも、その目線はとてもあたたかい。
だからこそ、あの混乱を調和の絵にしてしまえるんだなぁ。

1幕も2幕も、人の、人らしい、決してきれいなだけではないいろいろな面が表現されて、
苦いものがあったり、滑稽だったり、不協和音的な関係があったり、葛藤があったり、
一つ一つを見ていくとまとまりのない点。
でも、この作品のメッセージは、実はものすごーくあたたかいのですね。
つながり。ハーモニー。可能性。……。

おおきなストーリーとしては、そのあたたかさに、あっけないほどきれいに包み込まれてしまって、
それまでのいろんな色合いがウソだったみたいに、完璧な調和のなかに収束されていく。
なんだかスーラの絵から生まれた物語だって言うのに、いまさらながらすごくなっとく。

しかしですね。
千秋楽のカーテンコール、思ったよりもあっけなく終わっちゃいましたね~~~。
紙吹雪がぽーんって出てきたり、オケさんに会えたり、そういうのすごくうれしかったんですけどね。
もっと話してほしかったなぁ~~なんて
まあ、どんなに話してくれても名残惜しいような気もするのでしかたないかぁ。
幕が降りた後から、しろはいつ立とういつ立とうと思ってたんですけど、
どうやらあまりほかの方が立ち上がる気配がなく
(ありがたいことにかなり前方で見させていただいたので、気配が感じられなかっただけかもですが)
どうしよう~と思ってたんですが、客電着いた後の登場でえいっ!って立ちあがっちゃいました。
そしたら、同時にざぁーっとみなさんstandingになり。
よかった~~みなさんもタイミングはかってただけだったのですね~とほっとしました。
隣の方も、手を高くして拍手を贈ってて、うれしくなっちゃった(しろってば誰の身内ですか

キャスト、スタッフの方々、ほんとにお疲れさまでした。
難作だっただけに、充実感と達成感と、ぽっかり空白感が大きそう。
しろもそんな感じかも。
最後まで、じっくりかつ新鮮に、楽しませていただきました。
大切な時間に感謝でいっぱいです

あーあージョージの夏が終わってしまう……。
ちょっと習慣みたいになってたので、なんだかすごいヘンな感じ

もーもー!寂しさまぎれに何か新しいチケットとっちゃおうかな!!(そっち!?)




comment
comment form
name:
text:
画像認証: *プレビューなしに送信されます
2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**