**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
ほくほくafter talk
2009.07.18   [Saturday] 21:58

やっとこ石丸さんのトークショーについて書くことができます(笑)。
5日経過してますが、当日書いた手帳の内容があるのでだいじょうぶ!(たぶん!笑)
それから、ほかのブログさんでもお話されてるので、記憶をたどるのに参考にさせていただことを報告させていただきます

さてさて。
劇場に告知されている、公演の終了時間は21:35なのですが、
たぶん、ほぼその通りに終わったんじゃないかなぁ?
幕が降りた後、幕の前に椅子が置かれて、石丸さんが着替えている間~ということで、
モウリさん(たぶん毛利さんとお書きするんでしょう)という女性がお話をしてくれました。
この方、お話によると、PARCO劇場のプロデューサーさんらしいのですが、
お話が上手ですごく聞きやすかったですー☆

あ。そうだ。
このトークショーは、自由席のようですよ~。
「そのままのお席でお待ちください」って告知で言われてるのですが、
毛利さんが出てきたときに、前方にあいているお席があったからか、自由席ですからどうぞ前に前に~って。それで、お席を移っている方もけっこういました。
しろは移るほどでもなかったので待機(笑)。
結果的には、下手側のお席だったので、ばっちり石丸さんのお顔を見ながら話を聞けてよかったです

毛利さんは、幕に映し出されている、「グラン・ジャット島の日曜の午後」の、
赤ちゃんマリーがルイに抱っこされてるのはどこか、とか、
ルイのワッフル焼き機はどこか、とかライトでスポットを当てて説明してくれて、
しろはワッフル焼き機がどこかわかってなかったので、ほほーと思って助かりました(「遠くのほうに見える四角いもの」って言ってるので、もっと遠くをさがしちゃってましたー
それから、このお話はフィクションなんですよ、絵にインスパイアされてお話を作ったんですよ、という説明があり。
絵の中の人物に語りかけられてるように感じた事ありませんか?
どの人にもそれぞれの背景があって、人生があって、というところからイメージを膨らませて作られたのがこのミュージカルなんですよ。って。

なるほどなぁ。
絵の中の人の、後ろにある人生。そういうふうに感じてなかったので、あぁそっかぁーと思っちゃいました。
なんだか視点がちょっと変わった気がします。
よしよし次の参考に(笑)。

そんなお話を聞いている間に石丸さんの登場。
2幕のジョージがちょっと着替えてそのまま出てきちゃったみたい!!
ジョージもそのままいけるんじゃ?っていう。
うーん。プレス見てても思ってたんですが、ほんとにおしゃれさんですね~~!
2幕のジョージの衣装をもうちょっとかちっとさせた感じかな?

にこにこーってでてきて、さっそく毛利さんと石丸さんとお話が始まったんですが、
なんとなーくですが、はじめのうち、ほんのちょこっと心あらずというか、
つかれてるのかなぁー?(そりゃぁそうでしょう) まだ役から抜け切れてないのかなぁー?と少し心配になってしまったしろでした
いや、しろなんて全然分かってないじゃーん!て感じなんですけど、
何回かお話を聞く機会があったので(カーテンコールとかも含めてね)、あれ??って。
でもお話してるうちにどんどん、「石丸幹二さん」の顔に。(すみませんしろ主観ですー

石丸さん、トークお上手ですよね。
しろ的には、あれー?って思ったはじめのとこから、会場に笑いをもたらしてくれたりして。
明朗で快活なトークでした~~
ぽんって返す言葉がウィットにとんでて、かつうまいなーー!って思っちゃうのですよね。
はじめの一言は、「僕これ描いたんですもんね」だったんですけど。(そのちょっととぼけっぷりがかわいくておもしろかった!)
そのあともたびたび、会場中がほわーっと笑いに包まれ。
なんというか、雰囲気よく笑わせてくれるのですよ。
ユーモアがあって、でも毒とかトゲがなくて、まるい笑いを導いてくれます。ほんとにお上手。

ちゃんとみんなに顔が見えるように、斜めに置いてある椅子に、わざわざ客席向くように座ってくれて、
でもどうしても背中方になっちゃう上手のほうに、途中で「後ろですみません」って声をかけたりとか。
後ろを気にするとかはもしかしたら舞台人ゆえかもですが、
とにかくあったかな人柄のにじみ出るお話でした

