**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
2009.06.04   [Thursday] 18:00

ちょっと、Ⅱはおいておいて、ライオン・キングⅢのこと。

あ……そうそう。
しろが買ったDVDは、3本セットだったのでした~(笑)。

Ⅱまでは見たことがあったんだけど、Ⅲは初☆
ディズニーの(だけじゃないけど)?とかって、
オリジナルの期待で見てみたらちょっと、「………。あはっ☆」て笑ってごまかしたくなる感じですが(こらこら)
LKに関してはうまくいってるんじゃないかな~ってⅡのときに思ってました。
でもさすがにⅢはどうかなぁ~??と期待と興味とコワいもの見たさがまざりつつ。

ティモンとプンバァのノリだものね。完全コメディだものね。

、、、、。
、、、、、すみません。
またしても甘く見てました。
うっかり泣いてしまいました。

はじめのほうは、やっぱり続編てこんな雰囲気ですよねぇ、っていう期待通りなノリ。
ちょこちょこ、オリジナルのパロディ的なとこもあり、
オリジナルをネタにして笑いにしてしまうとこもあり、
LKの感動を大切にしたい人にはあんまりオススメできないかも~
な、完璧コメディベースです(笑)。
愛のあるちゃちゃを入れまくってるのですね。

でも、オリジナルを見た人は、「あ、これは!」って思うシーンを、別の視点から見れたりもして、
そういうのがちょっとおもしろい♪
オリジナルでは焦点が当たってないとこでの会話みたいなのも聞けます。
シンバのお披露目のときの、ザズーの一言とか、
象の墓場に助けにいく途中のムファサの姿とか、
オリジナルの視点の横から、ひょこっとのぞいてみた感じです。

そういうファンサービス(?)を一通りした後、
ティモンとプンバァが、シンバと出会うわけですが。

目からうろこ。と涙です。


あぁそっかぁ。
シンバって、ほんとうにまだ子供だったんだなぁ……。



ティモンの子育て地獄、もう笑い泣きでした。
夜中に「一緒にトイレに来て」とか、しろも昔はそういう子だったので、
シンバって、ほんとにまだそれくらいちっちゃくて、
なのにお父さんの死の責任を負わされて、
知ってる人みんなから逃げなくちゃいけないと思い込まされて、
ぜんぜん見たこともないところまで、ただ走ってきて、
なんだかもう、どんなにつらかっただろうなぁ。
あぁ、ティモンとプンバァに会えてよかったね~~~~!!
って。

ティモンがぶつくさ言いながらちゃんと面倒見てあげるしね。
夜中起こすのとかはちょっと遠慮がちなシンバが、
日中やんちゃぶりを発揮して「おりてきなさ~~~い!」って怒られてるのとか、
ちいさいのに何もかもを失って、つらいばかりだった子が、
居場所を見つけて、だんだん3人の暮らしに慣れて、
遠慮がなくなって、自分らしさを出していく過程みたいで、
なんだか妙に感動してぼろぼろ泣いてしまったのでした。

きわめつけは、

「こわい夢を見たんだ……」

それって、それって、、お父さんが死んじゃった夢ですか?
おじさんに、「逃げろ、シンバ。そして二度と帰ってくるな」って言われた夢ですか?(涙)

そう思うと、ふと、スカーと対決した後に、シンバが、昔スカーに言われたのと同じ言葉を返して決着をつけようとしたのって、それだけ、ほんとに夢でも何度もうなされるくらい、重く重くつきまとってた言葉だったからなのかなぁ、と今まで感じてたよりもはるかにずしっと重みを感じたりもして。

それまでのトイレだの水だのには、しぶしぶいやいやいーかげんにしてくれよだったティモンが、このときだけはプンバァも起こして、しょうがないちびだなぁって優しい顔をしてて、
こういうあったかい愛情があって、育てられて、シンバはちゃんと王さまになれたんだなぁってじーんとしてしまいました。
よかったねぇ。2人がいてくれてほんとによかったねぇ。

子どもには厳しすぎる自責を背負わされたシンバが、お気楽極楽なふたりにどれだけ救われたのか、
どれだけ愛情を持って育てられたのか、そう思うと、
♪Can You Feel The Love Tonightの最後で、ティモンたちが「3人の暮らしが終わる」ってわんわん泣いてるのにもぐっと重みがある気がして、
仲間が、っていうだけじゃなくて、「自分たちで育てた子」が、ひとりで旅立って王さまになっちゃうんだーっていう寂しさが、すーっと腑に落ちて、
………なんか深いよ。ライオン・キング。

3人のこういうやりとりだけでも、ライオン・キングⅢは十分見る価値があるなぁーってしろは感じたのです。

今まで、仲間意識は感じてたけど、そんな子どもみたいに愛情注いでたイメージってなくて、
そういうのがあるとなおさら、シンバが王になるときに、2人が頭を下げるそれだけの行為にどれほどの重みがあったのか、とか、今まで思ってた以上にふか~~い心の複雑な気持ちが想像できたりして、

、、、、、うん。これは、つぎにライオン・キング見たらもっとじーんとしちゃうな。

ということで、よりライオン・キングを意味深く考えさせてくれる?だったのでした。

えっとですね。
まぁ、早くオトナになりたい!だったシンバですから、夜中にトイレに起こすかどうか、わからないかな?とも、ちょっとおもいますよ?
そんなで半分くらい、パラレルな意識はあります。
でも、うん。よかったのです。


そして。
余談ぽいですが。
Ⅲは、プンバァの声ちがうなぁ~と思ってましたが、昨日大っ変なことを知ってしまいました。

プンバァ=ブタさん=畠中王子!!!???

まさかまさかこんな等号がなりたつとは!!
しろの中では、畠中さんの移りかわり、ロジャー=紳士⇒王子⇒ブタさん なんですが。(!!)
衝撃の事実に、2度見どころか5度見くらいしましたが
あ。でも、がーん!!!っていうのじゃないですよっ。
畠中さん、役ひろすぎっっ!!!!っていう衝撃!

聞いててぜんっぜん分かってなかったんですけど……。
そんなしろにショック……。
また見るしかない。うん。


**Special Thanks**
6月4日 16時台にぱちぱちしてくださった方、どうもありがとうございました
今日はしろの住んでるあたりは、いいお天気から急に雨降りになりびっくりでしたー。
うーん。そういえば6月だし、梅雨入りも近いのかなぁ?
じめじめは好きではないですが、ゆっくりうちにいるときの雨音なんかはけっこう好きです
本読みたい時には最高ですね♪


2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**