**blanc*blanche**
しろのひびのこと。しあわせの音が、とどきますように。
QLOOKアクセス解析
cheer up
*** now ***

NHK-FM 月曜23:00~24:00

*** next ***
*** fin. ***

日生劇場『ジキル&ハイド』2012.3.6~3.28
↑『ジキル&ハイド』

シアタークリエ『GOLD』2011.12
↑『GOLD』

TBS金曜深夜0時20分放送『ヘブンズ・フラワー』...石丸さんは草壁隆志役で3話目から登場。連続ドラマ初出演!
↑TBSドラマ
『ヘブンズ・フラワー』

Bunkamura『十二夜』2011.1.4~1.26
↑Bunkamura『十二夜』特設

いよいよ、8月9日に開幕する「エリザベート」!東宝版10周年という記念すべき今年、ついに「エリザベート」で初ブログに挑戦いたします!*2010年11月30日をもって終了しました
石丸幹二さん主演 2010年2月6日~3月4日 公式ブログ公開中  *3月31日をもって終了ました
東宝初登場!石丸幹二『ニュー・ブレイン』 *ブログ終了しました
2009.05.29   [Friday] 22:03

またやってしまいました(笑)。

1幕冒頭から涙・涙です。
ライオン・キングすばらしい~

鄭さんラフィキの深みある歌声に、ぐーっとひきこまれ、
あつまってくる動物たちに胸が熱くなり、
シンバのお披露目で、もうね!!

ライオン・キングのオープニングってほんとに壮大で、
物語の中でも最高に感動的な、象徴的な部分からはじまるから、
いきなり頭をガツンとやられるような衝撃があります。
ラフィキの歌声のすばらしいことったらないですね。
四季の中でも歌唱力最高レベルの人にしか、与えられない役なんじゃないかなぁ。
雄大なメロディの効果もあると思うけれど、
♪サークル・オブ・ライフは、それだけで涙が出るほどの何かがあります。

ムファサがシンバを諭すシーンでも涙。
ヌーの谷でもやっぱり涙。
シンバが「助けて!」って叫ぶとこで涙。
あげたらほんときりがないですが、もともと涙もろいほうではないはずなのに、
しろはどうも、ある種の「感動」に弱いらしいのですよね。
感涙のツボみたいなものに、すごいはまってしまって。

今回、真ん中の席で見られたので、
ヌーの暴走は大迫力!
前に、きっと真ん中で見たらすごいだろうなぁ~と思って期待してたとおりでした。
迫りくる感じ。

そういえば、前の記事で書いた、しろの「見えない~~」のポイントはちょっと違ってたことが判明
シンバの戴冠ではなく、シンバJr.のお披露目でした。
エンディングのさいごのトコですね。
あれ、下手はしの人はけっこう見えないんじゃないかなぁ?
演出なのだろうけど、もちょっと真ん中だとうれしいですよね(笑)


これは前も思ったことですが、映画版(アニメーション版)は、
世界を俯瞰してるような感じで、広い壮大さが出てて、
世界の大きさ、大きな命の環のようなものを感じさせてくれますが、
ミュージカル版は、目の前に迫る、臨場感があります。
横を悠々と歩いてくる動物たち。頭上を飛ぶ鳥たち。
特に、ヌーのシーンは象徴的。
群れが一斉に走り抜ける混乱を、俯瞰してみている映画版に比べて、
遠近法を使って、わが身に押し寄せてくる怖さがあります。
劇場という場をうまく使っているなぁ!
映画版・ミュージカル版それぞれのよさが違って、どちらも大好きです。

第一幕。
ラフィキの歌はもちろんなんですが、
ヤングナラの萌恵ちゃんがとっても上手でした
オトナに混じっても、声が通ってて、よく響く歌声。
拍手拍手☆
そして、黒川さんティモン。おじょうず~☆
あと、誰だか分からないのが残念ですが、途中、キリンを追うチーター(?)の方!
しぐさだけなんですけど、すごーく優美で、野生動物のしなやかさみたいなのがあり、
前足と頭だけの動きで見とれてしまいました
芸が細かい~~!!

1幕最後で登場した、田中さんシンバは、
もう歌いだしの一声から、劇場中にばーんと響き渡って、うわぁ~~って思わせる存在感。
シンバ暦の長い方なのかな?
安定感があって、成長したシンバの頼もしさがありました。

♪Endless Nightmareの「そうだ…!そうなんだ!!」も、しろの期待のシャウト(笑)。
すみません。聴きなれてるブロードウェイ版CDの、「Yes, I Know!」のシャウトがすばらしいので、
ここはちょっとしろ的にポイントなのでした(笑)。

♪He Lives In Youの歓喜の歌も期待以上でした~
ただ、和訳してしまうと、どうしても歌詞が意味するものが減ってしまうのが悲しいトコですね。
「おまえこそ王となる」の意訳はうまいんですけどね。
オリジナルのよさとは、ちょっとニュアンスが変わってしまうのです。
うーむむ。
まあ、英語版は英語版で楽しめばいいから、2バージョンの楽しみかな?

いつか、ブロードウェイ版も舞台で観てみたいなぁ~!
それはいつになるか分からないので、
また近々四季劇場のチケット取ろうと思います。

やっぱり、四季劇場は舞台の高さが低いから、
前のほうとりたかったら、思いっきり前方でもよさそう!
ただ、あんまり前のど真ん中をとってしまうと、指揮者の方の手が気になってしまったりして?(笑)
しろは次は、ちょっとうしろ目で全体見てもいいかなぁ~♪と楽しく悩み中です。

2011.6.28
web clap

↑拍手&メッセージは
コチラか記事内からお願いします♪
search this site
Loading
Twitter
ほそぼそやってるついったー。 お気軽にフォローくださいませ♪
mobile
another space

↑旧サイト。現在Twitterの連携機能(一日のログ)で活用中。
Copyright (C) 2009-2013, shiro all rights reserved.
Designed by **blanc*blanche**