客席に降りてくるお芝居に、ちょっと味をしめ始めたというお話も♪
2幕のジョージは下手側の通路をぱーっと駆け上がってくるんですよね。(近かったー
「転ばないかな~って顔をしてくれてるのが見えてうれしくなっちゃうんですよね」って。
そ、、そっかー!!
客席まで下りてくると案外表情とかまでちゃんと見えちゃうのですねー(あわわ)
しろはきっとびっくりおまぬけな顔してたんだろうなぁー(ひゃー
今度はきりっとして見てなくちゃ(それもヘンだって……)

それから、今回のミュージカルは、朗々と歌うのではなくて、「語り歌」なのだというお話。
亜門さんからも、「言葉を伝える」注文が出ているようです。
そう言われてみれば、セリフも歌詞もすごーく聞き取りやすいなぁってはじめ見たとき思いました。
やたらと早口だったりしても、ちゃんと聞きとれて。
そこに重きを置いている四季はともかくとして、今まで見に行った作品て、がんばって集中してないと、ところどころなんて言ってるかわからなくて、??ってなったりということも正直あったので(笑)
あと、何回か見たらどうやら聞きちがえてたみたい~~って気づいたりとかも。
でも、サンデー~はそういうのがなかったなーって……ということは、成功ですね!!

あ。でも、ちょっと違うけど、セリフがびみょーに違ってるとかはありますよね?
しろの勘違い??
変わってるのか違ってるのか、あれ?この前とちがうっていうのがあって。
間違ってるじゃーんっとかいうんじゃなくて、パターンがおもしろくてつい覚えて帰ってきちゃうんですけど(←……へん??)
そんなこと言ったら演技だって毎回ちょっとずつちがうんだからきりがないかー。

すみませんちょっと脱線しちゃった

後半は客席からの質問タイムがあって、
「ひげを付けて歌うのは歌いにくかったりしないんですか?」などなど質問が。
ご自身のひげに「かませカツラ」みたいな感じでつけてあるんだけど(うーんどんなだろう?)、
「サンデー♪」と歌ったときにのりがとれてしまって、後ろ向いたときに押さえて直してたりするそうです(笑)。
「押さえてたら、あーとれちゃったんだなーと思ってください(笑)」だそうですよっ。(ぷぷ)
これもそういえば。
8日のとき、気づいたらあごひげだけになってたんですけど、
口髭がなくて、それが普通なのかと思ってたんですけど、
………とれてたのかなー??(笑)

ハプニングがあっても、ぜんぜんそれを感じさせない役者さんてすごいなぁ~
そういう「すごーい」っていうのがあるから、逆にちょこっと何かあると楽しんでしまうんですけど……
(心のなかで拍手ーー☆)
はっ。しろってやな客ですか!??
ごめんなさい~~~
ほんとのほんとに、悪意があるわけではないので、どうかお許しを

それから毛利さんが途中でまた質問を挟んだりで、印象的だったのが、
一幕でジョージが言っている、「秩序、デザイン…」といういくつかの言葉の中で、どれが一番お好きですか?という質問。
お答は「ハーモニー」でした。
うんうんなっとく~~!
サンデー~の大きなテーマのひとつも、これなのではないでしょうか。

ところで、このお話、冒頭の一声が
「白」
じゃぁないですかーー!!(いまさら?)
しろったら名前よんでもらっちゃってしあわせもの~~~(おーいそこのヒトー!その「しろ」じゃありませんよー!)

あと、曲にいろんな音が入っていて、角度を変えて聴くと、いまだに聴いたことのないメロディが聴こえますよ、っていうお話もあったっけ。
ベースをしぼったりして、いつもと違う旋律を追いかけて聴くんだそうです。
へぇ~~~やってみたい~~!!
そういう発想が、さすが音楽畑の方ですよねぇ。

そんな感じで(いやー長い記事になっちゃったぞー
トークは30分弱でしょうか。
あ。ここ、もし20日のお帰り気にされてるからいたら参考に。
22:05ごろに終了しました
いつまでも聞いてたい感じでしたが、帰りの時間気にしてたしろはちょっとほっとしつつ、名残を惜しみつつ、出てきたのでした。


それにしても、2回目見て、ぐぐっと入り込めたところに、石丸さんトークでさらにほくほく気分も加わって、
すーっかりジョージの世界に浸って余韻をひきずってしまいました。
次の日からの仕事とか気にしながら、それでも行ってほんとによかった~~~~~~!!です。
大大満足で、かつ次見るときの糧にもなって、あぁよかった~~。

この、胸がいっぱい状態でまた観たら、またいろいろ受け取れるものがあるんじゃないかなぁと、
次見るのがまたたのしみになりました♪♪



comment
comment form
name:
text:
画像認証: *プレビューなしに送信されます
2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**